[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ピクテ・ガムス イソキノリン合成 Pictet-Gams Isoquinoline Synthesis

 

概要

Bischler-Napieralskiイソキノリン合成の変法。β-ヒドロキシ-β-フェネチルアミンを用いる。

 

基本文献

  • Pictet, A.; Gams, A. Ber. 1910, 43, 2384.
  • Waley, M. W.; Gorindachari, T. R. Org. React. 19516, 74.

 

反応機構

pictet_gams_isoq_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. バルビエ・ウィーランド分解 Barbier-Wieland De…
  2. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields R…
  3. オーヴァーマン転位 Overman Rearrangement
  4. グレーサー反応 Glaser Reaction
  5. ハウザー・クラウス環形成反応 Hauser-Kraus Annu…
  6. アラン・ロビンソン フラボン合成 Allan-Robinson …
  7. フィッツナー・モファット酸化 Pfitzner-Moffatt …
  8. 高知・フュルストナー クロスカップリング Kochi-Furst…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 細胞の中を旅する小分子|第一回
  2. 【PR】Twitter、はじめました
  3. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman
  4. ウィッティヒ転位 Wittig Rearrangement
  5. エポキシ樹脂の硬化特性と硬化剤の使い方【終了】
  6. テッベ試薬 Tebbe Reagent
  7. ユニークな名前を持つ配位子
  8. 単分子レベルでの金属―分子接合界面構造の解明
  9. 筑波山
  10. 富山化学 新規メカニズムの抗インフルエンザ薬を承認申請

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP