[スポンサーリンク]


ケムステニュース化学一般

  1. 小学2年生が危険物取扱者甲種に合格!

    筆者が学生の頃はまだ危険物取扱者は受験資格が限られていましたが、最近は緩和されて乙類を4種以上取ればいいという条件が新設されたのでこういったニュースがたまにあります。 (さらに……

  2. 2012年10大化学ニュース【前編】

    今年もあと1日で終わり。皆さん既に忘年会も終わりのんびりしていることと思います。…

  3. ヘリウム不足いつまで続く?

     ヘリウム需給のタイト感が強まっている。日本はヘリウム供給を100%輸入に頼っているが、今年6月から…

  4. 化学者のランキング指標「h-index」 廃止へ

    US chemists who have ranked living chemists based …

  5. 洗剤を入れたアルミ缶が電車内で爆発

    以前ドライアイスをペットボトルに入れて遊んでいたところ爆発して大けがをしたというニュースを取り上げた…

  6. 高校生が河川敷で化学実験中に発火事故

  7. 浄水場から検出されたホルムアルデヒドの原因物質を特定

  8. 2011年10大化学ニュース【後編】

  9. 2011年10大化学ニュース【前編】

  10. パッションフルーツに「体内時計」遅らせる働き?

  11. 市販の新解熱鎮痛薬「ロキソニン」って?

  12. 化学かるた:元素編ー世界化学年をちなみ

  13. 2010年化学10大ニュース【Part2】

  14. 2010年10大化学ニュース

  15. 「薬学の父」長井博士、半生を映画化へ

  16. 化学オリンピック:日本は金2銀2

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機反応を俯瞰する ー[1,2] 転位
  2. アセトンを用いた芳香環のC–Hトリフルオロメチル化反応
  3. デーブナー・フォン=ミラー キノリン合成 Doebner-von Miller quinoline synthesis
  4. 歪んだアルキンへ付加反応の位置選択性を予測する
  5. 女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!
  6. リンダウ会議に行ってきた③
  7. ハリース オゾン分解 Harries Ozonolysis

注目情報

最新記事

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

Human health is affected by indoor air quality. On…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~① 基本を学ぼう ~

筆者は年1~2回ほど海外学会へ参加し、研究成果を対外的に発表しています。ここ数年はそれに数日の滞在を…

PAGE TOP