[スポンサーリンク]

archives

水素化ほう素ナトリウム : Sodium Borohydride

ほう化ニッケルが媒介する1,3-ジチオランの開裂反応

KhuranaとMagooはほう化ニッケルが媒介する1,3-ジチオランの還元的脱硫反応により対応する炭化水素が高収率で得られることを報告しています。本報告によれば,メタノール/THF (4:1)中で1,3-ジチオランと塩化ニッケル(II),水素化ほう素ナトリウムを1:5:15または1:10:30のモル比で用いたときに反応が効果的に進行しています。この水素化分解反応は室温下の温和条件で進行し,短時間で完結します。なお,反応に際して空気の遮断を必要としません。

“Nickel Boride–Mediated Cleavage of 1,3-Dithiolanes: A Convenient Approach to Reductive Desulfurization”

J. M. Khurana, D. Magoo, Synth. Commun. 2010, 40, 2908. DOI: 10.1080/00397910903340652

1,3-Dithiolanes are rapidly cleaved by nickel boride, generating corresponding hydrocarbons in excellent yields. The hydrogenolysis is rapid at room temperature and does not require protection from the atmosphere. Mild reaction conditions, simple workup, and good yields of pure products are some of the major advantages of the procedure.

関連記事

  1. サーバーを移転しました
  2. ピセン:Picene
  3. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand
  4. よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide…
  5. モリブデン触媒
  6. エチルマグネシウムクロリド(活性化剤:塩化亜鉛):Ethylma…
  7. 有機溶媒系・濃厚分散系のための微粒子分散・凝集評価【終了】
  8. ジメシチルフルオロボラン:Dimesitylfluorobora…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ミッドランド還元 Midland Reduction
  2. NeoCube 「ネオキューブ」
  3. ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法
  4. 化学のブレークスルー【有機化学編】
  5. 2005年9-10月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  6. アーサー・C・コープ賞・受賞者一覧
  7. ついったー化学部
  8. 徒然なるままにセンター試験を解いてみた(2018年版)
  9. 文献管理ソフトを徹底比較!
  10. 透明金属が拓く驚異の世界 不可能に挑むナノテクノロジーの錬金術

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

化学の学びと研究に役立つiPhone/iPad app 9選

筆者の最近では、ちょっとした計算や反応機構を描くツールとしてipadアプリ"GoodNotes"を使…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP