[スポンサーリンク]

archives

水素化ほう素ナトリウム : Sodium Borohydride

ほう化ニッケルが媒介する1,3-ジチオランの開裂反応

KhuranaとMagooはほう化ニッケルが媒介する1,3-ジチオランの還元的脱硫反応により対応する炭化水素が高収率で得られることを報告しています。本報告によれば,メタノール/THF (4:1)中で1,3-ジチオランと塩化ニッケル(II),水素化ほう素ナトリウムを1:5:15または1:10:30のモル比で用いたときに反応が効果的に進行しています。この水素化分解反応は室温下の温和条件で進行し,短時間で完結します。なお,反応に際して空気の遮断を必要としません。

“Nickel Boride–Mediated Cleavage of 1,3-Dithiolanes: A Convenient Approach to Reductive Desulfurization”

J. M. Khurana, D. Magoo, Synth. Commun. 2010, 40, 2908. DOI: 10.1080/00397910903340652

1,3-Dithiolanes are rapidly cleaved by nickel boride, generating corresponding hydrocarbons in excellent yields. The hydrogenolysis is rapid at room temperature and does not require protection from the atmosphere. Mild reaction conditions, simple workup, and good yields of pure products are some of the major advantages of the procedure.

関連記事

  1. グライコシンターゼ (Endo-M-N175Q) : Glyco…
  2. トリフェニル-2,6-キシリルビスムトニウムテトラフルオロボラー…
  3. トリフルオロメタンスルホン酸ランタン(III):Lanthanu…
  4. C60MC12
  5. イリジウム錯体:Iridium-complex
  6. グラフェン技術の最先端 ~量産技術と使いやすさの向上、今後の利用…
  7. Horner-Emmons 試薬
  8. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際2【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  2. 穴の空いた液体
  3. ドイツのマックス・プランク研究所をご存じですか
  4. 掃除してますか?FTIR-DRIFTチャンバー
  5. Bergfriendhof (山の墓地)
  6. ステッター反応 Stetter reaction
  7. Bayer/Janssen Rivaroxaban 国内発売/FDA適応拡大申請
  8. 東芝:新型リチウムイオン電池を開発 60倍の速さで充電
  9. バールエンガ試薬 Barluenga’s Reagent
  10. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allylation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP