[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

有機合成創造の軌跡―126のマイルストーン

  • 内容

有機合成化学協会の創立60周年記念出版。126のグループの代表者がとくに自薦した研究成果をまとめる。「My favorite organic synthesis」の市販本。本文は英語。

  • 対象

有機合成に関わる研究者。

 

  • 評価・解説

著名な126人の日本の合成化学者(写真付き)による研究成果を反応式・合成スキーム主体でまとめてあります。日本・世界をリードしてきた有機合成研究を広く把握することができる希有な書です。中身は英語。ただ、2002年刊行という点には注意する必要があります。細かい解説などは一切無いので、読みこなすには専門知識が必須です。対象は必然、専門研究者となります。ただ、現役の日本の化学者がどのような顔で、どのような仕事をやってきたかどうかを確認するためには非常に重宝される書籍だと思います。

 

  • 関連書籍

  • 関連リンク

有機合成化学協会

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 医薬品のプロセス化学
  2. Essential Reagents for Organic S…
  3. カリカリベーコンはどうして美味しいにおいなの?
  4. 【書籍】「世界一美しい数学塗り絵」~宇宙の紋様~
  5. 細胞の分子生物学/Molecular Biology of th…
  6. 有機化学命名法
  7. Cooking for Geeks 第2版 ――料理の科学と実践…
  8. 元素に恋して: マンガで出会う不思議なelementsの世界

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 素粒子と遊ぼう!
  2. 喜多氏新作小説!『美少女教授・桐島統子の事件研究録』
  3. Reaxys体験レポート反応検索編
  4. 第18回 出版業務が天職 – Catherine Goodman
  5. ケムステイブニングミキサー2017ー報告
  6. アメリカ化学留学 ”立志編 ーアメリカに行く前に用意すること?ー”!
  7. 第11回 触媒から生命へー金井求教授
  8. Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された
  9. 新たな特殊ペプチド合成を切り拓く「コドンボックスの人工分割」
  10. フランク・グローリアス Frank Glorius

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP