[スポンサーリンク]

ケムステしごと

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

[スポンサーリンク]

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめます。

さて、毎年恒例の日産化学が持つ研究開発の全てを公開するイベントSTART your chemi-storyが、東京・大阪で開催されます。

2年前にスタートしたこのイベントは、その規模や充実した内容から、学生さんの間では大変有名なようで、昨年度は全国から1500名を超える学生の皆さんが参加したそうです。

当日は、日産化学で働く最前線の研究職社員が約80名集まり、それぞれの研究領域について、実際の仕事やキャリアを語ります。おそらく、日本で最も多くの研究職社員に会うことができる企業イベントではないでしょうか。そのため、日産化学の研究内容を詳細に知ることはもちろん、社員の方々の研究に対する考えや日産化学の社風まで体感できる場となっているようです。

イベントを通じて、自身が興味ある研究についての理解を深めたり、思いもよらない研究領域や仕事を発見するなど、参加することで得られる価値がきっとあります。化学に携わる研究職を志す全ての方に、ぜひこの機会を活用していただきたいと思います。

というわけで、毎年拙ウェブサイトで紹介した途端、すぐさま募集定員に達してしまうという大人気イベントです。今年は実はすでにウェブは公開、エントリーは始まっており(大々的な紹介は本記事がはじめてです)、数日で埋まってしまう可能性があります。

エントリーはこちら

以下イベントの概要となります。

概要

[ 東京開催 ]

日時:2019年2月4日(月)

  • 10:15~12:25 ②12:15~14:25 ③14:15~16:25 ④16:15~18:25

場所:タワーホール船堀(東京都江戸川区船堀4-1-1)※都営新宿線「船堀駅」徒歩1分

 

[ 大阪開催 ]

日時:2019年1月29日(火)

  • 10:30~12:35 ②13:00~15:05 ③15:30~17:35

場所:サンライズビル大阪(大阪市中央区備後町2-6-8)※各線「本町駅」「堺筋本町駅」徒歩4分

※東京開催・大阪開催ともにプログラム内容は同一、事前予約制となります。

内容

日産化学の研究職社員が、研究内容や働き方、研究という仕事の醍醐味をお伝えするとともに、学生のみなさんと直接交流するイベントです。

研究職限定のキャリア研究イベントとして、日産化学の研究領域を14のブースに分けており、それぞれのブースで詳細な内容を聞くことができます。

また、会社からの一方的な情報提供だけではなく、学生のみなさんの疑問を解決できるように、当日は14の研究領域ブースに加えて、「研究所社員」「内定者(2019年4月入社予定)」「人事」とざっくばらんにお話しができるコーナーも設けています。WEBやパンフレットだけでは知り得ない情報を、ぜひ社員や内定者に直接聞いてみてください。

出展ブース(予定)

○化学領域

ライフサイエンス材料/高分子系 機能性材料/無機系 機能性材料/医薬
農薬/合成プロセス/医薬分析・物性研究/物質解析/計算科学

○生物領域

医薬/農薬/医療材料/安全性評価/環境科学

その他 先輩社員コーナー/内定者相談コーナー/人事相談コーナー

参加方法について

現在、イベントの特設WEBサイトを公開しています。

特設Webサイトからのエントリーはこちら

特設WEBサイトからエントリーの上、ご参加希望の日時をご予約ください。

上記サイトでは、「実際にこのイベントへ参加して入社した新入社員(1年目)の声」や、日産化学の企業姿勢が一目で分かるコンテンツなども公開しているそうです。

もう一度いいますが、例年、あっという間に予約が埋まる人気イベントですので、早めのチェックと参加予約をおすすめします。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 実験の再現性でお困りではありませんか?
  2. 芳香族性に関する新概念と近赤外吸収制御への応用
  3. 美麗な分子モデルを描きたい!!
  4. ブートキャンプ
  5. Wiiで育てる科学の心
  6. 2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る
  7. CO2の資源利用を目指した新たなプラスチック合成法
  8. 分子標的の化学1「2012年ノーベル化学賞GPCRを導いた親和ク…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 在宅となった化学者がすべきこと
  2. 超高速X線分光が拓く原子レベルの分子動画観測
  3. ライマー・チーマン反応 Reimer-Tiemann Reaction
  4. リモートワークで結果を出す人、出せない人
  5. E-mail Alertを活用しよう!
  6. プメラー転位 Pummerer Rearrangement
  7. 有機機能材料 基礎から応用まで
  8. ロバート・バーグマン Robert G. Bergman
  9. 褐色の要因となる巨大な光合成膜タンパク質複合体の立体構造の解明
  10. アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

5年前、ケムステ15周年の際に新たな試みとしてはじめたコンテンツ「スポットライトリサーチ」。…

第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

第110回の海外化学者インタビューは、ジョナサン・クレイデン教授です。マンチェスター大学化学科(訳注…

化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編

化学分野でのAIを使った研究が多数報告されていてデータ解析は流行のトピックとなっていますが、専門外か…

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP