[スポンサーリンク]

ケムステニュース

メルク、途上国でエイズ抑制剤を20%値下げ

 

エファビレンツ製薬大手メルクは、大衆薬との競合激化を受け、エイズ発症を抑制する処方薬「ストクリン」の価格を発展途上国で20%引き下げた。

 ロイター通信によると、値下げはオーストラリアの新工場における生産工程の効率改善がもたらした経費削減によって実現した。600ミリグラムの価格はこれまでの1日95セントから76セント(年間277.40ドル)となる。(引用:Usfl.com)

?

 ストクリン(Stocrinは一般名をエファビレンツ(Efavirenz)という、エイズ発症抑制剤(非核酸系逆転写酵素阻害剤)です。アメリカではサスティバRという名称で売られています。

ストクリンは、最初に使った薬剤が効かないか副作用が激しい患者に処方されることが多く、他のエイズ薬と同様、ウイルスが治療への抵抗力を持つリスクを削減するために別の抗レトロウイルス薬と一緒に服用されます。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「物質と材料のふしぎ」4/17&21はNIMS一般公開
  2. メルク、主力薬販売停止で15%減益
  3. 田辺製薬と三菱ウェルファーマが10月1日に合併へ‐新社名は「田辺…
  4. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発
  5. 中外製薬、抗悪性腫瘍剤「エルロチニブ塩酸塩」の製造販売承認を申請…
  6. のむ発毛薬で五輪アウトに
  7. 「イスラム国(ISIS)」と同名の製薬会社→社名変更へ
  8. イタリアに医薬品販売会社を設立 エーザイ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第14回「らせん」分子の建築家ー八島栄次教授
  2. アルミニウム Aluminium 最も多い金属元素であり、一円玉やアルミホイルの原料
  3. 来年は世界化学年:2011年は”化学の年”!
  4. 粉いらずの指紋検出技術、米研究所が開発
  5. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytzani-Stephanopoulos
  6. アレーン類の直接的クロスカップリング
  7. ノーベル化学賞田中さん 富山2大学の特任教授に
  8. ビス(トリ-o-トリルホスフィン)パラジウム(II) ジクロリド:Bis(tri-o-tolylphosphine)palladium(II) Dichloride
  9. 沖縄科学技術大学院大学(OIST) 教員公募
  10. 研究リーダーがPJを成功に導く秘訣

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化

第149回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科 博士後期課程3年の木下 拓也 (きの…

有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間interrupted Pummerer反応・高共役拡張ポルフィリノイド・イナミド・含フッ素ビニルスルホニウム塩・ベンゾクロメン

化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年7月号がオンライン公開されました。今月号のキ…

ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

ウィリアム・R・ロウシュ(William R. Roush、1952年2月20日(Chula Vis…

研究リーダーがPJを成功に導く秘訣

研究者が民間企業での面接において将来の展望について質問をされると、いずれは研究部門をまとめるリーダー…

ハワイ州で日焼け止め成分に規制

(CNN) 米ハワイ州のデービッド・イゲ知事は3日、サンゴ礁への有害性が指摘される成分を含んだ日焼け…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP