[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

有機合成創造の軌跡―126のマイルストーン

  • 内容

有機合成化学協会の創立60周年記念出版。126のグループの代表者がとくに自薦した研究成果をまとめる。「My favorite organic synthesis」の市販本。本文は英語。

  • 対象

有機合成に関わる研究者。

 

  • 評価・解説

著名な126人の日本の合成化学者(写真付き)による研究成果を反応式・合成スキーム主体でまとめてあります。日本・世界をリードしてきた有機合成研究を広く把握することができる希有な書です。中身は英語。ただ、2002年刊行という点には注意する必要があります。細かい解説などは一切無いので、読みこなすには専門知識が必須です。対象は必然、専門研究者となります。ただ、現役の日本の化学者がどのような顔で、どのような仕事をやってきたかどうかを確認するためには非常に重宝される書籍だと思います。

 

  • 関連書籍

  • 関連リンク

有機合成化学協会

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 液クロ虎の巻シリーズ
  2. Molecules That Changed the World…
  3. 有機化学美術館へようこそ―分子の世界の造形とドラマ
  4. 【書籍】研究者の仕事術~プロフェッショナル根性論~
  5. 有機合成のための触媒反応103
  6. 切磋琢磨するアメリカの科学者たち―米国アカデミアと競争的資金の申…
  7. Modern Method of Organic Synthes…
  8. 新課程視覚でとらえるフォトサイエンス化学図録

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 分子で作る惑星、その名もナノサターン!
  2. 豊丘出身、元島さんCMC開発
  3. ダニシェフスキー・北原ジエン Danishefsky-Kitahara Diene
  4. 中皮腫治療薬を優先審査へ
  5. アザ-ウィティッヒ反応 Aza-Wittig Reaction
  6. 還元的にアルケンを炭素官能基で修飾する
  7. 触媒表面の化学反応をナノレベルでマッピング
  8. 第15回 有機合成化学者からNature誌編集者へ − Andrew Mitchinson博士
  9. 地球温暖化が食物連鎖に影響 – 生態化学量論の視点から
  10. PACIFICHEM2010に参加してきました!④

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP