[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. 有機触媒によるトリフルオロボレート塩の不斉共役付加

    Organocatalytic Vinyl and Friedel-Crafts Alkylations with Trifluoroborate SaltsLee, S.; MacMillan, D. W. C. J. Am. Che…

  2. 魔法のカイロ アラジン

     12月に入りすっかり肌寒くなりました。防寒具や暖房器具が欠かせない季節ですね。最近ネッ…

  3. α-トコフェロールの立体選択的合成

    Reagent Directing Group Controlled Organic Synthes…

  4. 複雑化合物合成にも適用可能なC-H酸化反応

    " A Predictably Selective Aliphatic C-H Oxidation …

  5. 元素占いはいかが?

    最近ではケータイなどでも見られる軽めのコンテンツが沢山でき、一昔前と違ってネ…

  6. アザジラクチンの全合成

  7. 未来のノーベル化学賞候補者

  8. 2007年ノーベル化学賞『固体表面上の化学反応の研究』

  9. 2007年度ノーベル医学・生理学賞決定!

  10. 未来のノーベル化学賞候補者(2)

  11. 2007年度イグノーベル賞決定

  12. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(5)

  13. 磁性流体アートの世界

  14. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)

  15. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(3)

  16. タミフルの新規合成法・その3

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ユニバーサル・フェーズセパレーター発売
  2. フロリゲンが花咲かせる新局面
  3. ビタミンと金属錯体から合成した人工の酵素
  4. フェノールのC–O結合をぶった切る
  5. ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!
  6. 2017年10大化学ニュース
  7. CRISPRで薬剤分子-タンパク相互作用を解明する

注目情報

最新記事

四国化成工業ってどんな会社?

私たち四国化成工業株式会社は、、企業理念「独創力」のもと「これまでになかったモノ」を「人とは違うアプ…

第15回ケムステVシンポジウム「複合アニオン」を開催します!

第14回ケムステVシンポが2月3日に開催されますが、その二日後にもアツいケムステVシンポが開催されま…

不斉反応ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く

2021年が本格始動し始めている中、化学企業のトップが年の初めに抱負や目標を述べる年頭所感を続々と発…

転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

転職活動を始めた場合、まずは自身が希望する職種、勤務地、年収などの条件を元にインターネットで求人を検…

PAGE TOP