[スポンサーリンク]

ケムステニュース

第47回天然有機化合物討論会

天然有機化合物討論会第47回天然有機化合物討論会

共催: 日本化学会・日本薬学会・日本農芸化学会 他

日時: 2005年10月7日(金)~9日(日)

場所アスティとくしま(徳島市)

内容: 天然有機化合物の構造決定、合成、反応、生体内分子機構、並びに生合成

天然物に関する日本最大の学会です。非常に活発な討論が行われます。今年の口頭発表はすべて英語で行われるようです。

?

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「物質と材料のふしぎ」4/17&21はNIMS一般公開
  2. 染色なしで細胞を観察 阪大ベンチャーが新顕微鏡開発
  3. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成…
  4. 日本触媒で爆発事故
  5. 「消えるタトゥー」でヘンなカユミ
  6. オゾンホールのさらなる縮小を確認 – アメリカ海洋大…
  7. 化学オリンピック:日本は金2銀2
  8. 室内照明で部屋をきれいに 汚れ防ぐ物質「光触媒」を高度化

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ハーバード大Whitesides教授がWelch Awardを受賞
  2. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』
  3. アルキン来ぬと目にはさやかに見えねども
  4. ボーディペプチド合成 Bode Peptide Synthesis
  5. PCC/PDC酸化 PCC/PDC Oxidation
  6. 1,2-/1,3-ジオールの保護 Protection of 1,2-/1,3-diol
  7. ピンポン玉で分子模型
  8. 液体キセノン検出器
  9. 食品安全、環境などの分析で中国機関と共同研究 堀場製
  10. 還元された酸化グラフェン(その1)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

PAGE TOP