[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

有機反応の仕組みと考え方

内容

基礎から最新の反応の新理論までよくわかる!
膨大な数の有機反応も単純な原理で説明がつく。基礎から超分子など新しい反応を説明する新理論まで、その理論と実際の反応への適用をわかりやすく見やすく解説。しくみがわかると理解も進む。

対象

有機化学を学ぶ学部生以上。

評価・解説

基礎レベルの有機反応論について、必要十分にまとめられています。それほど分厚くない本ですが、期末試験から院試まで、これ一冊で問題無いぐらいの充実度です。

副読本的に使うのが最適ですが、手っ取り早く基礎を一通り確認したい!有機反応の原理を知りたい!という人にもうってつけでしょう。価格もお手頃です。

基礎だけでなく、超分子・不斉金属触媒・グリーンケミストリーなど最新の話題にも触れており、読み応えもあります。分かりやすい、と周りでも大変評判の良い本です。

2010年改訂。演習版も刊行されていますので、そちらもご覧ください。

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 化学者たちのネームゲーム―名付け親たちの語るドラマ
  2. カリカリベーコンはどうして美味しいにおいなの?
  3. 有機合成創造の軌跡―126のマイルストーン
  4. 日本にノーベル賞が来る理由
  5. 英文校正会社が教える 英語論文のミス100
  6. 2016年9月の注目化学書籍
  7. 医薬品天然物化学 (Medicinal Natural Prod…
  8. 天然物化学

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ホフマン転位 Hofmann Rearrangement
  2. 「魔法の水でゴミの山から“お宝”抽出」
  3. マダンガミンの網羅的全合成
  4. 銀の殺菌効果がない?銀耐性を獲得するバシラス属菌
  5. アビー・ドイル Abigail G. Doyle
  6. アルドール・スイッチ Aldol-Switch
  7. SPring-8って何?(初級編)
  8. アンモニアがふたたび世界を変える ~第2次世界大戦中のとある出来事~
  9. 反応機構を書いてみよう!~電子の矢印講座・その1~
  10. 乾燥剤の脱水能は?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP