[スポンサーリンク]

ケムステニュース

配糖体合成に用いる有機溶媒・試薬を大幅に削減できる技術開発に成功

東北大学大学院工学研究科バイオ工学専攻の正田晋一郎教授らのグループは、配糖体の中でも特に診断薬や合成中間体としての需要の多いパラニトロフェノール配糖体を、光延(Mitsunobu)反応を用いて、わずか1工程で合成することに成功した。従来法で合成しようとすると、少なくとも4工程は必要である。本技術によれば、合成および分離精製時に用いる有機溶媒などの試薬を削減することができることから、大幅なコストダウンが見込まれる。本研究は、独立行政法人科学技術振興機構(JST)、事業化可能性試験補助金の助成を受けて行われたものであり、8月23日から仙台で開催される日本糖質学会において発表される。(引用:日経プレスリリース

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 花王、ワキガ臭の発生メカニズムを解明など研究成果を発表
  2. 画期的な糖尿病治療剤を開発
  3. 製薬各社 2010年度 第1四半期決算を発表
  4. タルセバ、すい臓がんではリスクが利点を上回る可能性 =FDA
  5. 骨粗鬆症、骨破壊止める化合物発見 理研など新薬研究へ
  6. 有機超伝導候補が室温超高速光応答材料に変身
  7. 「水素水」健康効果うたう表示は問題 国民生活センターが業者に改善…
  8. 発明対価280万円認める 大塚製薬元部長が逆転勝訴

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アジサイには毒がある
  2. ランバーグ・バックランド転位 Ramberg-Backlund Rearrangement
  3. 向かう所敵なし?オレフィンメタセシス
  4. レギッツジアゾ転移 Regitz Diazo Transfer
  5. とある農薬のはなし「クロロタロニル」について 
  6. デスソース
  7. Cleavage of Carbon-Carbon Single Bonds by Transition Metals
  8. 東亜合成と三井化学、高分子凝集剤の事業統合へ
  9. クラウス・ビーマン Klaus Biemann
  10. “click”の先に

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP