[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

有機反応の仕組みと考え方

内容

基礎から最新の反応の新理論までよくわかる!
膨大な数の有機反応も単純な原理で説明がつく。基礎から超分子など新しい反応を説明する新理論まで、その理論と実際の反応への適用をわかりやすく見やすく解説。しくみがわかると理解も進む。

対象

有機化学を学ぶ学部生以上。

評価・解説

基礎レベルの有機反応論について、必要十分にまとめられています。それほど分厚くない本ですが、期末試験から院試まで、これ一冊で問題無いぐらいの充実度です。

副読本的に使うのが最適ですが、手っ取り早く基礎を一通り確認したい!有機反応の原理を知りたい!という人にもうってつけでしょう。価格もお手頃です。

基礎だけでなく、超分子・不斉金属触媒・グリーンケミストリーなど最新の話題にも触れており、読み応えもあります。分かりやすい、と周りでも大変評判の良い本です。

2010年改訂。演習版も刊行されていますので、そちらもご覧ください。

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 化学産業を担う人々のための実践的研究開発と企業戦略
  2. 2008年12月人気化学書籍ランキング
  3. 研究者としてうまくやっていくには ー組織の力を研究に活かすー
  4. 有機化学の理論―学生の質問に答えるノート
  5. 【書籍】合成化学の新潮流を学ぶ:不活性結合・不活性分子の活性化
  6. 有機スペクトル解析ワークブック
  7. Organic Synthesis Workbook
  8. 有機合成創造の軌跡―126のマイルストーン

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 原子のシート間にはたらく相互作用の観測に成功
  2. ブラッドリー・ムーアBradley Moore
  3. 光エネルギーによって二酸化炭素を変換する光触媒の開発
  4. オキサリプラチン /oxaliplatin
  5. アニオン重合 Anionic Polymerization
  6. プロパンチアールオキシド (propanethial S-oxide)
  7. 光薬理学 Photopharmacology
  8. 基礎有機化学討論会開催中
  9. マーティン・カープラス Martin Karplus
  10. 細胞の中を旅する小分子|第一回

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化

第149回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科 博士後期課程3年の木下 拓也 (きの…

有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間interrupted Pummerer反応・高共役拡張ポルフィリノイド・イナミド・含フッ素ビニルスルホニウム塩・ベンゾクロメン

化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年7月号がオンライン公開されました。今月号のキ…

ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

ウィリアム・R・ロウシュ(William R. Roush、1952年2月20日(Chula Vis…

研究リーダーがPJを成功に導く秘訣

研究者が民間企業での面接において将来の展望について質問をされると、いずれは研究部門をまとめるリーダー…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP