[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる

内容

世界を代表する合成医薬品の構造とその合成経路を探ることで、薬らしい構造とはどのようなものかの理解を深める。創薬化学・医薬品化学の分野の教科書・入門書として最適。

対象

医薬関連化合物の合成、有機合成を学ぶ学部生以上

評価・解説

学部生~大学院生向けの初等シリーズOxyford Chemistry Primers”Top Drugs: Top Synthetic Routes”の邦訳版です。

世界を代表する合成医薬品の構造とその具体的な合成経路が解説されています。創薬化学・医薬品化学の分野の教科書・入門書としてとっつきやすいものですが、ほとんど合成経路にのみ焦点が当てられているため、具体的なドラッグデザインなどについては、他の参考書をあたる必要があります。

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 藤沢晃治 「分かりやすい○○」の技術 シリーズ
  2. ここまで進んだ次世代医薬品―ちょっと未来の薬の科学
  3. アート オブ プロセスケミストリー : メルク社プロセス研究所で…
  4. 堂々たる夢 世界に日本人を認めさせた化学者・高峰譲吉の生涯
  5. 化学者たちのネームゲーム―名付け親たちの語るドラマ
  6. 有機スペクトル解析ワークブック
  7. 2009年1月人気化学書籍ランキング
  8. Greene’s Protective Groups…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. サイエンスアワード エレクトロケミストリー賞の応募を開始
  2. 顕微鏡で有機分子の形が見えた!
  3. 固体なのに動くシャトリング分子
  4. ホウ素ーホウ素三重結合を評価する
  5. ノルゾアンタミンの全合成
  6. スズ化合物除去のニュースタンダード:炭酸カリウム/シリカゲル
  7. ピーター・ジーバーガー Peter H. Seeberger
  8. 第32回 BMSコンファレンス(BMS2005)
  9. 夏:今年もスズメバチ防護服の製造ピーク
  10. 次世代シーケンサー活用術〜トップランナーの最新研究事例に学ぶ〜

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP