[スポンサーリンク]

ケムステニュース

ファンケル、「ツイントース」がイソフラボンの生理活性を高める働きなどと発表

[スポンサーリンク]

ツイントース株式会社ファンケル(本社:横浜市中区、代表取締役社長執行役員:藤原謙次)では、2004年4月より、ミネラル吸収に着目したツイントース配合サプリメントを販売しております。ファンケル中央研究所において、ミネラル吸収促進をはじめとしたツイントースの有効性について研究を重ねてまいりましたが、この度2005年3月29日(火)、日本農芸化学会 2005年度大会(於:札幌コンベンションセンター)にて、「ツイントースがイソフラボン(*1)の体内動態に与える影響」について研究結果を発表致しました。

 本研究は「ツイントース」がイソフラボンの生理活性を高める働きを持つことを確認したものです。これは、従来ミネラル吸収促進作用が知られていた「ツイントース」の新たな可能性の発見といえます。
 ツイントースとイソフラボンを同時に摂取すると、イソフラボンの中でも特に活性の高い「エクオール(*2)」の血中濃度が上昇することを確認いたしました。また、それによるコレステロール※低下作用の可能性についてもあわせて確認しております。(引用:日経プレリリース)

ツイントースはフルクトースが二つつながった構造を有しています。



The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. Eリリーの4-6月期は19%減益、通期見通し上方修正
  2. 同仁化学研、ビオチン標識用キットを発売
  3. 170年前のワインの味を化学する
  4. 「化学の日」はイベント盛り沢山
  5. 製薬、3強時代に 「第一三共」きょう発足
  6. 東芝:新型リチウムイオン電池を開発 60倍の速さで充電
  7. 平成をケムステニュースで振り返る
  8. アステラス製薬、過活動膀胱治療剤「ベシケア錠」製造販売承認取得

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 共有結合で標的タンパク質を高選択的に機能阻害する新しいドラッグデザイン
  2. アセチレン、常温で圧縮成功
  3. 思わぬ伏兵・豚インフルエンザ
  4. 第23回 医療、工業、軍事、広がるスマートマテリアル活躍の場ーPavel Anzenbacher教授
  5. 秋の褒章2013-化学
  6. 「サンゴ礁に有害」な日焼け止め禁止法を施行、パラオ
  7. 未来社会創造事業
  8. 18万匹のトコジラミ大行進 ~誘因フェロモンを求めて②~
  9. 歪み促進逆電子要請型Diels-Alder反応 SPIEDAC reaction
  10. 磁力で生体触媒反応を制御する

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

【日産化学】新卒採用情報(2021卒)

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

Carl Boschの人生 その5

Tshozoです。だいぶ間が空いてしまいましたが訳すべき文章量が多すぎて泣きそうになっていたためです…

Zoomオンライン革命!

概要“実際に会う"という仕事スタイルが、実はボトルネックになっていませんか?オンライン会…

金属イオン認識と配位子交換の順序を切替えるホスト分子

第243回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系(秋根研究室)・酒田陽子 准教授…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP