[スポンサーリンク]

ケムステしごと

START your chemi-storyー日産化学工業会社説明会2018

[スポンサーリンク]

そろそろ今年も就職活動がはじまります。私の研究室は全員博士課程進学となったので、まだもう少し就職活動の雰囲気を感じるのはあとになりそうです。

さて、タイトルにあるように、日産化学工業の単独会社説明会のご案内。昨年も東京で開催されましたが、今年は東京と大阪の2ヶ所で大々的に開催するそうです。昨年にくらべて1週間ほどはやい日程で開催されます。

実は、去年は3月1日からエントリーを開始して、なんと当日に1000人以上の予約が埋まってしまったという大好評イベント

それもそのはず、東京・大阪あわせて、研究部門の社員63名が参加するとのこと。人事ばかりの説明会とは全く違った、全社をかけて自社の研究をアピールしようという気概が感じれます。

さらに今年は、3月1日の混乱を考慮してくださり、ケムステ読者も含めて、早い段階で日産化学に興味を持って下さった学生さんには、ぜひご予約をいただきたいという思いがあり、一般公開より1日早く予約受付を開始するとのこと。こんなに公開してしまったら意味が無いんじゃないかと思いながらも、2月28日から先行予約がスタートです

エントリーはこちら

以下イベントの内容となります。

概要

主催:日産化学工業株式会社

[ 東京開催 ]

日時:2018年3月13日(火)

①10:00~12:00 ②12:00~14:00 ③14:00~16:00 ④16:00~18:00

場所:タワーホール船堀(東京都江戸川区船堀4-1-1)※都営新宿線「船堀駅」徒歩1分

[ 大阪開催 ]

日時:2018年3月15日(木)

① 10:30~12:30 ②13:00~15:00 ③15:30~17:30

場所:サンライズビル大阪(大阪市中央区備後町2-6-8)※各線「本町駅」「堺筋本町駅」徒歩4分

※東京開催・大阪開催ともにプログラム内容は同一、事前予約制となります。

コンセプト

START your chemi-story

あなたの化学を探す 研究職限定 ジョブマッチング型 会社説明会

内容

日産化学工業株式会社で働く研究職社員が、研究内容や、働き方、化学(生物)との関わり方[chemi-story]をお伝えし、学生のみなさんからの質問にお答えするイベントです。研究領域を15のブースにわけ、それぞれのブースで詳細な内容を聞くことが出来る『研究領域合同説明会』です。

会社からの一方的な情報提供ではなく、学生のみなさんからの質問にもしっかりお答えできるように、当日は15の研究領域ブースに加えて、「研究所社員」「内定者(2018年4月入社)」「人事」とざっくばらんにお話しができるコーナーも設けています。

WEBやパンフレットだけでは分からない情報を、社員から直接聞くことができます。

出展研究部門(予定)

○化学系

ライフサイエンス材料/高分子系 機能性材料/無機系 機能性材料/医薬/農薬

合成プロセス/農薬製剤/医薬分析・物性研究/物質解析/計算科学

○生物系

医薬/農薬/医療材料/安全性評価/環境科学

その他 先輩社員コーナー/内定者相談コーナー/人事相談コーナー

イベントの目的・位置づけ

研究職での就職を希望する学生のみなさんに、日産化学工業への理解を深めていただくとともに、

「自身の専攻が活かせる研究領域」を発見する機会、「自身の希望分野」を選定する機会として、

参加・活用いただきたいと考えています。ホームページや合同企業説明会ではお伝えしきれない日産化学工業の研究領域すべてのブースをご用意しておりますので、学生のみなさんにとって新しい発見や自らの専攻を社会に役立てるお仕事との出会いの場となればと期待しています。

昨年の様子

本イベントは、昨年初めて東京で開催し、1日で1180名の学生さんにご参加をいただきました。大変多くの学生さんがイベントへご興味を持ってくださり、大盛況となった結果を受けて、今年は大阪でも開催。日産化学工業の一大イベントとして、東京・大阪あわせて、研究部門の社員63名が参加します。

参加方法について

現在、イベントの特設WEBサイトを公開しています。

特設WEBサイトからエントリーの上、ご参加希望の日時をご予約ください。

2月28日(水)に、先行予約受付をスタートいたします。

エントリー予約はこちら

関連書籍

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 常温常圧でのアンモニア合成の実現
  2. 液晶中での超分子重合 –電気と光で駆動する液晶材料の開発–
  3. 消せるボールペンのひみつ ~30年の苦闘~
  4. 茨城の女子高生が快挙!
  5. 胃薬のラニチジンに発がん性物質混入のおそれ ~簡易まとめ
  6. コロナウイルスCOVID-19による化学研究への影響を最小限にす…
  7. 論文執筆で気をつけたいこと20(1)
  8. 金属容器いろいろ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アセトアルデヒドが香料に 食品添加物として指定了承
  2. 名古屋市科学館で化学してみた
  3. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 教授
  4. ITO 酸化インジウム・スズ
  5. がん代謝物との環化付加反応によるがん化学療法
  6. 気になるあの会社~東京エレクトロン~
  7. デュポン子会社が植物性化学原料の出荷を開始
  8. 第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank van Veggel教授
  9. 東レ科学技術賞:東京大学大学院理学系研究科奈良坂教授受賞
  10. 安達 千波矢 Chihaya Adachi

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2018年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

注目情報

注目情報

最新記事

bassler ボニー・L.・バスラー Bonnie L. Bassler

ボニー・L.・バスラー (Bonnie Lynn Bassler , 1962年XX月XX日-)は、…

電子を閉じ込める箱: 全フッ素化キュバンの合成

第 423 回のスポットライトリサーチは、東京大学 工学系研究科 化学生命工学専…

プラズモンTLC:光の力でナノ粒子を自在に選別できる新原理クロマトグラフィー

第422回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院工学研究科 鳥本研究室の秋吉 一孝 (あきよ…

マテリアルズ・インフォマティクスの基礎知識とよくある誤解

開催日:2022/10/04 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

クオラムセンシング Quorum Sensing

クオラムセンシング (Quorum Sensing)とは、細菌が自己誘導因子 (autoinduce…

乙卯研究所 研究員募集 第二弾 2022年度

~乙卯研究所とは~乙卯研究所は、1915年の設立以来、広く薬学の研究を行うことを…

ピレスロイド系殺虫剤のはなし~追加トピック~

Tshozoです。先日TL上でちょっと気になる話を見ましたでございますのよhttps://t…

ライトケミカル工業2024卒採用情報

当社の技術部は、20代~30代の若手社員が重要な主要案件を担当しています。広範囲で高レベルな化学の生…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカルは、化学メーカーが開発した化学製品の生産をお手伝いする会社です。受託生産からスケールア…

E.・ピーター・グリーンバーグ E. Peter Greenberg

E・ピーター・グリーンバーグ(Everett Peter Greenberg, 1948年11月7日…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP