[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる

内容

世界を代表する合成医薬品の構造とその合成経路を探ることで、薬らしい構造とはどのようなものかの理解を深める。創薬化学・医薬品化学の分野の教科書・入門書として最適。

対象

医薬関連化合物の合成、有機合成を学ぶ学部生以上

評価・解説

学部生~大学院生向けの初等シリーズOxyford Chemistry Primers”Top Drugs: Top Synthetic Routes”の邦訳版です。

世界を代表する合成医薬品の構造とその具体的な合成経路が解説されています。創薬化学・医薬品化学の分野の教科書・入門書としてとっつきやすいものですが、ほとんど合成経路にのみ焦点が当てられているため、具体的なドラッグデザインなどについては、他の参考書をあたる必要があります。

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 教養としての化学入門: 未来の課題を解決するために
  2. 元素周期 萌えて覚える化学の基本
  3. 2009年10月人気化学書籍ランキング
  4. 世界の化学企業ーグローバル企業21者の強みを探る
  5. 活性酸素・フリーラジカルの科学: 計測技術の新展開と広がる応用
  6. ワールドクラスの日本人化学者が語る研究物語―『化学者たちの感動の…
  7. 構造生物学
  8. Cleavage of Carbon-Carbon Single…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 中村 正治 Masaharu Nakamura
  2. Accufluor(NFPI-OTf)
  3. リピンスキーの「ルール・オブ・ファイブ」 Lipinski’s “Rule of Five”
  4. 高脂血症薬がウイルス抑制/C型肝炎で厚労省研究班
  5. ポケットにいれて持ち運べる高分子型水素キャリアの開発
  6. サブフタロシアニン SubPhthalocyanine
  7. 荒木飛呂彦のイラストがCell誌の表紙を飾る
  8. 学会ムラの真実!?
  9. シグマアルドリッチ器具・消耗品大特価キャンペーン【2018年3月30日まで】
  10. 李昂 Ang Li

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

スナップタグ SNAP-tag

スナップタグ(SNAP-tag)は、特定のタンパク質だけを化学標識したいときに、目印として融合発現さ…

フラッシュ自動精製装置に新たな対抗馬!?: Reveleris(リベラリス)

シリカゲルクロマトグラフィーを機械にやっていただき時間や場所、溶媒などを削減できるフラッシュ自動精製…

“結び目”をストッパーに使ったロタキサンの形成

分子ノットの嵩高さを利用した新規ロタキサンを合成した。末端に分子ノットをストッパーとして形成すること…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP