[スポンサーリンク]

会告

日本国際賞受賞者 デビッド・アリス博士とのグループミーティング

主 催:公益財団法人 国際科学技術財団

会 期:2013年8月28日(木)
午前の部 10:15~14:30 (10:00開場)
午後の部 12:30~16:30 (12:00開場)

会 場:パナソニックセンター東京

テーマ:エピジェネティックスの将来
講 師:デビッド・アリス博士
定員: 午前の部/午後の部 各30名様(先着順)

対象:学部生・院生・若手研究者

参加費: 無料

詳細はこちらのページをご参照ください

 

公益財団法人国際科学技術財団は第30回日本国際賞受賞者であるデビッド・アリス博士を囲んでのグループミーティングを行うことといたしました。デビッド・アリス博士は1951年生まれ。現在はロックフェラー大学ジョイ・アンド・ジャック・フィッシュマン記念教授クロマチン生物学・エピジェネティクス研究室長を勤めています。

 

デビッド・アリス博士は遺伝子発現の制御機構としてのヒストン修飾を発見したことで世界的に有名です。この成果によって、DNA配列の変化を伴わず引き継がれていく遺伝子発現変化を扱う学問、すなわちエピジェネティクスにも大きなインパクトを与えました。


受賞記念講演会の様子

今回は若手の方向けの、ちょっと特別な少人数制ミーティング。?聴くだけでなく、アリス博士との議論・対話を重視したものとなっております。またとない機会ですので、是非とも奮ってご参加ください!

 

応募はこちらから!

関連書籍

The following two tabs change content below.
レオ

レオ

Ph.D取得を目指す大学院生。有機太陽電池の高効率を目指して日々研究中。趣味は一人で目的もなく電車に乗って旅行をすること。最近は研究以外の分野にも興味を持ち日々勉強中。
レオ

最新記事 by レオ (全て見る)

関連記事

  1. フライパンの空焚きで有毒ガス発生!?
  2. たるんだ肌を若返らせる薄膜
  3. 触媒的syn-ジクロロ化反応への挑戦
  4. 最近の金事情
  5. 第95回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II…
  6. 原子量に捧げる詩
  7. オキソニウムイオンからの最長の炭素酸素間結合
  8. オンライン座談会『ケムステスタッフで語ろうぜ』開幕!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エノキサシン:Enoxacin
  2. エポキシ樹脂の硬化特性と硬化剤の使い方【終了】
  3. Reaxys Ph.D Prize 2014受賞者決定!
  4. 味の素と元社員が和解 人工甘味料の特許訴訟
  5. 高知・フュルストナー クロスカップリング Kochi-Furstner Cross Coupling
  6. ジョン・ハートウィグ John F. Hartwig
  7. 池田 富樹 Tomiki Ikeda
  8. ローソン試薬 Lawesson’s Reagent
  9. ゼムラー・ウォルフ反応 Semmeler-Wolff Reaction
  10. クメン法 Cumene Process

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

カルボン酸からハロゲン化合物を不斉合成する

第119回のスポットライトリサーチは、豊橋技術科学大学大学院 柴富研究室 博士後期課程1年の北原 一…

アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton

アンドリュー・ディヴィッド・ハミルトン (Andrew David Hamilton、1952年11…

耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW

突然ですが、「バキューブランド」って会社知っていますか?合成化学系の先生方はご存知の人が多い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP