[スポンサーリンク]

archives

エナゴ「学術英語アカデミー」と記事の利用許諾契約を結びました

[スポンサーリンク]

先日、英文校正エナゴ論文翻訳ユレイタスなどのウェブサイトを運営しているクリムゾンインタラクティブ・ジャパンと、同社が運営している「学術英語アカデミー」に関して掲載記事の利用許諾契約を結びました。

同社の「学術英語アカデミー」は英語やインタビューなどの有用コンテンツがありますが、もっと多くのひと(科学者)にみてもらいたいということがありました。一方で、拙ブログ「化学者のつぶやき」にカテゴリ「化学英語・日常英語」をもっていますが、なかなか英語に関する記事が増えないという問題点を抱えていました。

両者の意図が合致したことでこの契約へと結びつきました。今後、ケムステでは同社の「学術英語アカデミー」の内容を転載・引用を行い、不定期で英語に関するコンテンツを定期的に配信していく予定です。

今後ともよろしくお願いいたします。

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. Xantphos
  2. ピバロイルクロリド:Pivaloyl Chloride
  3. Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニト…
  4. tert-ブチルメルカプタン:tert-Butyl Mercap…
  5. スルホニルフルオリド
  6. セルロースナノファイバーの真価
  7. 高反応性かつ取扱い容易な一酸化炭素の代用試薬,N-…
  8. Reaxys無料トライアル実施中!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ネバー転位 Neber Rearrangement
  2. ベンゼン環を壊す“アレノフィル”
  3. 第14回 有機合成「力」でケミカルバイオロジーへ斬り込む - Joe Sweeney教授
  4. 生体分子を活用した新しい人工光合成材料の開発
  5. コーラから発がん物質?
  6. アメリカへ博士号をとりにいく―理系大学院留学奮戦記
  7. 転職でチャンスを掴める人、掴めない人の違い
  8. ユネスコ女性科学賞:小林教授を表彰
  9. 決算短信~日本触媒と三洋化成の合併に関連して~
  10. アート オブ プロセスケミストリー : メルク社プロセス研究所での実例

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

新型コロナウイルスをブロックする「N95マスクの95って一体何?」などN95マスクの秘密が一発で分かるムービーが登場

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生以来、マスクが世界的に注目を集めるようになり、当初…

ジャネット・M・ガルシア Jeannette M. Garcia

ジャネット・M・ガルシア(Jeannette M. Garcia, 19xx年xx月xx日-)は、ア…

導電性ゲル Conducting Gels: 流れない流体に電気を流すお話

「液体のような」相と「固体のような」相、2つの相を持つゲルは様々な分野で用いられています。今回はその…

化学者のためのエレクトロニクス入門④ ~プリント基板業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門と銘打ったこのコーナーも、今回で4回目となりました。…

第103回―「機能性分子をつくる有機金属合成化学」Nicholas Long教授

第103回の海外化学者インタビューは、ニック・ロング教授です。インペリアル・カレッジ・ロンドンの化学…

松原 亮介 Ryosuke Matsubara

松原亮介(まつばら りょうすけ MATSUBARA Ryosuke、1978-)は、日本の化学者であ…

CEMS Topical Meeting Online 超分子ポリマーの進化形

7月31日に理研CEMS主催で超分子ポリマーに関するオンライン講演会が行われるようです。奇しくも第7…

有機合成化学協会誌2020年7月号:APEX反応・テトラアザ[8]サーキュレン・8族金属錯体・フッ素化アミノ酸・フォトアフィニティーラベル

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年7月号がオンライン公開されました。コ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP