[スポンサーリンク]

ケムステニュース

科学技術教育協会 「大学化合物プロジェクト」が第2期へ

 財団法人科学技術教育協会が、大学の化学系研究室に眠る化合物ライブラリーを医薬品創出に有効利用する目的で「大学化合物プロジェクト」を進めている。登録化合物数は現在、約5万8000。20社の製薬関連企業(外資3社を含む、製薬、農薬企業)がデータベース閲覧を登録し、それぞれ年間100~5000の化合物の入手手続きを行っている。プロジェクトは2005年4月から第2期に入り、化合物ライブラリーの購入法がより簡便化される方針だ。「天然物関連」、「ドラッグ-ライク」など、化合物をパッケージ化して供給することも予定している。 (引用:日経バイオテク)

 

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 私立武蔵高 の川崎さんが「銀」 国際化学オリンピック
  2. 三共と第一製薬が正式に合併契約締結
  3. 大日本住友製薬が発足 業界5位、将来に再編含み
  4. お茶の水女子大学と奈良女子大学がタッグを組む!
  5. 位相情報を含んだ波動関数の可視化に成功
  6. 超小型シリンジ開発 盛岡の企業
  7. 信越化学、排水・排ガスからの塩水回収技術を開発
  8. 呉羽化学に課徴金2億6000万円・価格カルテルで公取委

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アイルランドに行ってきた②
  2. ベンゼン環が速く・キレイに描けるルーズリーフ
  3. ウランガラス
  4. 分子標的の化学1「2012年ノーベル化学賞GPCRを導いた親和クロマトグラフィー技術」
  5. 素粒子と遊ぼう!
  6. 怒涛の編集長 壁村耐三 ~論文と漫画の共通項~
  7. ケテンの[2+2]環化付加反応 [2+2] Cycloaddition of Ketene
  8. 高分子界の準結晶
  9. 論文執筆で気をつけたいこと20(1)
  10. 有機反応を俯瞰するシリーズーまとめ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP