[スポンサーリンク]


2009年 6月

  1. プリリツェフ エポキシ化 Prilezhaev Epoxidation

    概要過酸を用いてオレフィンをエポキシドに変換する反応。中でもm-クロロ過安息香酸(mCPBA)は、固体であること、および比較的爆発性に乏しいことを理由に、実験室レベルで多用される。ジメチルジオキシランなども同様の目的に用…

  2. シャープレス不斉ジヒドロキシル化 Sharpless Asyemmtric Dihydroxylation (SharplessAD)

    概要・Sharplessらはcinchona alkaloid(キニジン、キニーネ)由来の不斉配…

  3. コーリー・フックス アルキン合成 Corey-Fuchs Alkyne Synthesis

    概要アルデヒドからの一炭素増炭(Homologation)によるアルキン合成法。1,1-…

  4. コーリー・バクシ・柴田還元 Corey-Bakshi-Shibata (CBS) Reduction

    概要プロリンから容易に誘導されるキラルオキサザボロリジン触媒とボランを用いて、ケ…

  5. 向山酸化 Mukaiyama Oxidation

    アルコール→アルデヒド、ケトン概要Swern酸化は副反応も少なく実用性が高い一方で、低温無水…

  6. ウォール・チーグラー臭素化 Wohl-Ziegler Bromination

  7. 高井・内本オレフィン合成 Takai-Utimoto Olefination

  8. 『リンダウ・ノーベル賞受賞者会議』を知っていますか?

  9. PCC/PDC酸化 PCC/PDC Oxidation

  10. ウルマンカップリング Ullmann Coupling

  11. ジュリア・リスゴー オレフィン合成 Julia-Lythgoe Olefination

  12. ジョーンズ酸化 Jones Oxidation

  13. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Amination

  14. 向山アルドール反応 Mukaiyama Aldol Reaction

  15. エステル、アミド、ニトリルの金属水素化物による部分還元 Partial Reduction of Esters, Amides nad Nitriles with Metal Hydride

  16. バックワルド・ハートウィグ クロスカップリング Buchwald-Hartwig Cross Coupling

スポンサー

ピックアップ記事

  1. アメリカの研究室はこう違う!研究室内の役割分担と運営の仕組み
  2. NMRの測定がうまくいかないとき
  3. DNAを切らずにゲノム編集-一塩基変換法の開発
  4. ダウとデュポンの統合に関する小話
  5. アンリ・カガン Henri B. Kagan
  6. テトロドトキシン Tetrodotoxin
  7. リンと窒素だけから成る芳香環

注目情報

最新記事

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

PAGE TOP