[スポンサーリンク]

化学一般

きみの未来をさがしてみよう 化学のしごと図鑑

[スポンサーリンク]

概要

化学系の学部や学科に進みたいと思っても,その先にどんな仕事があるのかがなかなかわからない.この本は,化学を学んだ先にある30の職種を紹介し,化学の道へ進みたい若者をあと押しする.「毎日何をしているか」「やりがいはあるか」「どうすればその仕事につけるか」など働く人の生の声が満載.進路選びの参考書としてはもちろん,化学の世界をしるための入門書としても楽しめる。

対象の読者

  • 大学の学部選択を迷っている高校生
  • 大学院進学か就職か迷っている学部生
  • 社会人

目次

Ⅰ.教育関連
1.大学教員(実験系)
2.大学教員(理論系)
3.研究所の研究員
4.中学校・高校の理科教員
5.科学館学芸員
6.科学行政

Ⅱ.企業での研究開発
7.医薬品の研究開発
8..医療診断技術の研究開発
9。電池の研究開発
10.電子材料の研究開発
11.ポリマー材料の研究開発
12.農薬の研究開発
13.食品の研究開発
14.塗料の研究開発
15.繊維素材の研究開発
16.研究開発の分析支援

Ⅲ.企業での製造・販売・管理
17.品質管理・品質保証
18.化学物質の管理
19.プラント設計・建設
20.営業・販売
21.知的財産担当
22.海外事業
23.経営企画
24.製造現場(工場)

Ⅳ.マスコミ、その他専門職
25.新聞記者(科学担当)
26.出版社理系編集者
27.薬剤師
28.文化財保存・修理
29.弁理士
30.環境事業(下水道)

内容

化学に携わる様々な業種と職種の仕事内容や日常をまとめた本です。インタビュー形式で、仕事内容、志望理由、化学との関連、やりがい、おすすめ、一日のスケジュール、一週間の仕事内容などが紹介されています。この手の仕事を紹介する書籍やWebサイトはよく見かけますが、この本ではとても取り上げている職種がとても幅広く、アカデミックや化学企業だけでなく新聞記者や文化財保存・修理に関する職種までも網羅されています。化学系の学部を卒業しても全員がアカデミックか化学系の企業に就職するわけではないので、化学を勉強する意義を広げるという観点で多くの人に参考になるのではないでしょうか。

この本では、30人の方の仕事について書かれていますが、半分以上は化学系の企業でご活躍されている方についてです。就職活動を行っている学生に対してこの手の情報を各社Webで公開していますが、本書では製薬系から食品、電子材料、分析まで広くカバーしています。自分はとある会社で働いていますが、業界が異なれば、研究開発の手法や使用する実験器具も全く異なるため、大変興味深い内容でした。就活を目的としているわけではないので高校生、大学生だけでなく働いている社会人にも今後のキャリアの参考になると思います。特になかなか公開されない企業での実験風景の写真も多く掲載されていて、この本を読めば仕事が容易にイメージできると思います。ケムスケでは過去に企業の部署について簡単に紹介しましたが、本書では研究開発から、営業、知財まで実際に各部署で働く方の日常が紹介されています。化学を専攻すると、フラスコを毎日振る仕事をイメージするかもしれませんが実際には様々な場面で活躍できることがこの本からわかります。

他の本書の素晴らしい点として、各人のある日の一日を朝から晩までまとめられていることです。人によっては夜遅くまで仕事をされていたり、子育て中で時短勤務されていたり、退社後は取引先の会食があったりと社会人の日常のリアルが載せられているように思えます。もちろん状況は人それぞれですが、このような内容は実際にこの仕事に就かないとわからないことなので、大変参考になる情報だと思いました。

この本は、近畿化学協会の創立100周年を記念して出版されました。本の中に登場するどの方も、化学が面白いからこそそれぞれの仕事に日々励んでいるところを紹介しているのだと思います。自分も、化学が面白いからこそ仕事として続けているのであって(面倒な人付き合いとかもありますが)多くの人がこの本を読んで化学に携わる楽しさを共感してもらえればと思います。

Zeolinite

Zeolinite

投稿者の記事一覧

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. Lithium Compounds in Organic Syn…
  2. 2016年8月の注目化学書籍
  3. 生体分子反応を制御する: 化学的手法による機構と反応場の解明
  4. レア RARE 希少金属の知っておきたい16話
  5. 英文校正会社が教える 英語論文のミス100
  6. ハートウィグ有機遷移金属化学
  7. Lead Optimization for Medicinal …
  8. すごい分子 世界は六角形でできている

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. リッチー・サーポン Richmond Sarpong
  2. アルカロイドの科学 生物活性を生みだす物質の探索から創薬の実際まで
  3. 低分子化合物の新しい合成法 コンビナトリアル生合成 生合成遺伝子の利用法 Total Synthesis vs Total Biosynthesis
  4. NIMSの「新しいウェブサイト」が熱い!
  5. 書物から学ぶ有機化学4
  6. ヨアヒム・フランク Joachim Frank
  7. トランス効果 Trans Effect
  8. リチウムイオン電池正極材料の開発動向
  9. 青色発光ダイオードの赤﨑勇氏らに京都賞
  10. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学系必見!お土産・グッズ・アイテム特集

bergです。今回は化学系や材料系の学生さんや研究者の方々がつい手に取りたくなりそうなグッズなどを筆…

危険物取扱者:記事まとめ

世の中には様々な化学系の資格があり、化学系企業で働いていると資格を取る必要に迫られる機会があります。…

化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門のシリーズも3回目を迎えました。前回は電子回路を大き…

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP