[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

中西香爾 Koji Nakanishi

 

中西香爾(なかにし こうじ、1925年5月11日-)は、日本の天然物化学者、有機化学者である。

経歴

1947 名古屋大学 学士号取得
1954 名古屋大学 博士号取得 (平田義正教授)
1955 名古屋大学 助手
1958 東京教育大学 教授
1963 東北大学 教授
1969 コロンビア大学 教授

 

受賞歴

1968 朝日文化賞
1979 日本化学会賞
1979 センテナリーメダル(英・王立化学会)
1990 日本学士院賞
1990 アーサー・C・コープ賞
1994 全米科学アカデミー化学賞
1996 ロバート・ウェルチ賞
1999 文化功労者
2002 ファイサル賞
2005 テトラヘドロン賞
2005 名古屋メダル
2007 文化勲章

 

研究

200以上の生物活性を有する天然物の単離・構造決定を行っています。イチョウ葉に含まれる成分であるギンゴライド(gingkolide)[1]や、メキシコ湾で多発する赤潮の原因毒ブレベトキシン(brevetoxin)に関する構造決定研究が代表的な業績です。

ginkgolide.gif  ブレベトキシン

手法はきわめて斬新で、ギンゴライドの構造決定の際に、世界で初めて核オーバーハウザー効果(nuclear Overhauser effect:NOE)を利用し、立体情報を得ています。また自身で励起子カイラリティ法(exciton coupled circular dichroic method)という、CDスペクトルを利用した絶対配置決定法を開発し、構造決定に多くの知見を与えました。これらはいずれも1960年代に行われた研究であり、当時60MHzのNMRしかなかった時代では考えもつかないほど先駆的なものでした。

その後も構造決定にとどまらず、生物有機化学の観点から幅広い研究をしています。

 

コメント&その他

  1. 論文執筆数は800以上。
  2. マジックを趣味・特技としています。ある講演会では余興として、中西教授自らによるマジックショーが催されたこともあるそうです。

 

 関連文献

[1] (a)  Stromgaard, K.; Nakanishi, K. Angew. Chem. Int. Ed. 2004, 43, 1640. DOI: 10.1002/anie.200300601 (b) 有機合成化学協会誌 2000, 58, 462.

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ヘルベルト・ワルトマン Herbert Waldmann
  2. マット・シグマン Matthew S. Sigman
  3. デヴィッド・レイ David A. Leigh
  4. 城戸 淳二 Junji Kido
  5. ガボール・ソモライ Gabor A. Somorjai
  6. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda
  7. 藤田 誠 Makoto Fujita
  8. リチャード・シュロック Richard R.Schrock

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. マット・ショアーズ Matthew P. Shores
  2. 地球外生命体を化学する
  3. アザ-ウィティッヒ反応 Aza-Wittig Reaction
  4. リガンド結合部位近傍のリジン側鎖をアジド基に置換する
  5. アスパラプチン Asparaptine
  6. 新薬と併用、高い効果
  7. 高速液体クロマトグラフィ / high performance liquid chromatography, HPLC
  8. リアル「ブレイキング・バッド」!薬物製造元教授を逮捕 中国
  9. Newton別冊「注目のスーパーマテリアル」が熱い!
  10. 韮崎大村美術館

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP