[スポンサーリンク]


ケムステニュース化学一般

  1. 高校生の「化学五輪」、2010年は日本で開催

    世界の高校生が年に1回化学の実力を競う「国際化学オリンピック」の運営委員会が9日夜、韓国で開かれ、2010年の第42回大会を日本で開くことを決めた。日本開催は初めて。 日本は昨年、開催地として立候補していた。約70カ国が参加する見通…

  2. 「副会長辞任する」国際組織に伝える…早大・松本教授

    化学者の世界的組織「国際純正・応用化学連合(IUPAC)」(事務局・米ノースカロライナ州)は30日…

  3. 地位確認求め労働審判

    三菱化学生命科学研究所(東京)の主任研究員4人が12日、関連会社への出向などで研究職を奪われるとして…

  4. 「ニコチンパッチ」6月1日から保険適用

    中央社会保険医療協議会は24日、禁煙治療のはり薬「ニコチンパッチ」を保険適用にすることを決めた。医師…

  5. 化学グランプリ 参加者を募集

    日本化学会などは「2006全国高校化学グランプリ」の参加者を募集する。七月十七日に全国三十会場で一次…

  6. 眼精疲労、糖尿病の合併症に効くブルーベリー

  7. 化学大手、原油高で原料多様化・ナフサ依存下げる

  8. 原油高騰 日本企業直撃の恐れ

  9. 不斉触媒研究論文引用回数、東大柴崎教授が世界1位

  10. 薬の副作用2477症例、HP公開始まる

  11. 半導体で水から水素 クリーンエネルギーに利用

  12. 「抗菌」せっけん、効果は「普通」…米FDA

  13. ダニを食べ毒蓄積 観賞人気のヤドクガエル

  14. 「魔法の水でゴミの山から“お宝”抽出」

  15. オリーブ油の苦み成分に鎮痛薬に似た薬理作用

  16. ライオン、フッ素の虫歯予防効果を高める新成分を発見

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 芳香族化合物のC–Hシリル化反応:第三の手法
  2. コケに注目!:薬や香料や食品としても
  3. 進化する電子顕微鏡(TEM)
  4. 第95回―「生物学・材料化学の問題を解決する化学ツールの開発」Ivan Dmochowski教授
  5. 第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授
  6. ビタミンB12を触媒に用いた脱ハロゲン化反応
  7. 化学の楽しさに触れるセミナーが7月に開催

注目情報

最新記事

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

PAGE TOP