[スポンサーリンク]

ケムステニュース

科学技術教育協会 「大学化合物プロジェクト」が第2期へ

 財団法人科学技術教育協会が、大学の化学系研究室に眠る化合物ライブラリーを医薬品創出に有効利用する目的で「大学化合物プロジェクト」を進めている。登録化合物数は現在、約5万8000。20社の製薬関連企業(外資3社を含む、製薬、農薬企業)がデータベース閲覧を登録し、それぞれ年間100~5000の化合物の入手手続きを行っている。プロジェクトは2005年4月から第2期に入り、化合物ライブラリーの購入法がより簡便化される方針だ。「天然物関連」、「ドラッグ-ライク」など、化合物をパッケージ化して供給することも予定している。 (引用:日経バイオテク)

 

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. スイス医薬大手のロシュ、「タミフル」の生産能力を増強へ
  2. 5社とも増収 経常利益は過去最高
  3. 東レ、ナノ構造制御技術を駆使した半導体実装用接着シートを開発
  4. 科学:太古の海底に眠る特効薬
  5. ヘリウム不足再び?
  6. 頻尿・尿失禁治療薬「ベシケア」を米国で発売 山之内製薬
  7. 風力で作る燃料電池
  8. ノーベル化学賞、米・イスラエルの3氏に授与

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ライマー・チーマン反応 Reimer-Tiemann Reaction
  2. 安積徹 Tohru Azumi
  3. クロスカップリング反応ーChemical Times特集より
  4. 三菱ウェルと田辺合併 後発薬に新規参入
  5. 食品安全、環境などの分析で中国機関と共同研究 堀場製
  6. 武田薬、米国販売不振で11年ぶり減益 3月期連結決算
  7. 密度汎関数法の基礎
  8. 【インドCLIP】製薬3社 抗エイズ薬後発品で米から認可
  9. カゴ型シルセスキオキサン「ヤヌスキューブ」の合成と構造決定
  10. 多成分連結反応 Multicomponent Reaction (MCR)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP