[スポンサーリンク]

ケムステしごと

2/17(土)Zoom開催【Chem-Station代表 山口氏】×【旭化成(株)人事部 時丸氏】化学の未来を切り拓く 博士課程で広がる研究の世界(学生対象 ※卒業年度不問)

[スポンサーリンク]

 

化学系の就職活動を支援する『化学系学生のための就活』からのご案内です。

【化学の未来を切り拓く 博士課程で広がる研究の世界】と題し、「Chem-Station代表(早稲田大学理工学術院 教授)山口氏」と「旭化成(株)人事部人財採用室 時丸氏」による講演・対談イベントが2/17(土)にオンラインで開催されます。

研究に情熱と好奇心を持つ学生の皆さんへ向けて、アカデミアと産業界の両面から、博士課程における研究の重要性と魅力を探求する特別な機会。博士課程がアカデミアや産業界での未来の研究キャリアにどのように貢献するかをお伝えします。

アカデミアと産業界で活躍する先輩研究者が、それぞれの立場や視点から思いや経験をお話ししますので、これから研究者としての道を歩むことを検討している学生さんにとって、ご自身のキャリアについて深く考えるための絶好の機会となるでしょう。本イベントを通じて、研究やキャリアのイメージをより明確に豊かに広げていただき、将来は科学技術イノベーションの重要な担い手としてご活躍いただけることを期待しています。

学生の方であれば卒業年度問わず誰でもご参加可能です。 博士課程の進学を検討している方、博士課程に進むか就職するか迷っている方、博士課程在籍の方、大学院進学を検討している学部生の方、研究が大好きな方など、ぜひご参加ください。

現在、参加予約受付中。イベントWEBサイト https://aile-f.com/20240217doc/ からご予約ください!

【開催日時】

2024年2月17日(土)13:00~14:50

※12:50より入室を開始いたします。

※途中入室・退出可

【参加対象】

学生(卒業年度不問)

【会場】

オンライン(ZOOM)

※カメラ・マイクOFFでご参加ください。

【内容】

  • 講演「アカデミアでの研究探求と博士の重要性、研究の醍醐味について」

 早稲田大学理工学術院 教授/Chem-Station(ケムステ)代表 山口 潤一郎 氏

  • 講演「企業における博士出身研究者の役割、産業界での研究の魅力と挑戦について」

 旭化成株式会社 人事部人財採用室 時丸 祐輝 氏

  • 対談「二つの視点でみる博士進学の価値:アカデミアと企業からの洞察」

※講演・対談後は質疑応答を予定しております

【登壇者プロフィール】

■山口 潤一郎 氏

2007年3月:東京理科大学大学院 工学研究科 工業化学専攻 博士後期課程修了

2007年4月:日本学術振興会 海外特別研究員

2007年4月:スクリプス研究所化学科 博士研究員

2008年8月:名古屋大学大学院理学研究科物質理学専攻化学系 助教

2012年4月:名古屋大学理学研究科 准教授

2016年4月:早稲田大学理工学術院 准教授(研究室主宰)

2018年4月:早稲田大学理工学術院 教授(現職)

日本最大の化学ポータルサイトChem-Station(通称:ケムステ)代表 兼任

■時丸 祐輝 氏

2019年3月:東京大学 工学系研究科 化学生命工学専攻 博士課程修了

2019年4月:旭化成株式会社 入社 樹脂の研究開発(新規テーマ立ち上げ)に従事

2022年:人事部 人財採用室へ異動 現在に至る

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第6回慶應有機化学若手シンポジウム
  2. セルロースナノファイバーの真価【オンライン講座】
  3. 炭素ー炭素結合を切る触媒
  4. 市販の化合物からナノグラフェンライブラリを構築 〜新反応によりナ…
  5. 反芳香族性を有する拡張型フタロシアニン
  6. なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?
  7. 地球温暖化が食物連鎖に影響 – 生態化学量論の視点か…
  8. ベンジル位アセタールを選択的に酸素酸化する不均一系触媒

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 長井長義の日記など寄贈 明治の薬学者、徳島大へ
  2. 塩基の代わりに酸を使うクロスカップリング反応:X線吸収分光が解き明かすルイス酸の役割
  3. 米国へ講演旅行へ行ってきました:Part III
  4. 新規色素設計指針を開発 -世界最高の太陽光エネルギー変換効率の実現に向けて-
  5. どっちをつかう?:in spite ofとdespite
  6. 反応の選択性を制御する新手法
  7. 化学者のためのエレクトロニクス講座~無電解貴金属めっきの各論編~
  8. 日本プロセス化学会2019 ウインターシンポジウム
  9. 【12月開催】第4回 マツモトファインケミカル技術セミナー有機金属化合物「オルガチックス」の触媒としての利用-ウレタン化触媒としての利用-
  10. 科学英語の書き方とプレゼンテーション (増補)

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2024年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  

注目情報

最新記事

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の応用 ー新しい天然有機化合物の生成を目指すー

開催日 2024/2/21 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

有機合成化学協会誌2024年2月号:タンデムボラFriedel-Crafts反応・炭素-フッ素結合活性化・セリウム錯体・コバルト-炭素結合・ホスホロアミダイト法

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年2月号がオンライン公開されています。…

有機合成にさようなら!“混ぜるだけ”蛍光プローブ3秒間クッキング

第592回のスポットライトリサーチは、香港科技大学(Ben Zhong Tang研)の清川慎介さん(…

北九州における化学企業の盛んな生産活動

AGCは、このたび北九州事業所において、グリーン水素製造に適したフッ素系イオン交換膜の製造設備新…

【Q&Aシリーズ❷ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波による焼成・乾燥プロセス

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。全3回にわたり、ガス…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP