[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

Classics in Total Synthesis

内容

本書は、すべての合成化学者必携の参考書。明快で見事な解説技巧により、優れた合成有機化学者の手による注目すべき独創的な全合成を紹介している。

複雑な合成法を初心者にも理解しやすくするために、それぞれの全合成を逆合成的に分析している。その後、各合成手順をじっくりと説明し、代替手法や予想される落とし穴に関するヒントを提示する。さらに、有益なレビューとオリジナル文献を数多く紹介するリファレンスが、本書をいっそう貴重な情報源にしている。

とくに目立つのが、グラフや図表の効果的な活用だ。逆合成分析や反応機構、立体化学的に重要な手順が、ボックス記事としてテキスト内に配置されている。参照を容易にするために、主要な中間体も余白に記載されている。

本書は大学院生にとっても研究者にとっても、日々の研究に欠かせない役立つ情報を満載した金鉱となるはずだ。合成有機化学の研究者なら、ぜひとも机に置いておきたい1冊だ。

対象

全合成を学ぶ学部生・大学院生以上。

 

評価・解説

天然物全合成の巨匠、K.C.Nicolaouによって編纂された本書では、古典から最新まで、全合成の歴史的傑作を集め、それらを詳細に解説しています。有機合成化学者を目指すならば一度は目を通しておきたい良著で、バイブルとも呼ぶべき最高の本の一つです。持っておいて損はしません。
ただ論文を並べただけでなく、反応機構・合成戦略・歴史的意義も詳細に記述してあるため、「全合成」という学問分野を体系的に学習できます。読み進めやすいよう、レイアウトの工夫も随所になされており、研究室のゼミの題材等にも最適です。

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 有機反応の立体選択性―その考え方と手法
  2. 堂々たる夢 世界に日本人を認めさせた化学者・高峰譲吉の生涯
  3. 創薬化学
  4. 英会話イメージリンク習得法―英会話教室に行く前に身につけておきた…
  5. HOW TO 分子シミュレーション―分子動力学法、モンテカルロ法…
  6. ハートウィグ有機遷移金属化学
  7. 研究者/研究力
  8. 理系のための就活ガイド

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 合同資源産業:ヨウ素化合物を作る新工場完成--長生村の千葉事業所 /千葉
  2. e.e., or not e.e.:
  3. 新たな特殊ペプチド合成を切り拓く「コドンボックスの人工分割」
  4. ストリゴラクトン : strigolactone
  5. 「男性型脱毛症薬が登場」新薬の承認を審議
  6. 官営八幡製鐵所関連施設
  7. 岩村 秀 Hiizu Iwamura
  8. Thomas R. Ward トーマス・ワード
  9. 海底にレアアース資源!ランタノイドは太平洋の夢を見るか
  10. クリーンなラジカル反応で官能基化する

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

ゾル-ゲル変化を自ら繰り返すアメーバのような液体の人工合成

第113回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程2年の小野田 実真(おの…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP