[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき論文

  1. 錯体と有機化合物、触媒はどっち?

    「金属錯体を触媒として利用することによって、有機化合物を合成する」という手法は、現在様々な分野で幅広く利用されています。ところが「有機化合物を触媒として、新規な金属錯体を合成する」という反応例はこれまであったのでしょうか…

  2. 美術品保存と高分子

    (冒頭画像はから引用)芸術の秋に、高分子とマイクロエマルジョンを組み合わせた美術品の洗浄剤を開発…

  3. アブノーマルNHC

     ここ10年をざっと振り返ってみると、当初は「そんなもん存在しない」とか「存在したとしても単離なんて…

  4. プロペランの真ん中

    結合を制する者は化学を制する!とは言い過ぎかもしれませんが、電子軌道や周期表…

  5. 斬新な官能基変換を可能にするパラジウム触媒

    パラジウムを用いるクロスカップリング反応の触媒化学は原初報告が成されてから、既に40年が経とうとして…

  6. 個性あるTOC その②

  7. ノーベル賞の合理的予測はなぜ難しくなったのか?

  8. 光誘起電子移動に基づく直接的脱カルボキシル化反応

  9. 完熟バナナはブラックライトで青く光る

  10. (+)-ミンフィエンシンの短工程不斉全合成

  11. 顕微鏡で有機分子の形が見えた!

  12. 高分子を”見る” その2

  13. 高分子を”見る” その1

  14. “CN7-“アニオン

  15. ウッドワード・ホフマン則を打ち破る『力学的活性化』

  16. 白リンを超分子ケージに閉じ込めて安定化!

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ヒュッケル法(後編)~Excelでフラーレンの電子構造を予測してみた!~
  2. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社
  3. オッペナウアー酸化 Oppenauer Oxidation
  4. 研究留学術―研究者のためのアメリカ留学ガイド
  5. Small Molecule Medicinal Chemistry -Strategies and Technologies-
  6. ペプチドの革新的合成
  7. マテリアルズ・インフォマティクスに欠かせないデータ整理の進め方とは?

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスにおけるデータ0からの初期データ戦略

開催日:2024/06/05 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

ホウ素の力でイオンを見る!長波長光での観察を可能とするアニオンセンサーの開発

第 615回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科応用化学専攻 南方…

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

PAGE TOP