[スポンサーリンク]

化学一般

きみの未来をさがしてみよう 化学のしごと図鑑

[スポンサーリンク]

概要

化学系の学部や学科に進みたいと思っても,その先にどんな仕事があるのかがなかなかわからない.この本は,化学を学んだ先にある30の職種を紹介し,化学の道へ進みたい若者をあと押しする.「毎日何をしているか」「やりがいはあるか」「どうすればその仕事につけるか」など働く人の生の声が満載.進路選びの参考書としてはもちろん,化学の世界をしるための入門書としても楽しめる。

対象の読者

  • 大学の学部選択を迷っている高校生
  • 大学院進学か就職か迷っている学部生
  • 社会人

目次

Ⅰ.教育関連
1.大学教員(実験系)
2.大学教員(理論系)
3.研究所の研究員
4.中学校・高校の理科教員
5.科学館学芸員
6.科学行政

Ⅱ.企業での研究開発
7.医薬品の研究開発
8..医療診断技術の研究開発
9。電池の研究開発
10.電子材料の研究開発
11.ポリマー材料の研究開発
12.農薬の研究開発
13.食品の研究開発
14.塗料の研究開発
15.繊維素材の研究開発
16.研究開発の分析支援

Ⅲ.企業での製造・販売・管理
17.品質管理・品質保証
18.化学物質の管理
19.プラント設計・建設
20.営業・販売
21.知的財産担当
22.海外事業
23.経営企画
24.製造現場(工場)

Ⅳ.マスコミ、その他専門職
25.新聞記者(科学担当)
26.出版社理系編集者
27.薬剤師
28.文化財保存・修理
29.弁理士
30.環境事業(下水道)

内容

化学に携わる様々な業種と職種の仕事内容や日常をまとめた本です。インタビュー形式で、仕事内容、志望理由、化学との関連、やりがい、おすすめ、一日のスケジュール、一週間の仕事内容などが紹介されています。この手の仕事を紹介する書籍やWebサイトはよく見かけますが、この本ではとても取り上げている職種がとても幅広く、アカデミックや化学企業だけでなく新聞記者や文化財保存・修理に関する職種までも網羅されています。化学系の学部を卒業しても全員がアカデミックか化学系の企業に就職するわけではないので、化学を勉強する意義を広げるという観点で多くの人に参考になるのではないでしょうか。

この本では、30人の方の仕事について書かれていますが、半分以上は化学系の企業でご活躍されている方についてです。就職活動を行っている学生に対してこの手の情報を各社Webで公開していますが、本書では製薬系から食品、電子材料、分析まで広くカバーしています。自分はとある会社で働いていますが、業界が異なれば、研究開発の手法や使用する実験器具も全く異なるため、大変興味深い内容でした。就活を目的としているわけではないので高校生、大学生だけでなく働いている社会人にも今後のキャリアの参考になると思います。特になかなか公開されない企業での実験風景の写真も多く掲載されていて、この本を読めば仕事が容易にイメージできると思います。ケムスケでは過去に企業の部署について簡単に紹介しましたが、本書では研究開発から、営業、知財まで実際に各部署で働く方の日常が紹介されています。化学を専攻すると、フラスコを毎日振る仕事をイメージするかもしれませんが実際には様々な場面で活躍できることがこの本からわかります。

他の本書の素晴らしい点として、各人のある日の一日を朝から晩までまとめられていることです。人によっては夜遅くまで仕事をされていたり、子育て中で時短勤務されていたり、退社後は取引先の会食があったりと社会人の日常のリアルが載せられているように思えます。もちろん状況は人それぞれですが、このような内容は実際にこの仕事に就かないとわからないことなので、大変参考になる情報だと思いました。

この本は、近畿化学協会の創立100周年を記念して出版されました。本の中に登場するどの方も、化学が面白いからこそそれぞれの仕事に日々励んでいるところを紹介しているのだと思います。自分も、化学が面白いからこそ仕事として続けているのであって(面倒な人付き合いとかもありますが)多くの人がこの本を読んで化学に携わる楽しさを共感してもらえればと思います。

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. 海の生き物からの贈り物
  2. これならわかる マススペクトロメトリー
  3. 手で解く量子化学I
  4. 物質科学を学ぶ人の空間群練習帳
  5. まんがサイエンス
  6. ウォーレン有機合成: 逆合成からのアプローチ
  7. 化学物質はなぜ嫌われるのか
  8. 北川 進 Susumu Kitagawa

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学者のためのエレクトロニクス講座~電解パラジウムめっき編~
  2. 市販の化合物からナノグラフェンライブラリを構築 〜新反応によりナノグラフェンの多様性指向型合成が可能に〜
  3. 資生堂企業資料館
  4. ヤマハ発動機、サプリメントメーカーなど向けにアスタキサンチンの原料を供給するビジネスを開始
  5. Happy Friday?
  6. ステファン・カスケル Stefan Kaskel
  7. 酸化グラフェンの光による酸素除去メカニズムを解明 ―答えに辿り着くまでの6年間―
  8. 【速報】新元素4つの名称が発表:日本発113番元素は「ニホニウム」!
  9. モリブドプテリン (molybdopterin)
  10. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(6年目)(留学後編)

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2019年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

注目情報

最新記事

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

キシリトールのはなし

Tshozoです。 35年くらい前、ある食品メーカが「虫歯になりにくい糖分」を使ったお菓子を…

2つの結合回転を熱と光によって操る、ベンズアミド構造の新たな性質を発見

 第 608回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院 生命科学院 生命科学専攻 生命医…

スポットライトリサーチ まとめ【初回〜第200回まで】

ケムステの人気企画スポットライトリサーチ、2015 年に始まって以来、2024 年現…

【産総研・触媒化学融合研究センター】新卒・既卒採用情報

触媒センターでは、「個の力」でもある触媒化学を基盤としつつも、異分野に積極的に関…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP