[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ピクテ・ガムス イソキノリン合成 Pictet-Gams Isoquinoline Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

Bischler-Napieralskiイソキノリン合成の変法。β-ヒドロキシ-β-フェネチルアミンを用いる。

 

基本文献

  • Pictet, A.; Gams, A. Ber. 1910, 43, 2384.
  • Waley, M. W.; Gorindachari, T. R. Org. React. 19516, 74.

 

反応機構

pictet_gams_isoq_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. 根岸カルボメタル化 Negishi Carbometalatio…
  2. カルボニル基の保護 Protection of Carbonyl…
  3. 藤原・守谷反応 Fujiwara-Moritani Reacti…
  4. 熊田・玉尾・コリューカップリング Kumada-Tamao-Co…
  5. 野依不斉水素化反応 Noyori Asymmetric Hydr…
  6. マクコーマック反応 McCormack Reaction
  7. ハウザー・クラウス環形成反応 Hauser-Kraus Annu…
  8. ダンハイザー環形成反応 Danheiser Annulation…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 亜酸化窒素 Nitrous oxide
  2. 危険ドラッグ:創薬化学の視点から
  3. ブレデレック試薬 Bredereck’s Reagent
  4. ビギネリ反応 Biginelli Reaction
  5. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2019年版】
  6. 嘘か真かヒトも重水素化合物をかぎわける
  7. 人と人との「結合」を「活性化」する
  8. 抗がん剤などの原料の新製造法
  9. モリブデン触媒
  10. 第67回―「特異な構造・結合を示すランタニド/アクチニド錯体の合成」Polly Arnold教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

岩田忠久 Tadahisa Iwata

岩田忠久(いわた ただひさ IWATA Tadahisa、1966年-)は、日本の化学者である。専門…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

厚労省が実施した抗体検査の性能評価に相次ぐ指摘

厚生労働省は、2020年5月15日、日本医療研究開発機構(AMED)の研究班が日本赤十字社の協力を得…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP