[スポンサーリンク]


ケムステニュース化学一般

  1. カフェインの覚醒効果を分子レベルで立証

    独立行政法人 農業・生物系特定産業技術研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター(生研センター)が「新技術・新分野創出のための基礎研究推進事業」(プログラムディレクター桂直樹理事)の一環として実施している研究課題「自然な睡眠覚醒調節作用を…

  2. サントリー、ビールの「エグミ物質」解明に成功

    世界で初めて、ビールのエグミ物質解明に成功アメリカ醸造化学者学会2005年度大会で発表 サントリー(…

  3. シイタケ由来成分に抗アレルギー効果を確認

    シイタケから抽出される「レンチナン」という高分子多糖体のβ-1,3-グルカンは以前から片寄った免疫…

  4. バイエル薬品、アスピリンをモチーフにしたTシャツをユニクロで発売

    バイエル薬品株式会社(本社:大阪市、社長:栄木憲和)の解熱・鎮痛薬「アスピリン」をモチー…

  5. ダイエット食から未承認薬

    県薬務室は24日、県内の20代の女性が携帯電話のネットオークションで購入したダイエット食品から、向精…

  6. 健康食品 高まる開発熱 新素材も続々

  7. 自動車用燃料、「脱石油」競う 商社、天然ガス・バイオマス活用

  8. 理研:23日に一般公開、「実験ジャー」も登場--和光 /埼玉

  9. 日本化学会:次期会長に藤嶋昭氏を選出--初の直接選挙で

  10. タンチョウ:殺虫剤フェンチオンで中毒死増加

  11. 食品アクリルアミド低減を 国連専門委「有害の恐れ」

  12. 2005年2月分の気になる化学関連ニュース投票結果

  13. α‐リポ酸の脂肪蓄積抑制作用を高める効果を実証

  14. メスゴキブリのフェロモン合成、駆除に活用・日米チーム

  15. がん細胞を狙い撃ち 田澤富山医薬大教授ら温熱治療新装置 体内に「鉄」注入、電磁波で加熱

  16. ノーベル受賞者、東北大が米から招請

スポンサー

ピックアップ記事

  1. セレノネイン selenoneine
  2. ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的な切断とホウ素化反応
  3. 研究者のためのCG作成術②(VESTA編)
  4. 私がなぜケムステスタッフになったのか?
  5. アセトンを用いた芳香環のC–Hトリフルオロメチル化反応
  6. ケミカル・アリに死刑判決
  7. ピナー反応 Pinner Reaction

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その9

Tshozoです。書いてると色々膨らんで収集がつかなくなりますね。ということで前回の続き。W…

創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTOKYO” ビジネスプラン発表会を開催!

東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社が運営するBlockbuster T…

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

特許取得のための手続き

bergです。本記事では特許出願に必要な手続きについてかいつまんでご紹介します。皆さんの研究もひょっ…

「ソーシャルメディアを活用したスタートアップの価値向上」 BlockbusterTOKYO 2020 第9回 研修プログラムを実施!

Blockbuster TOKYOは東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社…

PAGE TOP