[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

有機合成創造の軌跡―126のマイルストーン

  • 内容

有機合成化学協会の創立60周年記念出版。126のグループの代表者がとくに自薦した研究成果をまとめる。「My favorite organic synthesis」の市販本。本文は英語。

  • 対象

有機合成に関わる研究者。

 

  • 評価・解説

著名な126人の日本の合成化学者(写真付き)による研究成果を反応式・合成スキーム主体でまとめてあります。日本・世界をリードしてきた有機合成研究を広く把握することができる希有な書です。中身は英語。ただ、2002年刊行という点には注意する必要があります。細かい解説などは一切無いので、読みこなすには専門知識が必須です。対象は必然、専門研究者となります。ただ、現役の日本の化学者がどのような顔で、どのような仕事をやってきたかどうかを確認するためには非常に重宝される書籍だと思います。

 

  • 関連書籍

  • 関連リンク

有機合成化学協会

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 研究室で役立つ有機実験のナビゲーター―実験ノートのとり方からクロ…
  2. はじめての研究生活マニュアル
  3. 改正 研究開発力強化法
  4. 化学オリンピック完全ガイド
  5. 英文校正会社が教える 英語論文のミス100
  6. 立体電子効果―三次元の有機電子論
  7. 医薬品天然物化学 (Medicinal Natural Prod…
  8. Essential Reagents for Organic S…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 豊丘出身、元島さんCMC開発
  2. ランディ・シェックマン Randy Schekman
  3. 【速報】新元素4つの名称が発表:日本発113番元素は「ニホニウム」!
  4. 第14回「らせん」分子の建築家ー八島栄次教授
  5. フィルム製造プロセスのスキルアップ【終了】
  6. ReadCubeを使い倒す(3)~SmartCiteでラクラク引用~
  7. N,N-ジメチルアセトアミドジメチルアセタール : N,N-Dimethylacetamide Dimethyl Acetal
  8. アレーン類の直接的クロスカップリング
  9. 超原子価臭素試薬を用いた脂肪族C-Hアミノ化反応
  10. 有機反応の立体選択性―その考え方と手法

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP