[スポンサーリンク]


2009年 6月

  1. リチャード・ゼア Richard N. Zare

    リチャード・N・ゼア(Richard N. Zare、1939年11月19日-)は、アメリカの物理化学者、分析化学者である(写真:Zarelab)。米スタンフォード大学教授。 (さらに…)…

  2. ウォルフ・キシュナー還元 Wolff-Kishner Reduction

    アルデヒド・ケトン→アルカン概要カルボニルからメチレンへの還元反応。NaOHやKOH…

  3. クネーフェナーゲル縮合 Knoevenagel Condensation

    概要活性メチレン化合物はアルデヒド・ケトンと脱水縮合を起こし、置換オレフィンを与…

  4. 玉尾・フレミング酸化 Tamao-Fleming Oxidation

    概要アルコキシドなどのヘテロ元素置換基を持つ有機ケイ素化合物は、フッ素源および弱塩基の存在下、過…

  5. TEMPO酸化 TEMPO Oxidation

     概要2,2,6,6-テトラメチルピペリジン-1-オキシルラジカル (TEMPO)は、非常に安定…

  6. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allylation

  7. バーチ還元 Birch Reduction

  8. 福山アミン合成 Fukuyama Amine Synthesis

  9. 金属水素化物による還元 Reduction with Metal Hydride

  10. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reaction

  11. 福山インドール合成 Fukuyama Indole Synthesis

  12. クルチウス転位 Curtius Rearrangement

  13. ヴィルスマイヤー・ハック反応 Vilsmeier-Haack Reaction

  14. ウィリアムソンエーテル合成 Williamson ether synthesis

  15. アッペル反応 Appel Reaction

  16. フリーデル・クラフツアルキル化 Friedel-Crafts Alkylation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 有機合成化学協会誌2022年1月号:無保護ケチミン・高周期典型金属・フラビン触媒・機能性ペプチド・人工核酸・脂質様材料
  2. カスケード反応で難関天然物をまとめて攻略!
  3. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part I
  4. 金属原子のみでできたサンドイッチ
  5. 分子レベルでお互いを見分けるゲル
  6. 直鎖アルカンの位置選択的かつ立体選択的なC–H結合官能基化
  7. エマニュエル・シャルパンティエ Emmanuel Charpentie

注目情報

最新記事

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

ファラデーのつくった世界!:−ロウソクの科学が歴史を変えた

こんにちは、Spectol21です!ノーベル賞受賞の吉野彰先生が、吉野先生の研究者と…

PAGE TOP