[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

アセタール系保護基 Acetal Protective Group

 

概要

アルコールはアセタールの形で保護できる。還元条件・塩基性条件に強い保護。酸素アセタールは酸化条件にも耐える。脱保護は一般に酸加水分解条件(HClaq. etc.)にて行う。

 

基本文献

 

反応例

ヨウ素触媒を用いるTHP保護/脱保護[1] PG_acetal_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

アルコールの保護目的で用いられる代表的なものは以下の通り。
PG_acetal_2.gif
THP基やEE基は導入が簡単で使いやすい一方、キラルなアルコールを保護するケースではジアステレオマーを生じ、解析が難しくなるという欠点を持つ。5,6-dihydro-4-methoxy-2H-pyraneや2-methoxypropeneなどを用いて保護すると、この問題点は解決できる。
PG_acetal_4.gif
MOM基は比較的強い保護基で、TFAや希塩酸などを用いないと脱保護できない。
MEM基はキレート能のあるルイス酸(ZnBr2など)、BOM基は還元条件、MTMは水銀などソフトルイス酸を用いる事で、MOMと区別して脱保護が行える。

 

参考文献

[1] Kumar, H. M. S.; Reddy, B. V. S.; Reddy, E. J.; Yadav, J. S. Chem. Lett. 1999, 857. doi:10.1246/cl.1999.857

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. モッシャー法 Mosher Method
  2. ダンハイザー環形成反応 Danheiser Annulation…
  3. ロゼムンド・リンドセー ポルフィリン合成 Rothemund-L…
  4. ランバーグ・バックランド転位 Ramberg-Backlund …
  5. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Sol…
  6. ピナー ピリミジン合成 Pinner Pyrimidine Sy…
  7. ノリッシュ・ヤン反応 Norrish-Yang Reaction…
  8. クレメンゼン還元 Clemmensen Reduction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 環化異性化反応 Cycloisomerization
  2. リガンド結合部位近傍のリジン側鎖をアジド基に置換する
  3. 「大津会議」参加体験レポート
  4. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 教授
  5. ペタシス反応 Petasis Reaction
  6. ミニスキ反応 Minisci Reaction
  7. 円偏光スピンLEDの創製
  8. 化学かるた:元素編ー世界化学年をちなみ
  9. 新規糖尿病治療薬「DPPIV阻害剤」‐熾烈な開発競争
  10. 有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP