[スポンサーリンク]

ケムステしごと

START your chemi-storyー日産化学工業会社説明会2018

[スポンサーリンク]

そろそろ今年も就職活動がはじまります。私の研究室は全員博士課程進学となったので、まだもう少し就職活動の雰囲気を感じるのはあとになりそうです。

さて、タイトルにあるように、日産化学工業の単独会社説明会のご案内。昨年も東京で開催されましたが、今年は東京と大阪の2ヶ所で大々的に開催するそうです。昨年にくらべて1週間ほどはやい日程で開催されます。

実は、去年は3月1日からエントリーを開始して、なんと当日に1000人以上の予約が埋まってしまったという大好評イベント

それもそのはず、東京・大阪あわせて、研究部門の社員63名が参加するとのこと。人事ばかりの説明会とは全く違った、全社をかけて自社の研究をアピールしようという気概が感じれます。

さらに今年は、3月1日の混乱を考慮してくださり、ケムステ読者も含めて、早い段階で日産化学に興味を持って下さった学生さんには、ぜひご予約をいただきたいという思いがあり、一般公開より1日早く予約受付を開始するとのこと。こんなに公開してしまったら意味が無いんじゃないかと思いながらも、2月28日から先行予約がスタートです

エントリーはこちら

以下イベントの内容となります。

概要

主催:日産化学工業株式会社

[ 東京開催 ]

日時:2018年3月13日(火)

①10:00~12:00 ②12:00~14:00 ③14:00~16:00 ④16:00~18:00

場所:タワーホール船堀(東京都江戸川区船堀4-1-1)※都営新宿線「船堀駅」徒歩1分

[ 大阪開催 ]

日時:2018年3月15日(木)

① 10:30~12:30 ②13:00~15:00 ③15:30~17:30

場所:サンライズビル大阪(大阪市中央区備後町2-6-8)※各線「本町駅」「堺筋本町駅」徒歩4分

※東京開催・大阪開催ともにプログラム内容は同一、事前予約制となります。

コンセプト

START your chemi-story

あなたの化学を探す 研究職限定 ジョブマッチング型 会社説明会

内容

日産化学工業株式会社で働く研究職社員が、研究内容や、働き方、化学(生物)との関わり方[chemi-story]をお伝えし、学生のみなさんからの質問にお答えするイベントです。研究領域を15のブースにわけ、それぞれのブースで詳細な内容を聞くことが出来る『研究領域合同説明会』です。

会社からの一方的な情報提供ではなく、学生のみなさんからの質問にもしっかりお答えできるように、当日は15の研究領域ブースに加えて、「研究所社員」「内定者(2018年4月入社)」「人事」とざっくばらんにお話しができるコーナーも設けています。

WEBやパンフレットだけでは分からない情報を、社員から直接聞くことができます。

出展研究部門(予定)

○化学系

ライフサイエンス材料/高分子系 機能性材料/無機系 機能性材料/医薬/農薬

合成プロセス/農薬製剤/医薬分析・物性研究/物質解析/計算科学

○生物系

医薬/農薬/医療材料/安全性評価/環境科学

その他 先輩社員コーナー/内定者相談コーナー/人事相談コーナー

イベントの目的・位置づけ

研究職での就職を希望する学生のみなさんに、日産化学工業への理解を深めていただくとともに、

「自身の専攻が活かせる研究領域」を発見する機会、「自身の希望分野」を選定する機会として、

参加・活用いただきたいと考えています。ホームページや合同企業説明会ではお伝えしきれない日産化学工業の研究領域すべてのブースをご用意しておりますので、学生のみなさんにとって新しい発見や自らの専攻を社会に役立てるお仕事との出会いの場となればと期待しています。

昨年の様子

本イベントは、昨年初めて東京で開催し、1日で1180名の学生さんにご参加をいただきました。大変多くの学生さんがイベントへご興味を持ってくださり、大盛況となった結果を受けて、今年は大阪でも開催。日産化学工業の一大イベントとして、東京・大阪あわせて、研究部門の社員63名が参加します。

参加方法について

現在、イベントの特設WEBサイトを公開しています。

特設WEBサイトからエントリーの上、ご参加希望の日時をご予約ください。

2月28日(水)に、先行予約受付をスタートいたします。

エントリー予約はこちら

関連書籍

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 細胞の中を旅する小分子|第一回
  2. 光触媒の活性化機構の解明研究
  3. 「遷移金属を用いてタンパク質を選択的に修飾する」ライス大学・Ba…
  4. PACIFICHEM2010に参加してきました!②
  5. Stephacidin Bの全合成と触媒的ヒドロアミノアルキル化…
  6. とある化学者の海外研究生活:イギリス編
  7. 論文がリジェクトされる10の理由
  8. 美麗な元素のおもちゃ箱を貴方に―『世界で一番美しい元素図鑑』

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬
  2. 「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功
  3. 2005年5月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  4. 室温で液状のフラーレン
  5. 磁力で生体触媒反応を制御する
  6. 生物学的等価体 Bioisostere
  7. 2011年イグノーベル賞決定!「わさび警報装置」
  8. Reaxysレクチャー&第9回平田メモリアルレクチャー
  9. 菅裕明 Hiroaki Suga
  10. 基礎から学ぶ機器分析化学

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学者のためのエレクトロニクス入門④ ~プリント基板業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門と銘打ったこのコーナーも、今回で4回目となりました。…

第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授

第103回の海外化学者インタビューは、ニック・ロング教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドンの化学…

松原 亮介 Ryosuke Matsubara

松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者であ…

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

7月31日に理研CEMS主催で超分子ポリマーに関するオンライン講演会が行われるようです。奇しくも第7…

有機合成化学協会誌2020年7月号:APEX反応・テトラアザ[8]サーキュレン・8族金属錯体・フッ素化アミノ酸・フォトアフィニティーラベル

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年7月号がオンライン公開されました。コ…

第102回―「有機薄膜エレクトロニクスと太陽電池の研究」Lynn Loo教授

第102回の海外化学者インタビューは、Lynn Loo教授です。プリンストン大学 化学工学科に所属し…

化学系必見!お土産・グッズ・アイテム特集

bergです。今回は化学系や材料系の学生さんや研究者の方々がつい手に取りたくなりそうなグッズなどを筆…

危険物取扱者:記事まとめ

世の中には様々な化学系の資格があり、化学系企業で働いていると資格を取る必要に迫られる機会があります。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP