[スポンサーリンク]

一般的な話題

汝ペーハーと読むなかれ

 

 

以下の文を声に出して読んでみてください

「中性の水のpHは7である。」

恐らく日本国民の半数は

“ちゅうせいのみずのぴーえっち(ぴーえいち)はななである”

と読み、残りの半数は

“ちゅうせいのみずのぺーはーはななである”

と読むのではないでしょうか。

 

では、自動車のBMWはいかがですか?さすがに”べーんべー“と読む人はいなくなったのではないでしょうか。驚くなかれ筆者が幼少のころはそのように読むのが一般的だったのです。

そうです。これらはアルファベットのドイツ語読み風日本語なのです。

ぺーはーというのも昔の方はそのように読む習慣があった名残ですが、現在ではピーエッチピーエイチと読むことが定められていますので、ペーハーと読む人が周りにいたらその人はドイツかぶれだと思ってください。筆者が学生の時、隣のラボで水酸化ナトリウムのことをえぬえーおーはーと呼んでいて失笑してしまったのはいい思い出です(少なくともえぬあーおーはーと呼ぶべきだし)。

 

外国由来のものを日本語で表現する時、外来語として外国語における読みをなんとなくカタカナに置き換えて呼んでしまう借用語というのにしてしまうことがあります。当然化学の世界でもそのような外来語が多数存在していることはご存知のとおりです。多くのものはほぼ万国共通語の英語です。オレフィンクロスメタセシスのことを不飽和二重結合交差複分解と言う人はいません。

 

借用語には圧倒的に英語が多いのは当然の成り行きですが、化学ではドイツ語由来のものもあります。それには歴史的経緯が少なからずあり、化学の黎明期はドイツの化学力は世界一ィであったこと、それに従って我が国の先人化学者がドイツに留学し、その知識を持ち帰ってきたこと、優れた化学の教科書がドイツ語であったことなどが考えられます。現在ではすっかりそのことも忘れがちではありますが、言葉としては定着してますね。

 

今月はNature Chemistry誌にthesisが無くネタがなくなってしまったので、先日Wikipediaで面白いページを見つけたので、その中からドイツ語由来の借用語をいくつか紹介しましょう。

まずは元素から

Kalium 和: カリウム

Natrium 和: ナトリウム

は有名ですかね。英語はpotassium、sodiumなのでドイツ語とはだいぶ異なります。その他にもSelenChromMolybdänなど英語では語尾に-iumとか-umがつくけど和名ではついていないものはほぼドイツ語由来です。ちなみにタングステンの元素記号がWなのはドイツ語のWolframからで、tungstenはスウェーデン語の重い石の意味だそうな。

 

さて次は実験器具から

Messzylinder 和: メスシリンダー 英: graduated cylinder

Messpipette 和: メスピペット 英: Mohr pipette

Messkolben 和: メスフラスコ 英: volumetric flask

メス?はドイツ語messenの測るの意味です。英語では全く異なる名前でほとんど通じませんので気を付けましょう。最後のメスフラスコは酷くて、ドイツ語と英語が混在しています(筆者は個人的にえぬえーおーはーを毎回思い出しているのは内緒です)。たまにフラスコをコルベンと呼ぶ方がいらっしゃいますが、その方はドイツかぶれとみて間違いないでしょう。

 

最後はおまけで

Energie 和: エネルギー 英: energy

Hormon 和: ホルモン 英: hormone

Aspirin 和: アスピリン 英: aspirin

なんかもあります。エネルギーは英語由来だと思ってましたが違うんですね。

 

有機化学ではWittig 和: ウィッティッヒが有名です。よくある間違いとしてWittingと現在進行形にしてしまったり、ヴィティグと英語風に読んだりしてしまいますがこれは誤りです。それを言うならウィッティッヒも厳密には誤りで、ドイツ語風に読むならヴィッティヒでしょうね。一方でアスピリンのBayer社はバイエルとちゃんとドイツ語読みになっているのに対して、Baeyer-Villiger酸化バイヤー・ビリガー酸化となっていて微妙です。ただドイツ人の発音もバイヤーっぽく発音してるのでよしとしますか。

近年パラジウム触媒反応によき用いられる配位子の開発で有名なMITのBuchwald教授は以前浦和レッズに在籍し、監督も務めた方の刷り込みでブッフバルトと読むと思っていましたが、米国人なのでバックワルドと読むと知った時の衝撃たるや(私だけでようか?)。ちなみにこのポスト現在Wikipediaのページはブッフバルトのままです。

 

最後は本当のオマケですが、ドイツ化学会誌Angewandte Chemie(応用化学)はなんと読むでしょうか?

アンゲバンテ ケミー? いえいえ”アンゲバンテ へミー“と読みましょう。ソースはこちら

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
ペリプラノン

ペリプラノン

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。

関連記事

  1. ウーロン茶の中でも医薬品の化学合成が可能に
  2. Whitesides’ Group: Writing…
  3. 肝はメチル基!? ロルカセリン
  4. Wiiで育てる科学の心
  5. 反応探索にDNAナノテクノロジーが挑む
  6. 分子の聖杯カリックスアレーンが生命へとつながる
  7. 色の変わる分子〜クロミック分子〜
  8. 今さら聞けないカラムクロマト

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (61)

  1. おもろい。しかし"ペーハーと読む人が周りにいたらその人はドイツかぶれだと思ってください"いや、単におぢさん(おばさん)なだけかも。

  2. 我がドイツの化学力は世界一ィィィィィィ

  3. 震災の取材で来日した人と、大学の先生のやりとりで、カリウムが通じず、「What?、カリウム? Curiumですか?」 「YES」みたいなヤバい英会話があった。おいおいって思ったが、ちきしょう、番組名が思い出せねぇ。

  4. 我がIT業界ではDBを「デービー」と読むが、ドイツ語と英語の見事な調和といっていいと思う。

  5. 面白い。 ドイツの科学力は世界一ぃぃぃぃぃ!!! が、その理由だった…か。

  6. なるほど、それで冒頭の画像がシュト○ハイム

  7. ロボットアニメ的にはエネルギーとエナジーは既にベツモノw

  8. アルファベットをドイツ語風に読んでただけだったとは…「ペーハー」という単位の略号がpHだと思ってたのに!

  9. べーんべー、とは読まないがあーまーげー、とは読んでしまう。アーエムゲーが正しいらしい。

  10. コッフェルではなくクッカー、ストックじゃなくてポールいずれアウトドアスポーツも英語にのっとられつつある

  11. そのうち結合エナジーとか言うようになるのか

  12. 生物学は英語化が進んでいる。例:リボゾーム→リボソーム、リンゲル液→リンガー液。ところが世界史では現地語化が進んでいる。マガリャンイスって誰?なぜか朝鮮人は朝鮮語読みなのに中国人はいまだに日本語読み。

  13. 今、「カロチン」て言わないしね(´・ω・`)

  14. ぺーはー

  15. 食品の成分でsodiumってなんだろう?って思ったなぁ… ”汝ペーハーと読むなかれ – 化学者のつぶやき -Chem-Station-”

  16. そういや最近「エーカーゲー(ECG)」と呼ぶ人いないな。

  17. 確かに、昔は言ってたね>べんべ/ドイツの科学と言えばフォルコメンハイトな天才・ヘルガな世代

  18. クーゲルロールとかはカッコいいからドイツ語のままがいいよね

  19. アーカーベー

  20. 三相誘導電動機を「モートル」と呼ぶのも、ドイツかぶれですか?いいえ、日立製作所社員です。

  21. いやー、いつまでたっても sodium とか慣れないですわ。

  22. フォントに不自由しなくなったから、ドイツ語読みさせたいときはフラクトゥールにすればいいということでしょうか。

  23. キナーゼかカイネースか。シュニットかハルンかエッセンかライヘかシュネルかゲバルティヒか。うーんわたし単なる年寄りじゃないの。

  24. 日本で診療録をカルテと呼ぶのだ、とドイツ人に言った時、ドイツ人はなんで???となっていた。ドイツ人的には、ドイツ語は世界の田舎の言語だと自虐的に思っているから。「5プロのツッカー」好きだけど・・・

  25. かぶれてるわけじゃないがペーハーと覚えてる(^^;;。この手の専門用語では、医療関係もドイツからが多かった記憶。

  26. どうせぺーはーで、べんべーで、あーかーげーで、かーげーべーですともさ。じじいだからだよっ。/音訳はなあ、どーしてもなー、なー。

  27. だって、ピーエイチよりペーハーの方が、口が楽だし…(カタカナ読みの場合)。同じ理由でエネルギーがエナジーになるのは良し。カルテ→診療録とかは以ての外。

  28. 私自身はペーハーで習ったけど今授業ではピーエイチで教えています。

  29. 医療関係だとドイツ語英語はもっと混在してる印象

  30. ドイツ語の方が気合い入るに決まってるではないか。フランケウントハイデッケ!シュナイダークロイツナッハ!

  31. 一般人ならともかく、いまどきの化学者なら当然ぺーはーと呼ばないよね。素人感まるだしだよね。ところでzwitterionはどうしようか悩んでるんだ http://en.wikipedia.org/wiki/Zwitterion ドイツ語由来だけど英語化してるのかな

  32. ペーハーでごめん。三つ子の魂百までだよ〜。シャーレもドイツ語?

  33. なるほど、pH をペーハーと読むのは BMW をベンベと読むのと同じか。へえ

  34. 玄人はミステル・ヤオイをどう呼ぶべきか。

  35. それは単に歳のせいな気が/近年は学名も英語風に発音されることが多くて寂しい…

  36. アインシュタインをエインステインと読むことはないだろうな.

  37. ペーハーと読んだ派。もしかして齢がばれる系の話題?別に隠してないけど。

  38. ガノタ的には「ラグランジュ・ポイント」とかなー。

  39. カルテ・カルタ・カードとか、小学校の国語の教材にあった気がする。/化学分野におけるドイツ語については、アシモフもぶつぶつ言っていたな。

  40. たーへるあなとみあ

  41. ペーハーだしウイルスだしカーゲーべーだ!(最後のは違う)

  42. 前「#年齢確認大喜利」で「pH」「ペーハー」「確認取れました」ってtweetしたら何人かから「えペーハーじゃないの」って言われたのを思い出した。

  43. 林家

  44. (物理版)以下の文を声に出して読んでみてください: E=hν

  45. おばさんなのでペーハーです。シーメンスは…シーメンスですね(上の世代だと"ジーメンス")

  46. それよりべーんべーというのは聞いた事あるけどBMWの事だというのをはじめてしって驚きを隠せない

  47. リヒャルト・ヴァーグナーをリチャードって発音したら世界を制服したろうっ!って気になれんではないか。/KGBはかつて「カーゲーべー」だた。(ロシア語だろうけど)

  48. 30代半ばですが、pHはペーハーだし、メス系は全部記事に書いてある通り呼ぶし、フラスコはコルベンとも呼ぶ。ドイツかぶれっていうか、学生時代の研究室や会社、つまり所属先でどう呼ぶかが全てな希ガスる。

  49. 外来語・日本語問題はどんな分野でもあるのな。 / 化学者のつぶやき -Chem-Station-

  50. ドイツかぶれな俺。

  51. 林家ピー、エッチ子

  52. カロチンもカロテンになりましたな

  53. ちなみに、カードとカルタとカルテは入ってきた国が違うだけで本来は同じ意味とのこと。グランドとゲレンデもそう。これらの便利な外来語にはいつも感心してる。

  54. 《ぺーはーというのも昔の方はそのように読む習慣があった名残ですが、現在ではピーエッチ、ピーエイチと読むことが定められていますので、ペーハーと読む人が周りにいたらその人はドイツかぶれだ》。

  55. つ Caesium

  56. 桃色クローバーズィー←こうか

  57. うちの子が化学を学習し始める前に、この記事を読んでよかった(・∀・)

  58. え?ペーハーじゃないの!?iOSでも「ぺーは」で「pH」を候補に出してくれるのに!!

  59. 生物系としてはドイツ語もさることながら、ラテン語の学名の読み方も気になる。Bacillusをバチルスと読むかバシラスと読むかとか。

  60. 「ぺーはー」より「ぴーえっち」の方がいいよと言ってきたけど、別にそんな問題じゃないような気もしてきた。

  61. はい、ドイツかぶれです。

注目情報

ピックアップ記事

  1. サノフィ・アベンティスグループ、「タキソテール」による進行乳癌の生存期間改善効果を発表
  2. ウッドワード・ホフマン則を打ち破る『力学的活性化』
  3. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉尾皓平教授
  4. レア RARE 希少金属の知っておきたい16話
  5. Ph.D. Comics – Piled Higher and Deeper
  6. 黎书华 Shuhua Li
  7. 4-ヨードフェノキシ酢酸:4-Iodophenoxyaceticacid
  8. アルケンのE/Zをわける
  9. アセチレン、常温で圧縮成功
  10. 化学合成で「クモの糸」を作り出す

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

プレプリントサーバー:ジャーナルごとの対応差にご注意を

先日のケムステニュースで、化学系プレプリントサーバーChemRxiv(ケムアーカイブ)が投稿を受け付…

芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

第116回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科 材料化学専攻 有機材料化学講座(中尾…

バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~

Tshozoです。女装とかそういう趣味は無いのですが嫁さん(実在)に付き合って化粧品コーナを回ること…

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP