[スポンサーリンク]


ケムステニュース化学一般

  1. ダニを食べ毒蓄積 観賞人気のヤドクガエル

    ?中南米の熱帯雨林に生息、日本で観賞用に飼育されている希少動物のヤドクガエルは、土壌に住み微量の毒を持つダニを食べて毒を体内に蓄積することを京都大の桑原保正名誉教授と森直樹助教授(化学生態学)らが解明し14日、発表した。  森助教授らは…

  2. 「魔法の水でゴミの山から“お宝”抽出」

     亜臨界水というのをご存知だろうか。通常、水は1気圧の下で、0℃で固体となり、100℃で…

  3. オリーブ油の苦み成分に鎮痛薬に似た薬理作用

    ?しぼりたてのバージン・オリーブ油を口にすると、ひりひりするような苦みをのどに感じる。米Monell…

  4. ライオン、フッ素の虫歯予防効果を高める新成分を発見

    ライオンオーラル研究所は、歯の表面でフッ素が虫歯予防効果をより発揮するための新材料を開発した。…

  5. 危険!DDT入りの蚊取り線香

    ?最近、上海で一部DDTなどの強力な農薬を含んだ蚊取り線香が出回っているとして、上海市消費者保護委員…

  6. マクドナルドなど9社を提訴、発がん性物質の警告表示求め=カリフォルニア州

  7. ポリエチレンなど合成樹脂、値上げ浸透

  8. 野依さん講演を高速無線LAN中継、神鋼が実験

  9. 分子素子の働き せっけんで確認

  10. サントリー:重曹を使った新しい飲料「水分補給炭酸」発売

  11. 虫歯退治に3種の抗菌薬

  12. カフェインの覚醒効果を分子レベルで立証

  13. サントリー、ビールの「エグミ物質」解明に成功

  14. シイタケ由来成分に抗アレルギー効果を確認

  15. バイエル薬品、アスピリンをモチーフにしたTシャツをユニクロで発売

  16. ダイエット食から未承認薬

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「ねるねるねるね」はなぜ色が変わって膨らむのか?
  2. Stadtfriedhof (ゲッチンゲン市立墓地)
  3. 2012年ノーベル化学賞は誰の手に?
  4. 化学合成で「クモの糸」を作り出す
  5. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬
  6. アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体
  7. SchultzとKay: 米スクリプス研究所のトップへ

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

PAGE TOP