[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ノーベル化学賞、米・イスラエルの3氏に授与

[スポンサーリンク]

スウェーデン王立科学アカデミーは6日、2004年のノーベル化学賞をイスラエル工科大学のアーロン・チェハノバ教授(57)、同アブラム・ヘルシュコ教授(67)、カリフォルニア大学アーバイン校のアーウィン・ローズ博士(78)に授与すると発表した。細胞内で特殊な酵素の働きにより、不要なたんぱく質が分解される仕組みを解明した。(引用: 日本経済新聞

 

授賞理由は「ユビキチンの仲介でたんぱく質が分解される仕組みの発見」です。

ユビキチン(Ubiquitin)とははあらゆる細胞に存在するタンパク質ということで,英語のubiquitousにちなんで名付けられました。この小さなタンパク質は76個のアミノ酸から構成され,進化をとおしてその一次構造(アミノ酸配列)はよく保存されており,ヒトと酵母でも96%のホモロジーがある)。ユビキチンはヒストンの翻訳後修飾分子として発見されていたが,脚光を浴びたのはそのタンパク質分解での主要な役割による。

1970年代後半から,Hershkoらは網状赤血球系を対象に一連の独創的な研究を行い,その集積としてユビキチン仮説を提出した。この仮説はエネルギーを要求するタンパク質分解系という意外性のために当時は疑いの目で見られ,発表後4年もの間競争相手が全く出現しなかったといいます。

 

さて、今回のノーベル賞は残念ながら日本人はいませんでした。有力候補は、カーボンナノチューブを発見した信州大学の遠藤教授(化学賞)、物性物理学で「近藤効果」として有名な論文を40年前に発表した産業技術総合研究所の近藤淳さん(物理学賞)、分子が自然に集まる自己組織化現象の研究で、九州大の新海教授(化学賞)、細胞シグナル伝達に関する画期的貢献で神戸大学の西塚名誉教授(医学賞)、超伝導化合物の発見などで東大の十倉教授などなど他にもたくさんいましたが、残念でした。

 

関連書籍

 

外部リンク

 

チェハノバ教授と同時期に米国でタンパク質分解の研究をしていた東京大学の石浦章一教授は「ユビキチンが特に注目され始めたのは最近。東大で六年前、チェハノバ教授の講演会を開いたが十数人しか集まらなかった」と話す。

傷んだタンパク質の目印だけではなく、細胞の代謝やDNA修復、免疫の働きなどに重要な役割を担い、うまく働かないとがんや神経変性疾患などにつながると分かってきたからだ。多くの病気の治療につながる可能性があるとして研究が広がっている。

チェハノバ教授と共同研究を進める大阪市立大学の岩井一宏教授は「食べ物でも建築でも何にでも興味を持つ人。興味が多く時間がないのか新幹線みたいな早口。学生と話すのも好き」と話す。

チェハノバ教授とその恩師のヘルシュコ教授は、イスラエル工科大から教育の義務を免除される終身教授の身分を与えられているが「しっかり教育をしたい」と自ら学生の指導にも当たっているという。(引用: 東京新聞)

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 肺がん治療薬イレッサ「使用制限の必要なし」 厚労省検討会
  2. 静岡大准教授が麻薬所持容疑で逮捕
  3. 薬価4月引き下げ 製薬各社は「アジア」「非医薬」に活路
  4. 5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続
  5. 健康食品から未承認医薬成分
  6. 「パキシル」服用の自殺者増加 副作用の疑い
  7. 新たな製品から未承認成分検出 大津の会社製造
  8. フランスの著名ブロガー、クリーム泡立器の事故で死亡

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 武田薬、米国販売不振で11年ぶり減益 3月期連結決算
  2. 大村氏にウメザワ記念賞‐国際化学療法学会が授与
  3. TriBOT ~1分子が3倍活躍するベンジル化試薬~
  4. ブラッドリー・ムーアBradley Moore
  5. 直接クプラート化によるフルオロアルキル銅錯体の形成と応用
  6. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法
  7. 化学系ラボの3Dプリンター導入ガイド
  8. 神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発
  9. 魅惑の薫り、漂う香り、つんざく臭い
  10. 第三回ケムステVプレミアレクチャー「夢のある天然物創薬」を開催します!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

NMRデータ処理にもサブスクの波? 新たなNMRデータ処理ソフトウェアが登場

NMRメーカーである日本電子のイギリス法人、JEOL UKが6月、WindowsとmacOSの両方で…

芳香環交換反応を利用したスルフィド合成法の開発: 悪臭問題に解決策

第 326回のスポットライトリサーチは、早稲田大学理工学術院 山口潤一郎研究室 …

ゼナン・バオ Zhenan Bao

ゼナン(Zhenan Bao, 1970年xx月xx日-)は、アメリカの有機材料科学者、カーボンナノ…

文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑭: 液タブ XP-PEN Artist 13.3 Proの巻

少し前にペンタブレット「XP-PEN Deco01」を紹介しましたが、もう少しお金をかけると液晶ペン…

定番フィルム「ベルビア100」が米国で販売中止。含まれている化学薬品が有害指定に

富士フイルムのリバーサルフィルム「フジクローム ベルビア100」が、米国で販売ストップとなりました。…

話題のAlphaFold2を使ってみた

ここ数日、構造生物学界隈で「AlphaFold2」と呼ばれているタンパク質の構造…

フェリックス・カステラーノ Felix N. Castellano

フェリックス・カステラーノ(Felix N. Castellano、19xx年x月xx日(ニューヨー…

「第22回 理工系学生科学技術論文コンクール」の応募を開始

日刊工業新聞社とモノづくり日本会議は、理工系学生(大学生・修士課程の大学院生、工業高等専門学校生)を…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP