[スポンサーリンク]

会告

日本国際賞受賞者 デビッド・アリス博士とのグループミーティング

主 催:公益財団法人 国際科学技術財団

会 期:2013年8月28日(木)
午前の部 10:15~14:30 (10:00開場)
午後の部 12:30~16:30 (12:00開場)

会 場:パナソニックセンター東京

テーマ:エピジェネティックスの将来
講 師:デビッド・アリス博士
定員: 午前の部/午後の部 各30名様(先着順)

対象:学部生・院生・若手研究者

参加費: 無料

詳細はこちらのページをご参照ください

 

公益財団法人国際科学技術財団は第30回日本国際賞受賞者であるデビッド・アリス博士を囲んでのグループミーティングを行うことといたしました。デビッド・アリス博士は1951年生まれ。現在はロックフェラー大学ジョイ・アンド・ジャック・フィッシュマン記念教授クロマチン生物学・エピジェネティクス研究室長を勤めています。

 

デビッド・アリス博士は遺伝子発現の制御機構としてのヒストン修飾を発見したことで世界的に有名です。この成果によって、DNA配列の変化を伴わず引き継がれていく遺伝子発現変化を扱う学問、すなわちエピジェネティクスにも大きなインパクトを与えました。


受賞記念講演会の様子

今回は若手の方向けの、ちょっと特別な少人数制ミーティング。?聴くだけでなく、アリス博士との議論・対話を重視したものとなっております。またとない機会ですので、是非とも奮ってご参加ください!

 

応募はこちらから!

関連書籍

The following two tabs change content below.
レオ

レオ

Ph.D取得を目指す大学院生。有機太陽電池の高効率を目指して日々研究中。趣味は一人で目的もなく電車に乗って旅行をすること。最近は研究以外の分野にも興味を持ち日々勉強中。
レオ

最新記事 by レオ (全て見る)

関連記事

  1. 銀を使ってリンをいれる
  2. 有機合成化学協会の公式ページがリニューアル!!
  3. 光誘起電子移動に基づく直接的脱カルボキシル化反応
  4. ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ
  5. 95%以上が水の素材:アクアマテリアル
  6. ペプチドのらせんフォールディングを経る多孔性配位高分子の創製
  7. ヘテロ原子を組み込んだ歪シクロアルキン簡便合成法の開発
  8. 実験する時の服装(企業研究所)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「田中さん惜しかった」--分解酵素「プロテアソーム」を精製
  2. 花粉症対策の基礎知識
  3. 理論的手法を用いた結晶内における三重項エネルギーの流れの観測
  4. クノール キノリン合成 Knorr Quinoline Synthesis
  5. ロバート・ランガー Robert S. Langer
  6. ジメチル(2-ピリジル)シリル化合物
  7. 有機EL素子の開発と照明への応用
  8. 第一製薬、仏サノフィに脳梗塞予防薬の営業権を返還
  9. 化学探偵Mr.キュリー7
  10. 進撃のタイプウェル

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

「軌道の見方がわかる!有機反応を一貫して軌道論に基づいて解説。新しい有機化学を切り拓く読者へ…

少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ

カリウムtert-ブトキシドを触媒とするα-アルキルケトン合成法が報告された。遷移金属を用いず、高い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP