[スポンサーリンク]


2009年 6月

  1. プリリツェフ エポキシ化 Prilezhaev Epoxidation

    概要過酸を用いてオレフィンをエポキシドに変換する反応。中でもm-クロロ過安息香酸(mCPBA)は、固体であること、および比較的爆発性に乏しいことを理由に、実験室レベルで多用される。ジメチルジオキシランなども同様の目的に用…

  2. シャープレス不斉ジヒドロキシル化 Sharpless Asyemmtric Dihydroxylation (SharplessAD)

    概要・Sharplessらはcinchona alkaloid(キニジン、キニーネ)由来の不斉配…

  3. コーリー・フックス アルキン合成 Corey-Fuchs Alkyne Synthesis

    概要アルデヒドからの一炭素増炭(Homologation)によるアルキン合成法。1,1-…

  4. コーリー・バクシ・柴田還元 Corey-Bakshi-Shibata (CBS) Reduction

    概要プロリンから容易に誘導されるキラルオキサザボロリジン触媒とボランを用いて、ケ…

  5. 向山酸化 Mukaiyama Oxidation

    アルコール→アルデヒド、ケトン概要Swern酸化は副反応も少なく実用性が高い一方で、低温無水…

  6. ウォール・チーグラー臭素化 Wohl-Ziegler Bromination

  7. 高井・内本オレフィン合成 Takai-Utimoto Olefination

  8. 『リンダウ・ノーベル賞受賞者会議』を知っていますか?

  9. PCC/PDC酸化 PCC/PDC Oxidation

  10. ウルマンカップリング Ullmann Coupling

  11. ジュリア・リスゴー オレフィン合成 Julia-Lythgoe Olefination

  12. ジョーンズ酸化 Jones Oxidation

  13. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Amination

  14. 向山アルドール反応 Mukaiyama Aldol Reaction

  15. エステル、アミド、ニトリルの金属水素化物による部分還元 Partial Reduction of Esters, Amides nad Nitriles with Metal Hydride

  16. バックワルド・ハートウィグ クロスカップリング Buchwald-Hartwig Cross Coupling

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授
  2. タンパク質の定量法―ビューレット法 Protein Quantification – Biuret Test
  3. マイクロリアクターによる合成技術【終了】
  4. Biotage Selekt+ELSD【実機レビュー】
  5. 172番元素までの周期表が提案される
  6. 可視光酸化還元触媒 Visible Light Photoredox Catalyst
  7. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用展開~

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP