[スポンサーリンク]

archives

TFEDMA

mfcd08461915.gif

Aldrich  】
TFEDMA:1,1,2,2-Tetrafluoro-N,N-dimethylethylamine
分子量:145.10
製品コード: 693332
値段: 5g 13,000円 (2008.10.22 現在)
用途:フッ素化剤
説明:ポリエチレン製、テフロンR 製または金属製の容器に長期間保存可能。。フッ素化反応で生じるTFEDMA のアミド副生成物は水溶性であり、通常は反応混合物を水で洗浄することによって取り除くことができるため、反応の後処理が容易である。
文献:Petrov, V. A. et al. J. Fluorine Chem. 2001, 109, 25.
その他フッ素剤に関する記事:ChemFiles8-3 (Aldrich カタログ:PDFファイル)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 若手&高分子を専門としていない人のための『速習 高分子化学 入門…
  2. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)イリジウム(I) (ダイマー…
  3. フィルム製造プロセスのスキルアップ【終了】
  4. シランカップリング剤入門【終了】
  5. 3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Met…
  6. ラボでのスケールアップ検討と晶析・攪拌でのトラブル対応策【終了】…
  7. トリフルオロ酢酸パラジウム(II):Palladium(II) …
  8. n型半導体特性を示すペリレン誘導体

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始
  2. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello
  3. 三共・第一製薬の完全統合、半年程度前倒しを検討
  4. ブーボー/ボドロー・チチバビン アルデヒド合成 Bouveault/Bodroux-Chichibabin Aldehyde Synthesis
  5. テキサス大教授Science論文捏造か?
  6. プレヴォスト/ウッドワード ジヒドロキシル化反応 Prevost/Woodward Dihydroxylation
  7. エーザイ、米国で抗てんかん剤「Banzel」(ルフィナミド)の小児適応の承認取得
  8. 日本化学会と対談してきました
  9. クレアチン creatine 
  10. Nitrogen Enriched Gasoline・・・って何だ?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP