[スポンサーリンク]


2009年 6月

  1. リチャード・ゼア Richard N. Zare

    リチャード・N・ゼア(Richard N. Zare、1939年11月19日-)は、アメリカの物理化学者、分析化学者である(写真:Zarelab)。米スタンフォード大学教授。 (さらに…)…

  2. ウォルフ・キシュナー還元 Wolff-Kishner Reduction

    アルデヒド・ケトン→アルカン概要カルボニルからメチレンへの還元反応。NaOHやKOH…

  3. クネーフェナーゲル縮合 Knoevenagel Condensation

    概要活性メチレン化合物はアルデヒド・ケトンと脱水縮合を起こし、置換オレフィンを与…

  4. 玉尾・フレミング酸化 Tamao-Fleming Oxidation

    概要アルコキシドなどのヘテロ元素置換基を持つ有機ケイ素化合物は、フッ素源および弱塩基の存在下、過…

  5. TEMPO酸化 TEMPO Oxidation

     概要2,2,6,6-テトラメチルピペリジン-1-オキシルラジカル (TEMPO)は、非常に安定…

  6. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allylation

  7. バーチ還元 Birch Reduction

  8. 福山アミン合成 Fukuyama Amine Synthesis

  9. 金属水素化物による還元 Reduction with Metal Hydride

  10. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction

  11. 福山インドール合成 Fukuyama Indole Synthesis

  12. クルチウス転位 Curtius Rearrangement

  13. ヴィルスマイヤー・ハック反応 Vilsmeier-Haack Reaction

  14. ウィリアムソンエーテル合成 Williamson ether synthesis

  15. アッペル反応 Appel Reaction

  16. フリーデル・クラフツアルキル化 Friedel-Crafts Alkylation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 複雑なモノマー配列を持ったポリエステル系ブロックポリマーをワンステップで合成
  2. 力を加えると変色するプラスチック
  3. 理系の海外大学院・研究留学記
  4. ペラミビル / Peramivir
  5. 研究者の活躍の場は「研究職」だけなのだろうか?
  6. 「魔法の水でゴミの山から“お宝”抽出」
  7. 東大キャリア教室で1年生に伝えている大切なこと: 変化を生きる13の流儀

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP