[スポンサーリンク]


2009年 6月

  1. デーヴィス酸化 Davis Oxidation

    概要エノラートアニオンを2-スルホニルオキサジリジン(N-sulfonyloxaziridines: Davis試薬)で処理することで、ケトンやエステルのα位を穏和な条件下に酸化することができる。カンファースルホン酸由来の光学活…

  2. アーント・アイシュタート合成 Arndt-Eistert Synthesis

    概要酸塩化物とジアゾメタンとの反応で生じるジアゾケトンのWolff転位は、特にA…

  3. 森田・ベイリス・ヒルマン反応 Morita-Baylis-Hillman Reaction

    概要アルデヒド/イミンと電子不足アルケンを用いる、求核触媒による炭素-炭素結合形…

  4. ピナコール転位 Pinacol Rearrangement

    概要vic-ジオール化合物(ピナコール)は強酸性条件に伏すと、脱水を伴った転位を…

  5. アルコールのアルカンへの還元 Reduction from Alcohol to Alkane

    概要アルコールをアルカンへと直接還元することは一般に困難である。ハロゲン…

  6. 化学のブレークスルー【有機化学編】

  7. マルチディスプレイを活用していますか?

  8. ニュースタッフ

  9. 三枝・伊藤 インドール合成 Saegusa-Ito Indole Synthesis

  10. ベンゾイン縮合反応 Benzoin Condensation

  11. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (RuO4)

  12. 2009年ノーベル賞受賞者会議:会議の一部始終をオンラインで

  13. ピナコールカップリング Pinacol Coupling

  14. 檜山クロスカップリング Hiyama Cross Coupling

  15. クライゼン縮合 Claisen Condensation

  16. 山口マクロラクトン化 Yamaguchi Macrolactonizaion

スポンサー

ピックアップ記事

  1. リボフラビンを活用した光触媒製品の開発
  2. TEMPO酸化 TEMPO Oxidation
  3. 有機合成化学協会誌2020年4月号:神経活性化合物・高次構造天然物・立体選択的エーテル環構築・二核ルテニウム錯体・多点認識型含窒素複素環カルベン
  4. アンモニアの安全性あれこれ
  5. ゲラニオール
  6. ウィリアム・ロウシュ William R. Roush
  7. 理研、119番以降の「新元素」実験開始へ 露と再び対決 ニホニウムに続く「連勝」狙う

注目情報

最新記事

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

PAGE TOP