[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

科学カレンダー:学会情報に関するお役立ちサイト

 

さて、9月も後半になりました。 学会発表シーズンが到来しています!

特に化学系の方々は9月にかけてから急激に国内学会主催の発表会や討論会(以下、学会)、講演会数が増えるなーと感じる方が多いと思います。

実はこの理工系の学会や講演会といった類のものは、9月に開催されるものだけでも、なんと100回以上もあるんです。

これだけの数あるとなると、その日程を全て把握するのは大変だったりしますね。

現在、企業研究員として働いている著者も、聴講したい学会の日程重複や開催場所などの都合でスケジュール管理が必要であり、一つずつ学会運営サイトを巡って日程や要旨を確認し時間を浪費するのはなかなかおっくうになったりします。

 

学会・講演会を見逃さないために

今回はそんな悩みを持つ方や、単に”網羅的に学会情報を知りたい”、”近場での講演会に参加したい”、そんな方にもオススメのサイト (株)科学技術社が運営する科学カレンダー を紹介します。

科学カレンダーhttp://www.kagaku.com/calendar.php

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-08-31-18-11-14

こちらのカレンダー、主だった理工系の学会や講演会の日程や開催場所のみだけでなく、

タイトル部分に主催者サイトへのリンクが貼られており、すぐにリンク先に飛んで学会内容を確認することができるので、大変便利です。

これがあれば、聞きたかった講演会があったにも関わらず、逃してしまうなんていう失敗もなくせるはず!

また、自身には畑違いな分野の学会情報も網羅的に目を通せ、かつ簡便にその情報を見ることができるので、研究室で普段参加していない様な学会へのハードルを下げることが出来ます。

異分野学会への参加を通して、新たな発見や出会いがあることも学会参加の醍醐味のひとつですね。

 

もちろん学会出張の日程管理だけでなく、

自分に必要な学会だけでも押さえておいて、それに向けての実験スケジュール管理だとか、空き時間を作ってちょっと近場の講演会の探索なんかにも活用しても良いですね。

みなさんプレゼンの腕次第では、「ちょっと旅行がてら遠くに行きたいし、理由をつけて教授におねだりしてみよう」なんかも可能なはず!

 

ではみなさん学会を楽しんで!!

 

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.

tomy

構造と物性に興味のある有機材料屋さん。企業の研究員です。よろしくお願いします。

関連記事

  1. 自動車排ガス浄化触媒って何?
  2. 化学は地球を救う!
  3. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!PartII…
  4. 2007年ノーベル化学賞『固体表面上の化学反応の研究』
  5. 2014年ノーベル化学賞・物理学賞解説講演会
  6. 触媒がいざなう加速世界へのバックドア
  7. ケミカル数独
  8. アルデヒドからアルキンをつくる新手法

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. PACIFICHEM2010に参加してきました!①
  2. 武田薬、米国販売不振で11年ぶり減益 3月期連結決算
  3. 三菱ケミカル「レイヨン」買収へ
  4. 分析技術ーChemical Times特集より
  5. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際【終了】
  6. 大学院生のつぶやき:第5回HOPEミーティングに参加してきました
  7. イナミドを縮合剤とする新規アミド形成法
  8. 「イオンで農薬中和」は不当表示・公取委、米販2社に警告
  9. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields Reaction
  10. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり④:「ブギーボード」の巻

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電気化学的HFIPエーテル形成を経る脱水素クロスカップリング反応

第151回のスポットライトリサーチは、東京農工大学農学府・千葉一裕研究室の今田泰史 (いまだ やすし…

「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より

「ケムステ海外研究記」の第25回目は、マサチューセッツ工科大学 (MIT)博士課程で研究をされている…

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP