[スポンサーリンク]

ケムステニュース

三井化学、触媒科学賞の受賞者を決定

三井化学は、2007年の「三井化学触媒科学賞」の受賞者に、候召民理化学研究所主任研究員、グレゴリー・C・フーマサチューセッツ工科大学教授の2人を選出した。候氏は希土類錯体の基礎化学から応用までの研究を通じ、新触媒によるオレフィン、ジエンなどの広範な重合を実現したこと、フー氏は面性不斉などの新しい概念を提案し、新規性、汎用性が極めて高い有機合成手法を開発したことがそれぞれ評価された。触媒科学奨励賞は寺尾潤大阪大学助手、陳志宏香港市立大学助教授の2人が受賞。寺尾氏は陰イオン性オレフィン遷移金属錯体が炭素-炭素結合形成反応の新触媒となることを示したこと、陳氏はオレフィン重合制御のための弱い吸引性相互作用の重要性を中性子回析などの手法で証明したことが評価された。(引用:化学工業日報

 

2004年から始まった、三井化学触媒科学賞。隔年、触媒科学の分野で優れた業績をあげた2名が授賞しています。今回の受賞者は以下の方々です。

 

Gregory C. Fu
Gregory C. Fu

MITにてK.B.Sharpless教授の下で研究を始め、1985年MIT卒業。その後、ハーバード大学のDavid.Evans教授の下で研究を行い、1991年博士号を取得。その後、カリフォルニア工科大学Robert H. Grubbs研の博士研究員となり、1993年MITで助教授、准教授を経て、1999年から現職。最近の受賞は2004年のCorey Awardや2006年のMukaiyama Awardなど多数。

 

主に、有機金属触媒を用いた、不斉触媒反応や、カップリング反応を研究。現在J.Am.Chem.Soc.のEditorも勤めている。実力、名声ともにこの世代で1,2を争う実力者。詳しくはホームページを参照してください。

 

Zhaomin Hou

Zhaomin Hou

 理化学研究所主任研究員。希土類重合触媒と新規機能性材料の開発。第三回の日本学術振興会賞も受賞している。

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 洗剤を入れたアルミ缶が電車内で爆発
  2. 杏林製薬、ノバルティス社と免疫抑制剤「KRP-203」に関するラ…
  3. ユネスコ女性科学賞:小林教授を表彰
  4. ダウ・ケミカル、液晶パネル用化学品をアジア生産へ
  5. 氷河期に大量のメタン放出 十勝沖の海底研究で判明
  6. 危険!DDT入りの蚊取り線香
  7. 製造過程に発がん性物質/テフロンで米調査委警告
  8. 酸化亜鉛を用い青色ダイオード 東北大開発 コスト減期待

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. よくわかる最新元素の基本と仕組み―全113元素を完全網羅、徹底解説 元素の発見史と最新の用途、研究
  2. ヴァレリー・フォキン Valery V. Fokin
  3. 化学者たちの感動の瞬間―興奮に満ちた51の発見物語
  4. サリドマイドを監視
  5. ヒドロシリル化反応 Hydrosilylation
  6. NIMSの「新しいウェブサイト」が熱い!
  7. わずか6工程でストリキニーネを全合成!!
  8. ホフマン転位 Hofmann Rearrangement
  9. 合成化学の”バイブル”を手に入れよう
  10. ベティ反応 Betti Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その1

Tshozoです。今回の主役はゴムで出来ている車両用タイヤ。通勤時に道路で毎日目にするわりに…

感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スマートフォンや電気自動車の普及によって、エネルギー密度が高く充電効率も良いリチウムイオンバッテリー…

学部4年間の教育を振り返る

皆様、いかがお過ごしでしょうか。学部4年生の筆者は院試験も終わり、卒論作成が本格的に始まるまでの束の…

ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

ダイセルといえば「キラルカラムの雄」として知られており、光学活性化合物を分離するキラルカラム「CHI…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP