[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「肥満症」薬を国内投入、エーザイや武田

[スポンサーリンク]

シブトラミン製薬メーカー大手が「肥満症」の治療薬を相次ぎ国内市場に投入する。エーザイや武田薬品工業は欧米メーカーが開発した薬剤の日本向け製品の開発に取り組んでおり、2008年以降に順次発売する。

 エーザイは米製薬大手アボット・ラボラトリーズが欧米で販売している「メリディア」の日本での販売権を取得した。食欲の減退とエネルギー代謝の活発化で体重を減らす。臨床試験の最終段階に入っており、2008年3月期中に厚生労働省に製造販売承認を申請。同年4月以降に発売する。(引用:日経スマートウーマン

 

 メリディアは商品名で、化合物名はシブトラミン(sibutramine)といいます。現在ではまだ承認されていないないので、医薬品として入手することはできません。

 現在抗肥満症薬の市場は高脂血症薬などに比べれば小さいですが、、今後は需要の高まりと共に大きく成長すると見込まれています。特に米国などの肥満大国では開発が政府より奨励され様々な抗肥満薬が開発されています。現在は、セロトニン、ノルアドレナリン関連摂食抑制剤として、マジンドール(サノレックス)、上記記載のシブトラミン(メリディア)があり、リパーゼ阻害剤としてオリルスタット(ゼニカル)が米国で販売されています。それ以外にも様々な作用機構の抗肥満薬が開発されており、今後注目の分野となっています。

関連書籍

インスリン抵抗性と生活習慣病―高血圧・糖尿病・高脂血症・肥満
肥満症・痛風の食事療法

?


webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 骨粗しょう症治療薬、乳がん予防効果も・米国立がん研究所
  2. サイアメントの作ったドラマ「彼岸島」オープニングがすごい!
  3. 日本化学会:次期会長に藤嶋昭氏を選出--初の直接選挙で
  4. サイエンス・ダイレクトがリニューアル
  5. 秋田の女子高生が「ヒル避け」特許を取得
  6. 米メルク、業績低迷長期化へ
  7. グラクソ、抗血栓症薬「アリクストラ」の承認を取得
  8. 石油化学プラントの設備内部でドローンを飛行する実証事業を実施

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 人が集まるポスター発表を考える
  2. Arborisidineの初の全合成
  3. 研究室クラウド設立のススメ(経緯編)
  4. C–H活性化反応ーChemical Times特集より
  5. マイケル・グレッツェル Michael Gratzel
  6. ルーブ・ゴールドバーグ反応 その1
  7. 化学連合シンポ&化学コミュニケーション賞授賞式に行ってきました
  8. フリース転位 Fries Rearrangment
  9. 杏林製薬、ノバルティス社と免疫抑制剤「KRP-203」に関するライセンス契約を締結
  10. 常温常圧でのアンモニア合成の実現

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催します!

少し前に化学者のつぶやきからこのような記事が出ました:【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生…

10種類のスパチュラを試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第6弾。今回は試薬の秤量にか欠かせない、…

第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授

久々の研究者へのインタビューです。第48回は、立教大学の森本正和先生にお願いいたしました。第17回ケ…

畠山琢次 Takuji Hatakeyama

畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

DNA origami入門 ―基礎から学ぶDNAナノ構造体の設計技法―

(さらに…)…

NBSでのブロモ化に、酢酸アンモニウムをひとつまみ

芳香環のブロモ化といえば、構造活性相関の取得はもちろんの事、カップリング反応の足場と…

森本 正和 Masakazu Morimoto

森本 正和(もりもと まさかず、MORIMOTO Masakazu)は、日本の化学者である。専門は有…

「リジェネロン国際学生科学技術フェア(ISEF)」をご存じですか?

近年、中高生向けの科学プログラムやコンテストがいっそうの充実を見せています。未来の化学者育成に少なか…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP