[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

水素化ビス(2-メトキシエトキシ)アルミニウムナトリウム Red-Al

[スポンサーリンク]

 

概要

水素化ビス(2-メトキシエトキシ)アルミニウムナトリウムは通称Red-Alの名称で市販されている還元剤である。

通常のカルボニル用還元剤として用いられることが多い。二トリルはアルデヒドへと還元される。LAHと比べて溶媒への溶解度が高くトルエンなども溶媒に用いることができる。熱安定性の面でも優れている。

またヒドロメタル化によってプロパルギルアルコールをアリルアルコールに還元することもできる。中間体のアルケニルアルミニウムは、様々な求電子剤と反応するので、さらなる変換に伏せる点でも価値が高い。この目的ではDIBALも用いられるが、Red-Alはトランス還元体を与える点で異なる。

基本文献

エポキシドの位置選択的開環
Red-Al_2.gif

反応機構

[1] Katsuki, T.; Martin, V. S. Org. React. 1996,
48, 1.

 

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ヨウ化サマリウム(II) Samarium(II) Iodide…
  2. 高井・内本オレフィン合成 Takai-Utimoto Olefi…
  3. マルコフニコフ則 Markovnikov’s Rul…
  4. 向山酸化還元縮合反応 Mukaiyama Redox Conde…
  5. オキシ水銀化・脱水銀化 Oxymercuration-Demer…
  6. クメン法 Cumene Process
  7. フィンケルシュタイン反応 Finkelstein Reactio…
  8. 野依不斉水素移動反応 Noyori Asymmetric Tra…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 東大、京大入試の化学を調べてみた(有機編)
  2. 肝はメチル基!? ロルカセリン
  3. ケムステイブニングミキサー2019ー報告
  4. アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-
  5. 非天然アミノ酸合成に有用な不斉ロジウム触媒の反応機構解明
  6. Carl Boschの人生 その4
  7. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  8. 積極的に英語の発音を取り入れてみませんか?
  9. 製薬会社5年後の行方
  10. ポリセオナミド :海綿由来の天然物の生合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

岩田忠久 Tadahisa Iwata

岩田忠久(いわた ただひさ IWATA Tadahisa、1966年-)は、日本の化学者である。専門…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

厚労省が実施した抗体検査の性能評価に相次ぐ指摘

厚生労働省は、2020年5月15日、日本医療研究開発機構(AMED)の研究班が日本赤十字社の協力を得…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP