[スポンサーリンク]

ケムステニュース

田辺製薬と三菱ウェルファーマが10月1日に合併へ‐新社名は「田辺三菱製薬」

[スポンサーリンク]

田辺製薬と三菱ウェルファーマ(WP)は2日、今年10月1日付の合併に向け基本合意したと発表した。売上高は4000億円規模と、国内の医薬品を扱う企業では第6位となる。両社とも新薬創出に悩み、海外での売上高は全売上高の1割に満たず、事業基盤の強化が迫られていた。三菱WPは脳保護薬「ラジカット」、田辺は生物製剤で関節リウマチ治療薬「レミケード」という柱となる製品を持ち、開発品を含めると循環器・代謝、呼吸器、免疫の領域では厚くはなる(引用:薬事日報)。

 ついに合併基本合意しましたね。名前は田辺三菱製薬。武田、第一三共、アステラス、エーザイ、ファイザーの次でしょうか。この合併でどうなるか、他の製薬会社が注目ですね。

関連ニュース

三菱ウェルと田辺合併 後発薬に新規参入(2007.1.29)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2021年、ムーアの法則が崩れる?
  2. 日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム
  3. 中国化学品安全協会が化学実験室安全規範(案)を公布
  4. 米デュポンの第2・四半期決算は予想下回る、エネルギー費用高騰が打…
  5. 【鎮痛・抗炎症薬】医師の認知・愛用率のトップはロキソニン
  6. ダニを食べ毒蓄積 観賞人気のヤドクガエル
  7. ダイセル化学、有機合成全製品を値上げ
  8. ヘリウム不足再び?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!
  2. 論文執筆ABC
  3. “CN7-“アニオン
  4. インフルエンザ治療薬と記事まとめ
  5. サクセナ・エヴァンス還元 Saksena-Evans Reduction
  6. 三菱化学グループも石化製品を値上げ、原油高で価格転嫁
  7. アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する
  8. マクミラン触媒 MacMillan’s Catalyst
  9. 第18回「化学の職人」を目指すー京都大学 笹森貴裕准教授
  10. 安全なジアゾメタン原料

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子の不斉マイケル付加反応

α,β-不飽和イミンのγ-炭素原子のエナールへのエナンチオ選択的マイケル付加反応が開発された。新規環…

化学者だって数学するっつーの! :定常状態と変数分離

本記事では、原子軌道や分子軌道に電子が安定に存在するときの波動関数を調べるための方程式である、「時間…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP