[スポンサーリンク]

会告

日本化学会がプロモーションムービーをつくった:ATP交流会で初公開

[スポンサーリンク]

表題にあるとおり、なんと日本化学会がプロモーションビデオ(PV)をつくったらしいです。

「なんのプロモーションだ!」「一体どんな内容なんだ!」

気になる読者の方は多いと思いますが、どうやら日本化学会年会中に行われる「ATP交流会」でお披露目されるとのこと。え、そもそもATPって?交流会って?と聞いてもピンとこない人がほとんどだと思います。うちのラボの学生に聞いても一人も知りませんでした。実をいうと僕もよくわかっておりません。

簡単にいえば、「年会参加者ならば企業の方と知り合いながら飲み食いできる会」です。我々と日本化学会で主宰している「ケムステイブニングミキサー」の友達対象者が「企業の方」のようなものでしょうか。

というわけでATPとその交流会について少しお話してみようと思います。

ATPとはその交流会とは

まずはATPってなんぞや?というところから。日本化学会年会ページをみてみるとATPとは

アドバンスト・テクノロジー・プログラム(ATP)は, 化学を中心とする幅広い分野において産業界が注目するテ ーマにスポットを当て,産学官の研究者が一堂に会して最先端の技術や市場動向についてディスカッションできる企画です。14 回目となる今回は,基盤技術/エネルギー/ヘル スケアの 3 分野における 12 の「ATP セッション」に加え, ニーズとシーズのマッチングを志向した「ATPポスター」, ざっくばらんに議論ができる「ATP 交流会」を実施し,産学官連携のきっかけとなる場を提供します。(引用:日本化学会年会プログラム)

ということらしいです。まず名前が悪いですね。ATP=アドバンスド・テクノロジー・プログラムって誰がわかるのでしょうか。ATPっていうとアデノシン三リン酸しかでてきません。変更することを提案します。長年開催されていて、講演自体もとっても面白い企画ですが、これでは、少なくとも学生はよくわかりません。ATP交流会もこのプログラムに参加したひとではないと参加できないように思えます。

ATPプログラム・ポスター・交流会の様子(出典:化学と工業)

しかし!そうではなく、日本化学会の年会参加者だったら誰でも参加できるのです。また学生は無料(飲食有)というのですから参加しないわけにはいけません。

ATP交流会2018

今年のATP交流会は以下のとおりを予定しています。

  実施日 3月 20日 (火) 18時 ~ 19時 30分
会場 日本大学理工学部 船橋キャンパス ファラディホール
プログラム
18:00- 開会
開会挨拶(花王)武馬 吉則
会長挨拶(中部大)山本 尚
乾杯(東工大)高田 十志和
18:10- 歓談
18:55- 化学会PV初お披露目
19:00- 抽選会
19:25- 閉会挨拶(三菱ケミカルHD)浦田 尚男

参加する利点になりそうなものは

  1. 化学会PVの初披露があり、PVを閲覧できる
  2. 交流会は多くの企業の方とお話できる貴重な機会である、特に就職活動を控えた修士、博士学生にとっては就職活動を行う上で大いに役立つ
  3. 学生にとっては普段直接接することが少ない一流企業の方や官公庁、新進気鋭の大学の先生と交流することができ、今後社会に出た後に役立つ多くのアドバイスを得られる
  4. 現在の研究分野から、今後、産官学のつながりを意識した応用面を見据えた発展性の付与について考える上でのヒントを得られる
  5. 「学生は参加費が無料」で飲食でき、景品がもらえる抽選会も行います。

一見して圧倒的に5が魅力的にみえますが、飲食目的で参加しても、そこは化学会。みな化学に興味をもって化学の研究を行い、学んでいる人たちばかり。特に企業の研究者とはフランクな場で知り合う機会なんてめったにありません。飲食なんてどうでもいいぐらい良い出会いがあるかもしれませんよ。というより自分で積極的につくってみてください。

ケムステイブニングミキサーと同会場で前日に開催されるので、ぜひご参加あれ!うちの研究室の学生にもおすすめしてみることとします。

あなたの将来を考えるランチオン相談会

別件ですが、同じように産業界の方とふれあえる年会の行事として、「あなたの将来を考えるランチオン相談会」もおすすめです。お昼を食べながらまったりと参加できます。申し込み簡単なQRコードを示しておきます。

申込みはこちら

詳細は以下のとおり。申し込みが少なく困っているらしいですが、おそらくここに掲載するとすぐ埋まってしまう気がするのでお早めに!

趣旨 科学技術で生き残りを図る日本においては,科学技術を推進する原動力,イノベーションの担い手として,アカデミアのみならず産業界においても高度な知識と研究開発力を持った人財が変革の時代を迎える今こそ必要です。本企画では,人財の育成に取り組んで頂いている方からのメッセージを貰うとともに,ランチョンセミナーで,企業の研究者,研究管理者と共にあなたのキャリアパスについて考えて見たいと思います。
実施日
3月 22日(木) 11時 30分 ~ 13時会場S8 会場(14号館 3階 1432教室)プログラム

11:30-
話題提供『企業が求める化学者像』(東レ)長瀬 公一
11:45-
企業研究者・研究管理者紹介
■企業研究管理者:長瀬 公一(東レ),矢作 和行(花王),林 健太郎(三菱ケミカル),他1名を予定。
■企業若手研究者:吉本 幸平(ニコン),張 話明(Bosch),他2名を予定。
■女性研究者,研究管理者:渡辺 訓江(ブリヂストン),他1名を予定。
■アカデミア,国研:中村 暢文(東農工大),他1名を予定
12:00-
ランチョングループディスカッション
参加費
無料(年会登録者に限る)
申込方法
Web(goo.gl/DMB6tz)よりお申込み(先着50名)席数に余裕がある場合には,当日の朝10時より総合受付付近にて整理券配布予定です。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 4つの性がある小鳥と超遺伝子
  2. 有機合成化学協会誌2019年8月号:パラジウム-フェナントロリン…
  3. 一流科学者たちの経済的出自とその考察
  4. 日本ビュッヒ「Cartridger」:カラムを均一・高効率で作成…
  5. 有機合成化学協会誌10月号:不飽和脂肪酸代謝産物・フタロシアニン…
  6. 電子不足トリプトファン誘導体を合成する人工酵素
  7. 光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発…
  8. 幾何学の定理を活用したものづくり

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 共有結合性リガンドを有するタンパク質の網羅的探索法
  2. 第15回 触媒の力で斬新な炭素骨格構築 中尾 佳亮講師
  3. 毒を持ったタコにご注意を
  4. ゲノム編集CRISPRに新たな進歩!トランスポゾンを用いた遺伝子導入
  5. 固体NMR
  6. B≡B Triple Bond
  7. 工程フローからみた「どんな会社が?」~タイヤ編 その2
  8. 三菱ケミカル「レイヨン」買収へ
  9. Branch選択的不斉アリル位C(Sp3)–Hアルキル化反応
  10. ヘメツバーガー インドール合成 Hemetsberger Indole Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP