[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース

アロイ・フュルストナー Alois Furstner

2015-06-09_19-12-07

アロイ・フュルストナー (Alois Fürstner、1962年7月23日-)は、ドイツの有機化学者である。独マックス・プランク研究所 主任研究員。

経歴

1987 Technical University Graz 博士号取得 (H. Heidmann教授)
1990 Geneva大学 博士研究員 (W. Oppolzer教授)
1992 Technical University Graz
1993 ドルトムント工科大学 講師
1993 マックス・プランク研究所 グループリーダー
1998 マックス・プランク研究所 ディレクター
1998 ドルトムント工科大学教授

 

受賞歴

2000 Thieme-IUPAC prize
2002 アーサー・C・コープスカラー賞
2005 Mukaiyama Award
2006 Otto Bayer Prize
2008 Janssen Pharmaceutica Prize for Creativity in Organic Synthesis
2011 Prelog Medal, ETH Zurich, Switzerland
2011 Lilly European Distinguished Lectureship Award
2013 Kitasato Medal, Tokyo, Japan
2013 Karl Ziegler Prize of the German Chemical Society
2013 Prix Jaubert of the University of Geneva
2014 Gay-Lussac-Humboldt Prize
2014 Hans Herloff Inhoffen Medal

 

研究

新規金属触媒反応の開発と生理活性物質合成への応用

アルキンメタセシス[1,2]や、鉄触媒によるKochi-Furstnerクロスカップリングの研究を行い、それらを用いる独自の合成方法論の開拓を行っている (以下はcitreofuranの合成例[3])。

a_furstner_2.gif

コメント&その他

 

関連文献

  1. “Metathesis in Total Synthesis” Frstner, A. Chem. Commun. 2011, 47, 6505.
  2. “Olefin Metathesis and Beyond” Frstner, A. Angew. Chem. Int. Ed. 2000, 39, 3012
  3. Fürstner, A.  et al.. J. Org. Chem. 200368, 1521.  DOI: 10.1021/jo026686q

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ステフェン・リパード Stephen J. Lippard
  2. マイケル・オキーフィ Michael O’Keeff…
  3. 2015-06-06_11-32-43 フロイド・ロムスバーグ Floyd E. Romesberg
  4. 2015-09-01_13-43-09 フリッツ・ボーグテル Fritz Vogtle
  5. 2015-06-14_10-37-14 ロバート・グラブス Robert H. Grubbs
  6. Mitsuhiko Shionoya 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya
  7. ケンダール・ハウク Kendall N. Houk
  8. テッド・ベグリーTadhg P. Begley

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

.
.

ピックアップ記事

  1. R・スモーリー氏死去 米国のノーベル賞化学者
  2. 4-(ジメチルアミノ)ベンゼンチオール : 4-(Dimethylamino)benzenethiol
  3. 抗体結合ペプチドを用いる非共有結合的抗体-薬物複合体の創製 2016-11-26_21-52-18
  4. ランタノイド / lanthanide
  5. 史跡 土肥金山 toi_title
  6. キャリー・マリス Kary Banks Mullis 2015-07-23_00-43-37
  7. デス・マーチン酸化 Dess-Martin Oxidation 2014-10-26_00-32-44
  8. “腕に覚えあり”の若手諸君、「大津会議」を目指そう!
  9. おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~中級編~
  10. 耐熱性生分解プラスチック開発 150度でも耐用 阪大

注目記事

関連商品

注目情報

.
.
.
.

試薬検索:東京化成工業



最新記事

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-04-15-00-20 有機分子触媒の化学 -モノづくりのパラダイムシフト

内容有機分子触媒は,取扱いの容易さだけでなく,環境負荷の軽減やレアメタルの枯渇・高騰といった…

border-security-380x260 オーストラリア国境警備で大活躍の”あの”機器

シドニー国際空港では税関職員が一人の怪しい男に目を付けた。(中略)彼の持ち物の付着物からなんとコカイ…

【朗報】HGS分子構造模型が入手可能に!

「日ノ本合成樹脂製作所」の廃業にともない入手困難になっていた、「HGS分子構造模型」がなんと再販され…

2016-11-26_21-52-18 抗体結合ペプチドを用いる非共有結合的抗体-薬物複合体の創製

第69回目となるスポットライトリサーチは、東京薬科大学 薬学部(林良雄 研究室) 博士課程3年・六車…

aaeaaqaaaaaaaayoaaaajgfhm2u1ody4ltjkyjatndi4zc05odjhltcxnjm2nzyzodnmnw 京大北川教授と名古屋大学松田教授のグループが”Air Liquide Essential Molecules Challenge”にて入賞

Prof. Ryotaro Matsuda, the Graduate School of Engi…

2016-11-28_14-29-56 気になるあの会社~東京エレクトロン~

ケムステでは、民間企業についての記事をたくさん取り扱ってきました。今回は、ちょっと前に新聞に周期表の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP