[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

水素化ビス(2-メトキシエトキシ)アルミニウムナトリウム Red-Al

[スポンサーリンク]

 

概要

水素化ビス(2-メトキシエトキシ)アルミニウムナトリウムは通称Red-Alの名称で市販されている還元剤である。

通常のカルボニル用還元剤として用いられることが多い。二トリルはアルデヒドへと還元される。LAHと比べて溶媒への溶解度が高くトルエンなども溶媒に用いることができる。熱安定性の面でも優れている。

またヒドロメタル化によってプロパルギルアルコールをアリルアルコールに還元することもできる。中間体のアルケニルアルミニウムは、様々な求電子剤と反応するので、さらなる変換に伏せる点でも価値が高い。この目的ではDIBALも用いられるが、Red-Alはトランス還元体を与える点で異なる。

基本文献

エポキシドの位置選択的開環
Red-Al_2.gif

反応機構

[1] Katsuki, T.; Martin, V. S. Org. React. 1996,
48, 1.

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 芳香族化合物のニトロ化 Nitration of Aromati…
  2. 9-フルオレニルメチルオキシカルボニル保護基 Fmoc Prot…
  3. 1,2-/1,3-ジオールの保護 Protection of 1…
  4. アンデルセン キラルスルホキシド合成 Andersen Chir…
  5. コーリー・ギルマン・ガネム酸化 Corey-Gilman-Gan…
  6. キレトロピー反応 Cheletropic Reaction
  7. NHPI触媒によるC-H酸化 C-H Oxidation wit…
  8. ジオキシラン酸化 Oxidation with Dioxiran…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 年収で内定受諾を決定する際のポイントとは
  2. 第八回 自己集合ペプチドシステム開発 -Shuguang Zhang 教授
  3. 二重可変領域を修飾先とする均質抗体―薬物複合体製造法
  4. 医薬品の黄金世代到来?
  5. 製薬各社 2010年度 第3四半期決算を発表
  6. テキサス大教授Science論文捏造か?
  7. (+)-11,11′-Dideoxyverticillin Aの全合成
  8. IGZO
  9. 私がなぜケムステスタッフになったのか?
  10. フラーレンの単官能基化

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP