[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

大学院講義 有機化学

内容

その名の通り、大学院生向けに書かれた上級有機化学の純国産教科書です。理論・金属・合成など、有機化学と名のつくあらゆる分野の発展的内容が幅広く網羅されてます。

対象

有機化学を専攻する大学院生以上。

 

評価・解説

基礎的な教科書では載っていない反応・知識・その原理などが網羅されています。強調部位は青色表記されており、このレベルの教科書としては見やすさに配慮があります。参考文献も豊富に記載されており、より立ち入った学習も可能です。しかし刊行されてから年月を経ているため、アップデートが渇望されても居ます。あまりに幅広い分野をカバーしてもいるため、とりあえずは自分に必要な分野をやれば良いでしょう。

2007年に本シリーズの演習編が刊行されました。基礎・理論・金属・合成・天然物など、広範な分野にわたる演習問題が掲載されています。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 先制医療 -実現のための医学研究-
  2. 研究者/研究力
  3. グレッグ・フー Gregory C. Fu
  4. 有機合成のための遷移金属触媒反応
  5. 京都大学人気講義 サイエンスの発想法
  6. 化学産業を担う人々のための実践的研究開発と企業戦略
  7. カリカリベーコンはどうして美味しいにおいなの?
  8. 化学者たちのネームゲーム―名付け親たちの語るドラマ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. プリーストリーメダル・受賞者一覧
  2. 「薬草、信じて使うこと」=自分に合ったものを選ぶ
  3. ビタミンB12を触媒に用いた脱ハロゲン化反応
  4. 私がケムステスタッフになったワケ(1)
  5. 密着型フィルムのニューフェイス:「ラボピタ」
  6. 多検体パラレルエバポレーションを使ってみた:ビュッヒ Multivapor™
  7. 八島栄次 Eiji Yashima
  8. サブフタロシアニン SubPhthalocyanine
  9. 役に立たない「アートとしての科学」
  10. リガンド革命

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP