[スポンサーリンク]

化学地球儀

筑波山

茨城県の代表的な山で、免疫抑制剤の一種であるタクロリムスは、この筑波山の土壌中の細菌から初めて単離された。

概要

茨城県の代表的な山であり、標高が877mと日本百名山の中では最も低い。1984年に藤沢薬品工業(現アステラス製薬)の研究員が、機器の待ち時間を利用して筑波山の土壌を調べ、その中の細菌(ストレプトマイセス・ツクバエンシス)からタクロリムス(開発コード名FK506)を単離した。タクロリムスという名前は、筑波で発見されたマクロライド系免疫抑制剤(Tsukuba macrolide immunosuppressant)というところから命名されている。

 

マップ

 

その他の化学地球儀はこちらからどうぞ

 

関連リンク

タクロリムス(FK506)開発物語

関連書籍

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. 中谷宇吉郎 雪の科学館
  2. 韮崎大村美術館
  3. 化学遺産財団
  4. アルゼンチン キプロス
  5. ケミストリー通り
  6. 品川硝子製造所跡(近代硝子工業発祥の碑)
  7. フライデーハーバー研究所
  8. 史跡 土肥金山

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始
  2. 住友化学、Dow Chemical社から高分子有機EL用材料事業を買収
  3. sp3炭素のクロスカップリング反応の機構解明研究
  4. ペラミビル / Peramivir
  5. 計算化学者は見下されているのか? Part 1
  6. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part5】
  7. 高分子の合成(上)(下)
  8. π拡張ジベンゾ[a,f]ペンタレン類の合成と物性
  9. 層状複水酸化物のナノ粒子化と触媒応用
  10. エイモス・B・スミス III Amos B. Smith III

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

PAGE TOP