[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

創薬化学―有機合成からのアプローチ

  • 内容

本書では、薬の効き方を学び、薬をつくるという創薬化学において、有機化学、有機合成化学がこのうえなく役に立ち、重要であることを、薬学部および薬に関与する可能性のある分野の有機化学を専攻する、理学部化学、工学部化学、農学部化学系などの学生に早い時期に知ってもらうため、わかりやすく解説した。

  • 対象

医薬業界を志す有機合成を専門とする大学生以上

 

  • 評価・解説

 

「薬の効き方を学び、薬をつくる」という創薬化学において、有機合成がいかに利用されているかを詳しく解説しています。前半にはエーザイ・杉本八郎さんのアリセプトなど、有名な薬剤の合成法・エピソードなども述べられています。後半は現在の医薬品の合成実例を紹介しています。製薬業界に就職を希望する、有機合成専攻の学生は必読!

 

  • 関連書籍

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 2009年9月人気化学書籍ランキング
  2. English for Writing Research Pap…
  3. 先制医療 -実現のための医学研究-
  4. 背信の科学者たち 論文捏造はなぜ繰り返されるのか?
  5. アメリカへ博士号をとりにいく―理系大学院留学奮戦記
  6. ここまで進んだ次世代医薬品―ちょっと未来の薬の科学
  7. Medical Gases: Production, Appli…
  8. 活性酸素・フリーラジカルの科学: 計測技術の新展開と広がる応用

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 梅干し入れると食中毒を起こしにくい?
  2. 自由の世界へようこそ
  3. ケムステも出ます!サイエンスアゴラ2013
  4. テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylammonium Bifluoride
  5. スクリプス研究所
  6. アライン種の新しい発生法
  7. ヒストリオニコトキシン histrionicotoxin
  8. アミドをエステルに変化させる触媒
  9. 日本化学会ケムステイブニングミキサーへのお誘い
  10. アレクセイ・チチバビン ~もうひとりのロシア有機化学の父~

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

スナップタグ SNAP-tag

スナップタグ(SNAP-tag)は、特定のタンパク質だけを化学標識したいときに、目印として融合発現さ…

フラッシュ自動精製装置に新たな対抗馬!?: Reveleris(リベラリス)

シリカゲルクロマトグラフィーを機械にやっていただき時間や場所、溶媒などを削減できるフラッシュ自動精製…

“結び目”をストッパーに使ったロタキサンの形成

分子ノットの嵩高さを利用した新規ロタキサンを合成した。末端に分子ノットをストッパーとして形成すること…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP