[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「肥満症」薬を国内投入、エーザイや武田

シブトラミン製薬メーカー大手が「肥満症」の治療薬を相次ぎ国内市場に投入する。エーザイや武田薬品工業は欧米メーカーが開発した薬剤の日本向け製品の開発に取り組んでおり、2008年以降に順次発売する。

 エーザイは米製薬大手アボット・ラボラトリーズが欧米で販売している「メリディア」の日本での販売権を取得した。食欲の減退とエネルギー代謝の活発化で体重を減らす。臨床試験の最終段階に入っており、2008年3月期中に厚生労働省に製造販売承認を申請。同年4月以降に発売する。(引用:日経スマートウーマン

 

 メリディアは商品名で、化合物名はシブトラミン(sibutramine)といいます。現在ではまだ承認されていないないので、医薬品として入手することはできません。

 現在抗肥満症薬の市場は高脂血症薬などに比べれば小さいですが、、今後は需要の高まりと共に大きく成長すると見込まれています。特に米国などの肥満大国では開発が政府より奨励され様々な抗肥満薬が開発されています。現在は、セロトニン、ノルアドレナリン関連摂食抑制剤として、マジンドール(サノレックス)、上記記載のシブトラミン(メリディア)があり、リパーゼ阻害剤としてオリルスタット(ゼニカル)が米国で販売されています。それ以外にも様々な作用機構の抗肥満薬が開発されており、今後注目の分野となっています。

関連書籍

インスリン抵抗性と生活習慣病―高血圧・糖尿病・高脂血症・肥満
肥満症・痛風の食事療法

?


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. メスゴキブリのフェロモン合成、駆除に活用・日米チーム
  2. 夏:今年もスズメバチ防護服の製造ピーク
  3. 2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  4. 阪大で2億7千万円超の研究費不正経理が発覚
  5. 化学物質の環境リスクを学べる「かんたん化学物質ガイド」開設
  6. 細胞集め増やす化合物…京大化学研発見、再生医療活用に…
  7. 総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増
  8. ビタミンDで肺ガンの生存率が上がる?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フローリアクターでペプチド連結法を革新する
  2. 共有結合性リガンドを有するタンパク質の網羅的探索法
  3. どっちをつかう?:in spite ofとdespite
  4. シクロヘキサンの片面を全てフッ素化する
  5. スマイルス転位 Smiles Rearrangement
  6. 第九回 均一系触媒で石油化学に変革を目指すー山下誠講師
  7. 【書籍】液晶の歴史
  8. 秋の褒章2014ー化学分野からは準結晶研究の蔡安邦教授に
  9. 2012年イグノーベル賞発表!
  10. 製薬各社 2011年度 第2四半期決算

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP