[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

フレーザー・ストッダート James Fraser Stoddart

[スポンサーリンク]

ジェイムス・フレーザー・ストッダート(James Fraser Stoddart, 1942年5月24日-)はアメリカの有機化学者・超分子化学者である(写真:RSC)。米国ノースウェスタン大学教授。
ロタキサンやカテナンなどの、Mechanically-Interlocked Moleculesの合成および応用にて多大な業績を上げている。分子機械の研究により、2016年のノーベル化学賞を受賞した。

経歴

1942年5月24日にエディンバラ(イギリス・スコットランド)にて生まれる。学士・修士・博士全ての課程をエディンバラ大学にて修了する。その後クイーンズ大学(カナダ)、シェフィールド大学(英)にて研究員を行い、 1970年シェフィールド大学講師に就任。その後いくつかのポストを経た後、1997年よりカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)教授となる。2003年よりCalifornia Nanosystem Institute(CNSI)のディレクターを兼任している。2008年より米ノースウェスタン大学に移籍。
1980年にD.Sc.を取得(エディンバラ大学)。2006年には英国王室よりナイト(Knight)の称号を与えられる。

1966  エディンバラ大学 博士号取得
1967  クイーンズ大学 研究員
1969  シェフィールド大学 研究員
1970  シェフィールド大学 講師
1978  Runcorn ICI Corporate研究所・研究員
1982  シェフィールド大学 Readership
1990  バーミンガム大学 教授
1997  カリフォルニア大ロサンゼルス校(UCLA) 教授
2003  California NanoSystems Institute (CNSI) Director
2008  ノースウェスタン大学 教授

 

受賞歴

1964 Hope Prize in Chemistry (Edinburgh University)
1978 SRC Senior Visiting Fellowship (UCLA/USA)
1978 The Carbohydrate Chemistry Award of The Chemical Society
1980 RSC Perkin Division Career Award
1981 RSC Perkin Division Career Award
1982 RSC Perkin Division Career Award
1993 the International Izatt-Christensen Award in Macrocyclic Chemistry
1999 アーサー・C・コープスカラー賞
2004 The Nagoya Gold Medal in Organic Chemistry
2007 The King Faisal International Prize in Science
2007 The Tetrahedron Prize for Creativity in Organic Chemistry
2007 The Albert Einstein World Award of Science
2007 The Foresight Nanotech Institute Feynman Prize in Nanotechnology (Experimental)
2008 アーサー・C・コープ賞
2008 The Royal Society’s Davy Medal
2010 ISNSCE Award (FNANO2010)
2010 Royal Medal of the Royal Society of Edinburgh
2010 Undergraduate Chemistry Council Teacher of the Year (Northwestern University)
2012 Distinguished Citizen Award (Illinois St Andrews Society)
2013 IChemE North America Chemical Engineering Project of the Year Award
2014 Centenary Prize (Royal Society of Chemistry)
2016 Nobel Prize (Chemistry) for “the design and synthesis of molecular machines”

研究

Three Ms (Making, Measuring, Modeling)”をキーワードに、国内外幅広い分野の共同研究者たちとともに、学際的な研究を展開している。

分子認識・自己組織化・鋳型合成のコンセプトを活用した、ロタキサン、カテナン、オリンピアーダン、ボロミアンリングなどのMechanically-Interlocked Molecules[1]の効率的合成法を確立。 バイステイブルカテナン/ロタキサンの分子スイッチ/分子モーター/分子機械としての応用[2]など、超分子化学とナノテクノロジーへの応用を主軸テーマとしている。

molecule 分子ボロミアンリング[3]
(引用:Borromean Rings in Chemistry)

また、Heathらとの共同研究により、分子スイッチ型ロタキサンを金属表面に組織化させ、高密度の可逆的分子メモリを作成することにも成功[4]している。

コメント & その他

  1. 1000報近くの論文を執筆し、100回以上引用される論文がそのうち200報を占める、この分野におけるパイオニアかつリーダー的存在です(H-Index=125)。一方で、糖鎖化学の分野においても顕著な業績をあげています。
  2. CGをふんだんに使った視覚に訴える論文記法・プレゼンテーションスタイルは、遊び心にあふれ、分野外の人が見ても大変エキサイティングなものになっています。
  3. 45年間の研究室運営で400人以上の博士課程学生と博士研究員が在籍していた。

インタビュー記事

第五回 超分子デバイスの開発 – J. Fraser Stoddart教授

関連動画

Northwestern大学によるナノテクノロジー部門広報動画・Stoddart教授も出演

 

関連文献

  1. (a) Amabilino, D. B.; Stoddart, J. F. Chem. Rev. 1995, 95, 2725. DOI: 10.1021/cr00040a005 (b) Raymo, F. M.; Stoddart, J. F. Chem. Rev. 1999, 99, 1643. doi:10.1021/cr970081q
  2. (a) Bissell, R. A.; Cordova, E.; Kaifer A. E.; Stoddart, J. F. Nature 1994, 369, 133. DOI: 10.1038/369133a0 (b) Stoddart, J. F. et al. Science 2004, 303, 1845. DOI: 10.1126/science.1094791
  3. Chichak, K. S.;Cantrill, S. J.; Pease, A. R.; Chi, S.-H.; Cave, G. W. V.; Atwood, J. F.; Stoddart, J. F.  Science 2004, 204, 1308. DOI: 10.1126/science.1096914
  4. Heath, J. A.; Stoddart, J. F. et al. Nature, 2007, 445, 414. DOI: 10.1038/nature05462
  5. Li, Q.; Zhang, W.; Miljanić, O. Š.; Sue, C.-H.; Zhao, Y.-L.; Liu, L.; Knobler, C. B.; Stoddart, J. F.; Yaghi, O. M. Science 2009, 325, 855. DOI: 10.1126/science.1175441
  6. Spruell, J. M.; Coskun, A.; Friedman, D. C.; Forgan, R. S.; Sarjeant, A. A.; Trabolsi, A.; Fahrenbach, A. C.; Barin, G.; Paxton, W. F.; Dey, S. K.; Olson, M. A.; Benítez, D.; Tkatchouk, E.; Colvin, M. T.; Carmielli, R.; Caldwell, S. T.; Rosair, G. M.; Hewage, S. G.; Duclairoir, F.; Seymour, J. L.; Slawin, A. M. Z.; Goddard, W. A., III; Wasielewski, M. R.; Cooke, G.; Stoddart, J. F. Nature Chem. 2010, 2, 870. DOI: 10.1038/nchem.749
  7. Tayi, A. S.; Shveyd, A. K.; Sue, A. C. H.; Szarko, J. M.; Rolczynski, B. S.; Cao, D.; Kennedy, T. J.; Sarjeant, A. A.; Stern, C. L.; Paxton, W. F.; Wu, W.; Dey, S. K.; Fahrenbach, A. C.; Guest, J. R.; Mohseni, H.; Chen, L. X.; Wang, K. L.; Stoddart, J. F.; Stupp, S. I. Nature 2012, 488, 485. DOI: 10.1038/nature11395
  8. Cheng, C.; McGonigal, P. R.; Schneebeli, S. T.; Li, H.; Vermeulen, N. A.; Ke, C.; Stoddart, J. F. Nat Nanotechnol 2015, 10, 547. DOI: 10.1038/nnano.2015.96

関連書籍

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. クリスチャン・ハートウィッグ Christian Hertwec…
  2. クゥイリン・ディン Kui-Ling Ding
  3. セス・B・ハーゾン Seth B. Herzon
  4. 友岡 克彦 Katsuhiko Tomooka
  5. ジョージ・スミス George P Smith
  6. 上村 大輔 Daisuke Uemura
  7. ラッセル・コックス Rusesl J. Cox
  8. ジュリアス・レベック Julius Rebek, Jr.

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ホフマン転位 Hofmann Rearrangement
  2. 活性が大幅に向上したアンモニア合成触媒について
  3. クリスマス化学史 元素記号Hの発見
  4. お前はもう死んでいる:不安定な試薬たち|第4回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)
  5. 第87回―「NMRで有機化合物の振る舞いを研究する」Daniel O’Leary教授
  6. 100年前のノーベル化学賞ーフリッツ・ハーバーー
  7. 産総研 地質標本館
  8. 誤った科学論文は悪か?
  9. 私が思う化学史上最大の成果-2
  10. 辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkinson Decarbonylation

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP