[スポンサーリンク]

ケムステニュース

「元素戦略プロジェクト」に関する研究開発課題の募集について

 文部科学省と経済産業省は、平成19年度よりそれぞれ「元素戦略プロジェクト」及び「希少金属代替材料開発プロジェクト」を開始します。
両プロジェクトは、「第3期科学技術基本計画」の重点推進4分野のひとつである「ナノテク・材料分野」に列挙される「戦略重点科学技術」のうち、「資源問題解決の決定打となる希少資源・不足資源代替材料革新技術」の研究開発に位置付けられるものです(引用:
文部科学省)。

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ナフサ、25年ぶり高値・4―6月国産価格
  2. トクヤマが参入へ/燃料電池部材市場
  3. 硫黄化合物で新めっき 岩手大工学部
  4. ニセクロハツの強毒原因物質を解明 “謎の毒キノコ&#…
  5. 塩野義 抗インフルエンザ薬を承認申請
  6. サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認
  7. トムソン:2008年ノーベル賞の有力候補者を発表
  8. 分子情報・バイオ2研究センター 九大開設

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. サントリー:重曹を使った新しい飲料「水分補給炭酸」発売
  2. ポリ乳酸 Polylactic Acid
  3. 画期的な糖尿病治療剤を開発
  4. 韓国チームがiPS細胞の作製効率高める化合物を発見
  5. こんな装置見たことない!化学エンジニアリングの発明品
  6. 亜酸化窒素 Nitrous oxide
  7. クラレ 新たに水溶性「ミントバール」
  8. 有機反応の仕組みと考え方
  9. 共有結合性リガンドを有するタンパク質の網羅的探索法
  10. 「遷移金属を用いてタンパク質を選択的に修飾する」ライス大学・Ball研より

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP