[スポンサーリンク]


ケムステニュース化学一般

  1. いつ、どこで体内に 放射性物質に深まる謎

    ??英国に亡命中のロシア連邦保安局(FSB)の元中佐リトビネンコ氏の「毒殺」疑惑に世界の注目が集まっている。ロシアのプーチン政権批判の急先鋒である同氏の尿から検出されたのは放射性物質ポロニウム210。いつ、どこで放射性物質を摂取…

  2. 大気中のメタン量、横ばいに/温暖化防止に朗報か

    二酸化炭素(CO2)の21倍と強力な温室効果のあるメタンの大気中の総量がこの7年間、ほぼ横ばいになっ…

  3. 松本・早大教授の論文、学会は「捏造の事実無し」

    日本分析化学会(小泉英明会長)は29日、国の研究費を不正受給した早稲田大の松本和子教授が論文データ…

  4. ポリエチレンとポリプロピレン、7カ月ぶり値上げ浸透

    代表的な合成樹脂ポリエチレンとポリプロピレンの国内価格が約7カ月ぶりに8%前後値上がりした。原油高を…

  5. 高校生の「化学五輪」、2010年は日本で開催

    世界の高校生が年に1回化学の実力を競う「国際化学オリンピック」の運営委員会が9日夜、韓国で開かれ、…

  6. 「副会長辞任する」国際組織に伝える…早大・松本教授

  7. 地位確認求め労働審判

  8. 「ニコチンパッチ」6月1日から保険適用

  9. 化学グランプリ 参加者を募集

  10. 眼精疲労、糖尿病の合併症に効くブルーベリー

  11. 化学大手、原油高で原料多様化・ナフサ依存下げる

  12. 原油高騰 日本企業直撃の恐れ

  13. 不斉触媒研究論文引用回数、東大柴崎教授が世界1位

  14. 薬の副作用2477症例、HP公開始まる

  15. 半導体で水から水素 クリーンエネルギーに利用

  16. 「抗菌」せっけん、効果は「普通」…米FDA

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ペプチド模倣体としてのオキセタニルアミノ酸
  2. ネイティブ・ケミカル・リゲーション Native Chemical Ligation (NCL)
  3. ご注文は海外大学院ですか?〜選考編〜
  4. ビニルシクロプロパン転位 Vinylcyclopropane Rearrangement
  5. 2011年人気記事ランキング
  6. NMRの化学シフト値予測の実力はいかに
  7. デルフチバクチン (delftibactin)

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

PAGE TOP