[スポンサーリンク]

ケムステしごと

ユシロ化学工業ってどんな会社?

[スポンサーリンク]

1944年の創業から培った技術力と信頼で、こっそりセカイを変える化学屋さん。

ユシロ化学の事業内容について

<金属加工油剤事業>
ユシロ化学工業は金属加工油剤のアジアトップメーカーです。
自動車、航空機、家電など私たちの生活になくてはならない金属工業製品。その製造工程で各種部品を加工する際に使用するのが金属加工油剤です。金属を「切る(切削)」、「磨く(研削)」、「変形(プレス)」など多くの工程で使用される金属加工油剤には、部品の寸法精度向上、工具や金型寿命の延長など多くの役割が求められています。私たちは、これらの多様化するニーズに化学の力で応えています。金属加工油剤事業の売上構成比率は全体の95%を占めています。

<ビルメンテナンス事業>
他にも、ビルメンテナンス分野を手掛けています。ビルメンテナンス製品とは、鉄道や大型ショッピングセンター、オフィスビルなどの建物の美観維持、清掃、衛生管理に使用するワックスや洗浄剤などのケミカル製品のことです。私たちは、時代のニーズに合わせて様々なケミカル製品を研究開発しています。ビルメンテナンス事業の売上構成比率は全体の5%を占めています。

ユシロ化学の事業内容:金属加工事業とビルメンテナンス事業

 

社会発展を持続可能にする新分野への挑戦

これまで培った化学の知識と経験を活かし誕生したシーズ技術で、今までとは全く異なる新分野への挑戦を続けています。

① 自己修復性材料「ウィザードゲル®・ウィザードエラストマー®
分子内にホスト基(シクロデキストリン)とゲスト基(アダマンタン)を持つことで、切断傷が修復可能となる「自己修復性」や「しなやかさと強靭さ」を持ち合わせることが可能となるポリマーの研究開発を行っています。樹脂特性の変性を目的に大学、公的機関、企業の研究機関を中心に実用化検討に用いられています。

② リボフラビンを活用した「光触媒ジェンタミン®
ビタミン系光触媒ジェンタミン®は、金属加工油剤にリボフラビンを添加したことがきっかけに偶然誕生した光触媒です。リボフラビンが有機光触媒として働き酸化還元反応を起こし、ヒドロキシラジカルが発生します。私たちは新たなニッチ市場の創出に向けて、本技術を活用することで、従来技術では解決困難な社会課題の解決に向け取り組んでいます。

これらの技術を活用し持続可能なセカイを実現するために、これまでの常識にとらわれない自由な発想を加えて、新たな価値の創造に努めてまいります。

社会発展を持続可能にする新分野への挑戦

 

創造性を発揮できる充実した環境

湘南の海から約4km内陸部に位置する神奈川テクニカルセンターは、延べ床面積10,000 ㎡以上もの規模を誇ります。人と環境の共生をテーマに、多様化・複雑化する産業社会の発展に貢献する創造拠点です。
特に分析機器が充実しており、分子レベルの解析や機能検証などの基礎研究から、実際の商品の検証の応用研究に至るまで、精密な研究開発が可能です。

ユシロ化学が保有している分析装置の一例

 

ユシロ化学工業の基本情報

会社名 ユシロ化学工業株式会社
本社所在地 東京都大田区千鳥2-34-16
事業所 ・本社:東京都
・研究開発拠点:神奈川県、愛知県
・工場:静岡県、兵庫県、神奈川県
・営業所:東京、栃木県、愛知県、静岡県、大阪府、広島県、宮城県、北海道
事業内容 ■金属加工油剤関連事業
切研削加工油剤、塑性加工油剤、鋳造油剤、表面処理油剤
■ビルメンテナンス関連事業
フロアメンテナンス用ケミカル製品および機器の製造・販売
設立/創立 1944年7月24日
資本金 42億4,900万円
売上高 467億円 (2023年3月期)
従業員数 連結987名、単体387名 (2023年3月)
ホームページ https://www.yushiro.co.jp/

関連リンク

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 大学の学科がクラウドファンディング!?『化学の力を伝えたい』
  2. 「人工知能時代」と人間の仕事
  3. AIによる創薬に新たな可能性 その研究と最新技術に迫る ~米・I…
  4. わずかな末端修飾で粘度が1万倍も変わる高分子
  5. ボリルアジドを用いる直接的アミノ化
  6. オンライン会議に最適なオーディオ機器比較~最も聞き取りやすい機器…
  7. 私がケムステスタッフになったワケ(5)
  8. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2022年版】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アミノ酸「ヒスチジン」が脳梗塞に有効――愛媛大が解明
  2. 有機合成化学者が不要になる日
  3. CRISPR(クリスパー)
  4. 有機化学を俯瞰する -有機化学の誕生から21世紀まで–【後編】
  5. 資生堂企業資料館
  6. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification
  7. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  8. ひどい論文を書く技術?
  9. 重水は甘い!?
  10. 決め手はジアゾアルケン!!芳香環の分子内1,3-双極子付加環化反応

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2024年3月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

注目情報

最新記事

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

キシリトールのはなし

Tshozoです。 35年くらい前、ある食品メーカが「虫歯になりにくい成分」を使ったお菓子を…

2つの結合回転を熱と光によって操る、ベンズアミド構造の新たな性質を発見

 第 608回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院 生命科学院 生命科学専攻 生命医…

スポットライトリサーチ まとめ【初回〜第200回まで】

ケムステの人気企画スポットライトリサーチ、2015 年に始まって以来、2024 年現…

【産総研・触媒化学融合研究センター】新卒・既卒採用情報

触媒センターでは、「個の力」でもある触媒化学を基盤としつつも、異分野に積極的に関…

Zachary Hudson教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年3月11日に東京大学本郷キャンパスにて開催されたBritish Co…

ケムステイブニングミキサー 2024 報告

3月18日から21日の日本化学会第104春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!めちゃ…

日本農芸化学会創立100周年記念展に行ってみた

農芸化学という学問分野はご存知でしょうか?農業と化学は分かるけど、芸って何だよって一瞬思いますよ…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP