[スポンサーリンク]

ケムステニュース

杏林製薬、ノバルティス社と免疫抑制剤「KRP-203」に関するライセンス契約を締結

杏林製薬株式会社(代表取締役社長:荻原郁夫)は、ノバルティス社(Novartis AG)と、当社が創製した免疫抑制剤「KRP-203」に関するライセンス契約について、この度、下記の内容で締結しました。

1.杏林製薬(株)はノバルティス社に対し、「KRP-203」についての以下の権利を供与した。
(1)移植用の免疫抑制剤として、全世界の開発及び販売権
(2)自己免疫疾患及びその他の疾患用剤として、日本、韓国、中国及び台湾を除く全世界の開発及び販売権
(なお、炎症性腸疾患(IBD)用剤としては、杏林製薬(株)が全世界の権利を留保している)

2.杏林製薬(株)はノバルティス社より契約一時金及びマイルストーンペイメントの支払いを受ける。また、発売後には杏林製薬(株)が原末の供給を行うと共に売上に応じたロイヤリティを受け取る

3.杏林製薬(株)はクロスライセンス品についてノバルティス社が開発ないし販売中の製品を、日本において共同開発ないし共同販売する方向で合意し、具体的な品目については、今後交渉する。

当社は、研究開発において免疫・アレルギー領域を重点領域の1つとしております。本剤は、免疫領域の開発品であり、新規化学構造を有するスフィンゴシン1リン酸受容体アゴニストとして免疫抑制作用を示します。当社では新規性の高い免疫抑制剤として、既存の免疫抑制剤に比べて安全性が高くかつ良好な臨床効果を示すものと期待しています。なお、本剤は当社が、日本国内において前臨床の段階で開発中です。(引用:日経プレリリース)

 KRP-203

 

 

 免疫抑制剤(Immunosuppressant)は臓器移植などの術後、体が異物が入ったと判断して様々な拒絶反応が起こる(免疫)を抑制する薬です。免疫抑制剤で有名なものは藤沢薬品(現アステラス製薬)のFK-506(タクロリムス)があります。

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 金よりも価値のある化学者の貢献
  2. 食品安全、環境などの分析で中国機関と共同研究 堀場製
  3. H-1B ビザの取得が難しくなる!?
  4. 人の鼻の細菌が抗菌作用がある化合物をつくっていたーMRSAに効果…
  5. ブドウ糖で聴くウォークマン? バイオ電池をソニーが開発
  6. 阪大と理研ビタミン、透明な生分解性フィルムを開発
  7. 化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始
  8. 米ブリストル、仏サノフィの買収提案に備え助言契約締結

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第7回HOPEミーティング 参加者募集!!
  2. 含フッ素遷移金属エノラート種の合成と応用
  3. 【書籍】化学探偵Mr. キュリー
  4. スズ化合物除去のニュースタンダード:炭酸カリウム/シリカゲル
  5. 和光純薬を富士フィルムが買収へ
  6. 「重曹でお掃除」の化学(その1)
  7. 頻尿・尿失禁治療薬「ベシケア」を米国で発売 山之内製薬
  8. comparing with (to)の使い方
  9. リアルタイムFT-IRによる 樹脂の硬化度評価・硬化挙動の分析【終了】
  10. フリーラジカルの祖は一体誰か?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発

ゲノム編集といえば、今流行りのCRISPR/Cas9を思い浮かべる方が多いと思います。CRISPR/…

文献管理ソフトを徹底比較!

今や、科学者向けの文献管理ソフトはよりどりみどりだ。その中から代表的な8つを検討した。タイト…

君はPHOZONを知っているか?

唐突ですがスマホでゲームやりますか?筆者はファミコン世代ということもあり、様々なゲームをやってき…

ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 Part II

ゴードン会議の参加体験記とボストン周辺の滞在記について書いています。さて、前回のPart I…

ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

システイン(Cysteine, Cys)を標的とするタンパク質修飾法はその信頼性から盛んに用いられて…

ACSで無料公開できるかも?論文をオープンにしよう

科学のオープン化推進の試みが各国で進められており、日本でも研究成果を基本的に全面公開しようとする動き…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP