[スポンサーリンク]

ケムステニュース

三井化学、触媒科学賞の受賞者を決定

三井化学は、2007年の「三井化学触媒科学賞」の受賞者に、候召民理化学研究所主任研究員、グレゴリー・C・フーマサチューセッツ工科大学教授の2人を選出した。候氏は希土類錯体の基礎化学から応用までの研究を通じ、新触媒によるオレフィン、ジエンなどの広範な重合を実現したこと、フー氏は面性不斉などの新しい概念を提案し、新規性、汎用性が極めて高い有機合成手法を開発したことがそれぞれ評価された。触媒科学奨励賞は寺尾潤大阪大学助手、陳志宏香港市立大学助教授の2人が受賞。寺尾氏は陰イオン性オレフィン遷移金属錯体が炭素-炭素結合形成反応の新触媒となることを示したこと、陳氏はオレフィン重合制御のための弱い吸引性相互作用の重要性を中性子回析などの手法で証明したことが評価された。(引用:化学工業日報

 

2004年から始まった、三井化学触媒科学賞。隔年、触媒科学の分野で優れた業績をあげた2名が授賞しています。今回の受賞者は以下の方々です。

 

Gregory C. Fu
Gregory C. Fu

MITにてK.B.Sharpless教授の下で研究を始め、1985年MIT卒業。その後、ハーバード大学のDavid.Evans教授の下で研究を行い、1991年博士号を取得。その後、カリフォルニア工科大学Robert H. Grubbs研の博士研究員となり、1993年MITで助教授、准教授を経て、1999年から現職。最近の受賞は2004年のCorey Awardや2006年のMukaiyama Awardなど多数。

 

主に、有機金属触媒を用いた、不斉触媒反応や、カップリング反応を研究。現在J.Am.Chem.Soc.のEditorも勤めている。実力、名声ともにこの世代で1,2を争う実力者。詳しくはホームページを参照してください。

 

Zhaomin Hou

Zhaomin Hou

 理化学研究所主任研究員。希土類重合触媒と新規機能性材料の開発。第三回の日本学術振興会賞も受賞している。

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 米ブリストル、仏サノフィの買収提案に備え助言契約締結
  2. 小林製薬、「神薬」2種類を今春刷新
  3. フロンよりもオゾン層を破壊しているガスがある
  4. 金大大学院、ナノ微粒子開発 医薬品や塗料などに応用も
  5. スイス連邦工科大ジーベーガー教授2007年ケーバー賞を受賞
  6. アンモニアで走る自動車 国内初、工学院大が開発
  7. 冬のナノテク関連展示会&国際学会情報
  8. 富士写、化学材料を事業化

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「無機化学」とはなにか?
  2. 実験教育に最適!:鈴木ー宮浦クロスカップリング反応体験キット
  3. クロスカップリング反応関連書籍
  4. ロバート・バーグマン Robert G. Bergman
  5. ロバート・バーンズ・ウッドワード Robert Burns Woodward
  6. 含ケイ素三重結合化合物(Si≡Mo、Si≡C)
  7. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsilane
  8. 顕微鏡で化学反応を見る!?
  9. 薬価4月引き下げ 製薬各社は「アジア」「非医薬」に活路
  10. 光だけでなく化学物質も受容できるロドプシンの発見

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ

カリウムtert-ブトキシドを触媒とするα-アルキルケトン合成法が報告された。遷移金属を用いず、高い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP