[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ピクテ・ガムス イソキノリン合成 Pictet-Gams Isoquinoline Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

Bischler-Napieralskiイソキノリン合成の変法。β-ヒドロキシ-β-フェネチルアミンを用いる。

 

基本文献

  • Pictet, A.; Gams, A. Ber. 1910, 43, 2384.
  • Waley, M. W.; Gorindachari, T. R. Org. React. 19516, 74.

 

反応機構

pictet_gams_isoq_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. ピニック(クラウス)酸化 Pinnick(Kraus) Oxid…
  2. ウィッティヒ反応 Wittig Reaction
  3. ボーチ還元的アミノ化反応 Borch Reductive Ami…
  4. バートン脱カルボキシル化 Barton Decarboxylat…
  5. ブラム・イッター アジリジン合成 Blum-Ittah Azir…
  6. 金属水素化物による還元 Reduction with Metal…
  7. グレーサー反応 Glaser Reaction
  8. ウルフ・デッツ反応 Wulff-Dotz Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 和光純薬を富士フイルムが買収へ
  2. 「遷移金属を用いてタンパク質を選択的に修飾する」ライス大学・Ball研より
  3. フロイド・ロムスバーグ Floyd E. Romesberg
  4. ステファン・ヘル Stefan W. Hell
  5. マタタビの有効成分のはなし
  6. 高分子と高分子の反応も冷やして加速する
  7. ミック因子 (Myc factor)
  8. ボロールで水素を活性化
  9. ホフマン・レフラー・フレイターク反応 Hofmann-Loffler-Freytag Reaction
  10. 2016年9月の注目化学書籍

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その6

Tshozoです。安価で活性の高い触媒を見出した前回のつづき、早速いきます。(2)産業界との連携…

第80回―「グリーンな変換を実現する有機金属触媒」David Milstein教授

第80回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・ミルスタイン教授です。ワイツマン化学研究所の有機化学…

自己修復性高分子研究を異種架橋高分子の革新的接着に展開

第257回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 大学院物質理工学院・鶴岡あゆ子さんにお願いしまし…

コロナウイルス関連記事 まとめ

新型コロナウイルスの影響で、キャンパスが閉鎖となる大学も増えてきていますね。私の周りでは、コロナウイ…

機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

第256回のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)・錯体化学触媒ユニット 狩俣…

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP