[スポンサーリンク]

ケムステニュース

配糖体合成に用いる有機溶媒・試薬を大幅に削減できる技術開発に成功

東北大学大学院工学研究科バイオ工学専攻の正田晋一郎教授らのグループは、配糖体の中でも特に診断薬や合成中間体としての需要の多いパラニトロフェノール配糖体を、光延(Mitsunobu)反応を用いて、わずか1工程で合成することに成功した。従来法で合成しようとすると、少なくとも4工程は必要である。本技術によれば、合成および分離精製時に用いる有機溶媒などの試薬を削減することができることから、大幅なコストダウンが見込まれる。本研究は、独立行政法人科学技術振興機構(JST)、事業化可能性試験補助金の助成を受けて行われたものであり、8月23日から仙台で開催される日本糖質学会において発表される。(引用:日経プレスリリース

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. オリーブ油の苦み成分に鎮痛薬に似た薬理作用
  2. 280億円賠償評決 米メルク社治療薬副作用で死亡 テキサス州
  3. 59年前製造の『ヒロポン』陳列
  4. NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を…
  5. 市販の新解熱鎮痛薬「ロキソニン」って?
  6. 白い有機ナノチューブの大量合成に成功
  7. 持田製薬/エパデールのスイッチOTC承認へ
  8. 2009年10大化学ニュース

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ベンゼンの害、低濃度でも 血液細胞に損傷
  2. 2010年日本化学会各賞発表-学会賞-
  3. (-)-Cyanthiwigin Fの全合成
  4. カルボン酸の保護 Protection of Carboxylic Acid
  5. 有機薄膜太陽電池の”最新”開発動向
  6. ふるい”で気体分離…京大チーム
  7. 1,3-双極子付加環化反応 1,3-Dipolar Cycloaddition
  8. シューミン・リー Shu-Ming Li
  9. 歪んだアルキンへ付加反応の位置選択性を予測する
  10. Wiiで育てる科学の心

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP