[スポンサーリンク]

ケムステニュース

大型期待の認知症薬「承認申請数年遅れる」 第一製薬

[スポンサーリンク]

第一製薬が高度アルツハイマー型認知症治療薬として開発を進め、大型化を期待していた「SUNY7017」(一般名・塩酸メマンチン)の承認申請が当初予定より数年遅れる見通しになったことが、分かった。PⅢ段階で新たな臨床試験が必要になったため。当初は2004年度中にも申請、06年度中の発売を見込んでいた。
同剤は、第一サントリーファーマと第一製薬が共同開発しているもの。欧米では既に販売されているが、高度アルツハイマー型認知症治療薬は国内にないため、第一は100億円以上の売り上げを期待していた。 (引用:薬事日報)

アダマンタン骨格をもつ医薬品です。
かなり単純な構造ですが、これがアルツハイマーに効くとはびっくりです。どのように効くのでしょう。アルツハイマーの薬といえばエーザイのアリセプトが有名ですね。

関連リンク

関連書籍

 

世界を代表する合成医薬品の構造とその合成経路を探ることで、薬らしい構造とはどのようなものかの理解を深める。創薬化学・医薬品化学の分野の教科書・入門書として最適。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 1日1本の「ニンジン」でガン予防!?――ニンジンの効能が見直され…
  2. 武田、ビタミン原料事業から完全撤退
  3. 住友製薬-日本化薬、新規抗がん剤で販売提携
  4. 第一三共/イナビルをインフルエンザ予防申請
  5. 豊丘出身、元島さんCMC開発
  6. 新しい抗生物質発見:MRSAを1分で99.99%殺菌
  7. 産学官若手交流会(さんわか)第19回ワークショップ のご案内
  8. ポリフェノールに食品アレルギー予防効果

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. オンライン座談会『ケムステスタッフで語ろうぜ』開幕!
  2. Junfeng Zhao
  3. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai
  4. ペリプラノン
  5. 卓上NMR
  6. 多摩霊園
  7. ピンナ酸の不斉全合成
  8. 分子モーター / Molecular Motor
  9. シリカゲルはメタノールに溶けるのか?
  10. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

小型質量分析装置expression® CMSを試してみた

学生が増えすぎて(うれしい悲鳴ですが)、機器を購入する余裕などこれっぽっちもない代表です。さ…

有機合成化学協会誌2019年6月号:不斉ヘテロDiels-Alder反応・合金ナノ粒子触媒・グラフェンナノリボン・触媒的光延反応・フェイズ・バニシング

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年6月号がオンライン公開されました。梅…

東大キャリア教室で1年生に伝えている大切なこと: 変化を生きる13の流儀

概要不確実な時代を生き抜くキャリアを創るには? 各界で活躍する東大OB・OGが、学生生活や就…

可視光光触媒でツルツルのベンゼン環をアミノ化する

単純なアルキルアミンが利用できる芳香族C–Hアミノ化反応が開発された。基質適用範囲が広く天然物などの…

【21卒】太陽ホールディングスインターンシップ

太陽HDでの研究職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場とし…

アラインをパズルのピースのように繋げる!

第198回のスポットライトリサーチは、広島大学工学研究科 博士課程前期2年の田中英也さんにお願いしま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP