[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

大学院講義 有機化学

[スポンサーリンク]

内容

その名の通り、大学院生向けに書かれた上級有機化学の純国産教科書です。理論・金属・合成など、有機化学と名のつくあらゆる分野の発展的内容が幅広く網羅されてます。

対象

有機化学を専攻する大学院生以上。

 

評価・解説

基礎的な教科書では載っていない反応・知識・その原理などが網羅されています。強調部位は青色表記されており、このレベルの教科書としては見やすさに配慮があります。参考文献も豊富に記載されており、より立ち入った学習も可能です。しかし刊行されてから年月を経ているため、アップデートが渇望されても居ます。あまりに幅広い分野をカバーしてもいるため、とりあえずは自分に必要な分野をやれば良いでしょう。

2007年に本シリーズの演習編が刊行されました。基礎・理論・金属・合成・天然物など、広範な分野にわたる演習問題が掲載されています。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 最新有機合成法: 設計と戦略
  2. 【書籍】「世界一美しい数学塗り絵」~宇宙の紋様~
  3. 化学 美しい原理と恵み (サイエンス・パレット)
  4. The Merck Index: An Encyclopedia…
  5. 立体電子効果―三次元の有機電子論
  6. Density Functional Theory in Qua…
  7. NMR in Organometallic Chemistry
  8. 日本にノーベル賞が来る理由

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 海外学会出張でeSIMを使ってみました
  2. 免疫応答のシグナル伝達を遮断する新規な免疫抑制剤CPYPP
  3. C–H活性化反応ーChemical Times特集より
  4. ベンゼン環が壊れた?!ー小分子を活性化するー
  5. 真空ポンプはなぜ壊れる?
  6. 本多 健一 Kenichi Honda
  7. 塩にまつわるよもやま話
  8. 酸素ボンベ爆発、男性死亡 
  9. 工程フローからみた「どんな会社が?」~OLED関連
  10. 不斉配位子

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP