[スポンサーリンク]

化学地球儀

筑波山

茨城県の代表的な山で、免疫抑制剤の一種であるタクロリムスは、この筑波山の土壌中の細菌から初めて単離された。

概要

茨城県の代表的な山であり、標高が877mと日本百名山の中では最も低い。1984年に藤沢薬品工業(現アステラス製薬)の研究員が、機器の待ち時間を利用して筑波山の土壌を調べ、その中の細菌(ストレプトマイセス・ツクバエンシス)からタクロリムス(開発コード名FK506)を単離した。タクロリムスという名前は、筑波で発見されたマクロライド系免疫抑制剤(Tsukuba macrolide immunosuppressant)というところから命名されている。

 

マップ

 

その他の化学地球儀はこちらからどうぞ

 

関連リンク

タクロリムス(FK506)開発物語

関連書籍

The following two tabs change content below.
Zeolinite

Zeolinite

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. 史跡 土肥金山
  2. メンデレーエフ空港
  3. エッフェル塔
  4. 日本酸素記念館
  5. フィリピン海溝
  6. ケクレの墓 (Poppelsdorf墓地)
  7. 道修町ミュージアムストリート
  8. イトムカ鉱山

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ルィセンコ騒動のはなし(後編)
  2. イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成
  3. キセノン (xenon; Xe)
  4. 国際化学オリンピックのお手伝いをしよう!
  5. 標準物質ーChemical Times特集より
  6. アスタキサンチン (astaxanthin)
  7. Semiconductor Photocatalysis: Principles and Applications
  8. 還元された酸化グラフェン(その1)
  9. アカデミックの世界は理不尽か?
  10. アーサー・C・コープ賞・受賞者一覧

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ

カリウムtert-ブトキシドを触媒とするα-アルキルケトン合成法が報告された。遷移金属を用いず、高い…

日本薬学会第139年会 付設展示会ケムステキャンペーン

日本化学会年会では毎年恒例の付設展示会ケムステキャンペーンを行いました。さて、本日から日本薬…

論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!

概要Adobe Illustratorを用いたイラスト作成の入門書。すぐに使えるイラスト素材…

シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

第190回目のスポットライトリサーチは、神田 智哉(かんだ ともや)さんにお願いしました。神…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP