[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

創薬化学―有機合成からのアプローチ

  • 内容

本書では、薬の効き方を学び、薬をつくるという創薬化学において、有機化学、有機合成化学がこのうえなく役に立ち、重要であることを、薬学部および薬に関与する可能性のある分野の有機化学を専攻する、理学部化学、工学部化学、農学部化学系などの学生に早い時期に知ってもらうため、わかりやすく解説した。

  • 対象

医薬業界を志す有機合成を専門とする大学生以上

 

  • 評価・解説

 

「薬の効き方を学び、薬をつくる」という創薬化学において、有機合成がいかに利用されているかを詳しく解説しています。前半にはエーザイ・杉本八郎さんのアリセプトなど、有名な薬剤の合成法・エピソードなども述べられています。後半は現在の医薬品の合成実例を紹介しています。製薬業界に就職を希望する、有機合成専攻の学生は必読!

 

  • 関連書籍

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. Dead Ends And Detours: Direct Wa…
  2. 理系のための就活ガイド
  3. レア RARE 希少金属の知っておきたい16話
  4. 2008年12月人気化学書籍ランキング
  5. 有機合成の落とし穴
  6. 活性酸素・フリーラジカルの科学: 計測技術の新展開と広がる応用
  7. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー5
  8. ここまで進んだ次世代医薬品―ちょっと未来の薬の科学

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. シュプリンガー・ジャパン:生化学会書籍展示ケムステ特典!
  2. 超原子価ヨウ素を触媒としたジフルオロ化反応
  3. シュワルツ試薬 Schwartz’s Reagent
  4. 化学は地球を救う!
  5. 米メルク、業績低迷長期化へ
  6. 熊田・玉尾・コリューカップリング Kumada-Tamao-Corriu Cross Coupling
  7. 第一三共/イナビルをインフルエンザ予防申請
  8. フルオキセチン(プロザック) / Fluoxetine (Prozac)
  9. 産業紙閲覧のすゝめ
  10. カガクをつなげるインターネット:サイエンスアゴラ2017

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

PAGE TOP