[スポンサーリンク]


化学者のつぶやき

  1. 反応機構を書いてみよう!~電子の矢印講座・その2~

    本シリーズでは有機化学を学び始めた人向けに、反応機構図・電子の矢印を書くためのポイントを解説していきます。反応機構がうまく書けない、とお困りの方は是非参考にしてみてください。前回の記事はこちらです。 (さらに&hel…

  2. 反応機構を書いてみよう!~電子の矢印講座・その1~

    「ある反応がどのようにして起こっているか?」について記述したものが反応機構(reaction mec…

  3. エステルをアルデヒドに変換する新手法

    LDBBA: Kim, M. S.; Choi, Y. M.; An, D. K. Tetr…

  4. クリスマス化学史 元素記号Hの発見

    1990年頃の深夜バラエティ番組、「カノッサの屈辱」で放映されていたものです。元素の発見…

  5. 軸不斉のRとS

    上図左の化合物はBINOL(1,1'-bi-2-naphtol)という化合物です。ヒドロキシル基…

  6. E-mail Alertを活用しよう!

  7. DOIって何?

  8. Nature Chemistry:Research Highlight

  9. (-)-Cyanthiwigin Fの全合成

  10. 保護基のお話

  11. 史上最強の塩基が合成される

  12. JACSベータ

  13. 位置選択的C-H酸化による1,3-ジオールの合成

  14. 有機EL素子の開発と照明への応用

  15. Actinophyllic Acidの全合成

  16. ボリルアジドを用いる直接的アミノ化

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 分⼦のわずかな⾮対称性の偏りが増幅される現象を発⾒
  2. 単純なアリルアミンから複雑なアリルアミンをつくる
  3. 含フッ素遷移金属エノラート種の合成と応用
  4. 先端領域に携わりたいという秘めた思い。考えてもいなかったスタートアップに叶う場があった
  5. 50年来の謎反応を解明せよ
  6. 第35回安全工学シンポジウム
  7. 鈴木・宮浦クロスカップリング Suzuki-Miyaura Cross Coupling

注目情報

最新記事

マテリアルズ・インフォマティクスにおけるデータ0からの初期データ戦略

開催日:2024/06/05 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

ホウ素の力でイオンを見る!長波長光での観察を可能とするアニオンセンサーの開発

第 615回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院 工学研究科応用化学専攻 南方…

マテリアルズ・インフォマティクスと持続可能性: 環境課題の解決策

開催日:2024/05/29 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

Christoper Uyeda教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催された「…

有機合成化学協会誌2024年5月号:「分子設計・編集・合成科学のイノベーション」特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年5月号がオンライン公開されています。…

PAGE TOP