[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

  1. 磁性液体:常温で液体になる磁性体を初発見 東大大学院

    鉄のように磁石に引き寄せられる性質(磁性)を持つ新しい液体を見つけたと9日、東京大大学院理学系研究科の浜口宏夫教授(物理化学)と大学院生の林賢さん(26)が発表した。常温で液体になる磁性体の発見は初めて。薬と結合させ、磁石を使って体内の目的…

  2. 分子積み木による新規ゼオライト合成に成功、産総研

    産業技術総合研究所(吉川弘之理事長)東北センターメンブレン科学研究ラボは、独自合成した層状のケイ酸塩…

  3. 風力で作る燃料電池

    CO2を発生しない自然エネルギー、燃料電池の研究が道内でも進んでいます。厚田村では、民間企業と北大が…

  4. イチゴ生育に燃料電池

    ビニールハウスでのイチゴ栽培に燃料電池を使うユニークな実証試験を、三重県などが始める。電池から発生す…

  5. 「マイクロリアクター」装置化に成功

    大日本スクリーン製造は28日、化学や製薬業界で開発製造期間の短縮を実現する次世代反応装置「マイクロリ…

  6. 昭和電工、青色LEDに参入

  7. 室内照明で部屋をきれいに 汚れ防ぐ物質「光触媒」を高度化

  8. 人工タンパク質、合成に成功 北陸先端大、エイズ薬剤開発に道

  9. 福井鉄道と大研化学工業、11月に電池使い車両運行実験

  10. 石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に

  11. 三菱商事ナノテク子会社と阪大院、水に濡れるフラーレンを共同開発

  12. ナノってなんて素敵ナノ

  13. 「田中さん惜しかった」--分解酵素「プロテアソーム」を精製

  14. 理化学研究所が新元素発見 名前は「リケニウム」?

  15. ノーベル化学賞、米・イスラエルの3氏に授与

  16. ノーベル医学生理学賞、米の2氏に

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 「一家に1枚」ポスターの企画募集
  2. エーザイ 巨大市場、抗ガン剤開発でライバルに先行
  3. 天然イミンにインスパイアされたペプチド大環状化反応
  4. アマドリ転位 Amadori Rearrangement
  5. 福井鉄道と大研化学工業、11月に電池使い車両運行実験
  6. 環境省、04年版「化学物質ファクトシート」作成
  7. 米デュポンの7-9月期、ハリケーン被害などで最終赤字

注目情報

最新記事

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

PAGE TOP