[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

ペリ環状反応―第三の有機反応機構

[スポンサーリンク]

内容

イオン反応にもラジカル反応にも分類されない第3の有機反応である「ペリ環状反応」の機構と理論を、環化付加反応、電子環状反応、シグマトロピー転位、グループ移動反応に分類して解説する。

対象

学部生以上

 

評価・解説

学部~大学院生向けの初等トピック教科書、Oxford Chemistry Primersシリーズの”Pecyclic Reactions”の邦訳版です。

イオン反応にもラジカル反応にも分類されない第3の有機反応である「ペリ環状反応」の機構と理論を、環化付加反応、電子環状反応、シグマトロピー転位、グループ移動反応に分類して解説しています。

手頃な価格・厚さの割に内容は充実しています。

 

関連書籍

 

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際ま…
  2. 有機化学1000本ノック【命名法編】【立体化学編】
  3. 2016年1月の注目化学書籍
  4. 高分子の合成(上)(下)
  5. マンガでわかる かずのすけ式美肌化学のルール
  6. 研究留学術―研究者のためのアメリカ留学ガイド
  7. 大村智 ー2億人を病魔から守った化学者
  8. 医薬品のプロセス化学

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Igor Larrosa イゴール・ラロッサ
  2. 東レ科学技術賞:東京大学大学院理学系研究科奈良坂教授受賞
  3. 2013年就活体験記(1)
  4. ヒドロアシル化界のドンによる巧妙なジアステレオ選択性制御
  5. 1次面接を突破するかどうかは最初の10分で決まる
  6. デーブナー・フォン=ミラー キノリン合成 Doebner-von Miller quinoline synthesis
  7. 1,3-ジチアン 1,3-Dithiane
  8. 世界最高の活性を示すアンモニア合成触媒の開発
  9. 脱酸素的フッ素化 Deoxofluorination
  10. 技術者・研究者のためのプレゼンテーション入門

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!

主に最先端化学に関する講演者をテーマ別で招待しオンライン講演を行っていただくケムステバーチャルシンポ…

分子運動を世界最高速ムービーで捉える!

第275回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士課程・清水俊樹 さんに…

「未来博士3分間コンペティション2020」の挑戦者を募集

科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者育成プログラム)「未来を拓く地方協奏プラ…

イグノーベル賞2020が発表 ただし化学賞は無し!

「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる業績」に対して贈られるノーベル賞のパロディである「イグノーベル…

電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ②

前回に引き続き(間がだいぶ空いてしまいましたが、、、)Signals Notebookの使い…

化学者のためのエレクトロニクス講座~有機半導体編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP