[スポンサーリンク]

archives

TFEDMA

mfcd08461915.gif

Aldrich  】
TFEDMA:1,1,2,2-Tetrafluoro-N,N-dimethylethylamine
分子量:145.10
製品コード: 693332
値段: 5g 13,000円 (2008.10.22 現在)
用途:フッ素化剤
説明:ポリエチレン製、テフロンR 製または金属製の容器に長期間保存可能。。フッ素化反応で生じるTFEDMA のアミド副生成物は水溶性であり、通常は反応混合物を水で洗浄することによって取り除くことができるため、反応の後処理が容易である。
文献:Petrov, V. A. et al. J. Fluorine Chem. 2001, 109, 25.
その他フッ素剤に関する記事:ChemFiles8-3 (Aldrich カタログ:PDFファイル)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. はてブ週間ランキング第一位を獲得
  2. 1-(3-ジメチルアミノプロピル)-3-エチルカルボジイミド :…
  3. (-)-MTPA-Cl
  4. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-…
  5. 化合物太陽電池の開発・作製プロセスと 市場展開の可能性【終了】
  6. 新コンテンツ「ケムステまとめ」をオープン
  7. 目からウロコの熱伝導性組成物 設計指南
  8. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機アジド(4)ー芳香族アジド化合物の合成
  2. 宇部興産、オランダDSM社と「キラル技術」で提携
  3. ランタノイド Lanthanoid
  4. エルマンイミン Ellman’s Imine
  5. チャールズ・クリスギ Charles T. Kresge
  6. ニュースタッフ追加
  7. 色の変わる分子〜クロミック分子〜
  8. BASF150年の歩みー特製ヒストリーブックプレゼント!
  9. ピーター・リードレイ Peter Leadlay
  10. 元素周期 萌えて覚える化学の基本

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP