[スポンサーリンク]

archives

TFEDMA

[スポンサーリンク]

mfcd08461915.gif

Aldrich  】
TFEDMA:1,1,2,2-Tetrafluoro-N,N-dimethylethylamine
分子量:145.10
製品コード: 693332
値段: 5g 13,000円 (2008.10.22 現在)
用途:フッ素化剤
説明:ポリエチレン製、テフロンR 製または金属製の容器に長期間保存可能。。フッ素化反応で生じるTFEDMA のアミド副生成物は水溶性であり、通常は反応混合物を水で洗浄することによって取り除くことができるため、反応の後処理が容易である。
文献:Petrov, V. A. et al. J. Fluorine Chem. 2001, 109, 25.
その他フッ素剤に関する記事:ChemFiles8-3 (Aldrich カタログ:PDFファイル)

関連記事

  1. ジメシチルフルオロボラン:Dimesitylfluorobora…
  2. ベンゾ[1,2-b:4,5-b’]ジチオフェン:Be…
  3. トリフェニル-2,6-キシリルビスムトニウムテトラフルオロボラー…
  4. ケムステの記事が3650記事に到達!
  5. 日本化学会ケムステイブニングミキサーへのお誘い
  6. Shvo触媒 : Shvo’s Catalyst
  7. 1-(3-ジメチルアミノプロピル)-3-エチルカルボジイミド :…
  8. シリカゲル担持4-ヒドロキシ-TEMPOを用いたアルコール類の空…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アスパラプチン Asparaptine
  2. “秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC
  3. 水中で光を当てると水素が湧き出るフィルム
  4. 核のごみを貴金属に 現代の錬金術、実験へ
  5. イオン性置換基を有するホスホール化合物の発光特性
  6. これからの研究開発状況下を生き抜くための3つの資質
  7. フルエッギン Flueggine
  8. 元素川柳コンテスト募集中!
  9. 第63回―「生物のコミュニケーションを司る天然物化学」矢島 新 教授
  10. アメリカで Ph.D. を取る –エッセイを書くの巻– (前編)

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP