[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

大学院講義 有機化学

[スポンサーリンク]

内容

その名の通り、大学院生向けに書かれた上級有機化学の純国産教科書です。理論・金属・合成など、有機化学と名のつくあらゆる分野の発展的内容が幅広く網羅されてます。

対象

有機化学を専攻する大学院生以上。

 

評価・解説

基礎的な教科書では載っていない反応・知識・その原理などが網羅されています。強調部位は青色表記されており、このレベルの教科書としては見やすさに配慮があります。参考文献も豊富に記載されており、より立ち入った学習も可能です。しかし刊行されてから年月を経ているため、アップデートが渇望されても居ます。あまりに幅広い分野をカバーしてもいるため、とりあえずは自分に必要な分野をやれば良いでしょう。

2007年に本シリーズの演習編が刊行されました。基礎・理論・金属・合成・天然物など、広範な分野にわたる演習問題が掲載されています。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 元素周期 萌えて覚える化学の基本
  2. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー4
  3. 天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略
  4. 有機合成のための触媒反応103
  5. Modern Method of Organic Synthes…
  6. だれが原子を見たか【夏休み企画: 理系学生の読書感想文】
  7. Greene’s Protective Groups…
  8. 持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 香料:香りの化学3
  2. フリードリヒ・ヴェーラー Friedrich Wohler
  3. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで
  4. 材料研究分野で挑戦、“ゆりかごから墓場まで”データフル活用の効果
  5. Density Functional Theory in Quantum Chemistry
  6. ナノグラムの油状試料もなんのその!結晶に封じて分子構造を一発解析!
  7. シャンパンの泡、脱気の泡
  8. ボラン錯体 Borane Complex (BH3・L)
  9. SchultzとKay: 米スクリプス研究所のトップへ
  10. 武田薬品、週1回投与の骨粗鬆症治療薬「ベネット錠17.5mg」を発売

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

光誘導アシルラジカルのミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応

可視光照射条件下でのアジン類のミニスキ型ヒドロキシアルキル化反応が開発された。官能基許容性が高いため…

イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見

第229回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 新領域創成科学研究科(竹谷・岡本研究室)・山下…

化学産業における規格の意義

普段、実験で使う溶媒には、試薬特級や試薬一級といった”グレード”が記載されている。一般的には、特級の…

特許資産規模ランキング2019、トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、住友化学

株式会社パテント・リザルトは、独自に分類した「化学」業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と…

TQ: TriQuinoline

第228回のスポットライトリサーチは、足立 慎弥さんにお願い致しました。シンプルながらこれま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP