[スポンサーリンク]

ケムステニュース

田辺製薬と三菱ウェルファーマが10月1日に合併へ‐新社名は「田辺三菱製薬」

[スポンサーリンク]

田辺製薬と三菱ウェルファーマ(WP)は2日、今年10月1日付の合併に向け基本合意したと発表した。売上高は4000億円規模と、国内の医薬品を扱う企業では第6位となる。両社とも新薬創出に悩み、海外での売上高は全売上高の1割に満たず、事業基盤の強化が迫られていた。三菱WPは脳保護薬「ラジカット」、田辺は生物製剤で関節リウマチ治療薬「レミケード」という柱となる製品を持ち、開発品を含めると循環器・代謝、呼吸器、免疫の領域では厚くはなる(引用:薬事日報)。

 ついに合併基本合意しましたね。名前は田辺三菱製薬。武田、第一三共、アステラス、エーザイ、ファイザーの次でしょうか。この合併でどうなるか、他の製薬会社が注目ですね。

関連ニュース

三菱ウェルと田辺合併 後発薬に新規参入(2007.1.29)

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第一製薬、仏サノフィに脳梗塞予防薬の営業権を返還
  2. 大幸薬品、「クレベリン」の航空輸送で注意喚起 搭載禁止物質や危険…
  3. サイエンスアワード エレクトロケミストリー賞の応募を開始
  4. 芝浦工業大学 化学エネルギーのみで駆動するゲルポンプの機能を実証…
  5. 第2回国際ナノカーレースにてNIMS-MANAチームが優勝
  6. 化学療法と抗がん剤の併用で進行期非扁平非小細胞肺癌の生存期間延長…
  7. 堀場氏、分析化学の”殿堂”入り
  8. 肥満防止の「ワクチン」を開発 米研究チーム

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発
  2. マックス・プランク Max Planck
  3. 生体内での細胞選択的治療を可能とする糖鎖付加人工金属酵素
  4. 室温、中性条件での二トリルの加水分解
  5. カチオン重合 Cationic Polymerization
  6. 石見銀山遺跡
  7. アルキンメタセシスで誕生!HPB to γ-グラフィン!
  8. ものごとを前に進める集中仕事術「ポモドーロ・テクニック」
  9. SciFinder Future Leaders in Chemistry参加のススメ
  10. レイングルーバー・バッチョ インドール合成 Leimgruber-Batcho indole synthesis

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2007年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

注目情報

注目情報

最新記事

スクショの友 Snagit

スクリーンショット(スクショ)は、手軽に画像や図をコピーすることができ、資料作成などにおいて便利な機…

第28回Vシンポ「電子顕微鏡で分子を見る!」を開催します!

こんにちは、今回第28回Vシンポの運営&司会を務めさせていただくMacyです、よろしくお願い…

量子アルゴリズム国際ハッカソンQPARC Challengeで、で京都大学の学生チームが優勝!!

そこかしこで「量子コンピュータ」という言葉を聞くようになった昨今ですが、実際に何がどこまでできるのか…

Nature主催の動画コンペ「Science in Shorts」に応募してみました

以前のケムステ記事で、Springer Nature社が独・メルク社と共同で、動画コンペ「Scien…

クオラムセンシング阻害活性を有する新規アゾキシアルケン化合物の発見―薬剤耐性菌の出現を抑える感染症治療薬への応用に期待―

第405回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院統合生命科学研究科 生物工学プログラム 細胞機能…

【著者インタビュー動画あり!】有機化学1000本ノック スペクトル解析編

今年4月に発売された書籍で、発売記念著者インタビュー動画も発売前に撮影したのですが、書籍の到…

Dihydropyridazinone環構造を有する初の天然物 Actinopyridazinoneを発見 ~微生物の持つヒドラジン生合成経路の多様性を解明~

第404回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院 天然物化学研究室の有馬 陸(あり…

化学企業のグローバル・トップ50が発表【2022年版】

The world’s chemical industry didn’t just gr…

常温常圧アンモニア合成~20年かけて性能が約10000倍に!!!

Tshozoです。先日ChemRxivに、東京大学西林研究室による最新の触媒成果が発表されました…

第172回―「小分子変換を指向した固体触媒化学およびナノ材料化学」C.N.R.Rao教授

第172回の海外化学者インタビューは、C.N.R. Rao教授です。CSIR Centre for …

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP