[スポンサーリンク]

AngewProfile

Christoph A. Schalley

[スポンサーリンク]

DOI: 10.1002/anie.200901067
私の好きな教科は数学でした、殆ど忘れてしまったけれどね。
18才の時は19才になりたかった。
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第26回「分子集合体の極限に迫る」矢貝史樹准教授
  2. 第10回 太陽光エネルギーの効率的変換に挑むー若宮淳志准教授
  3. 第32回 液晶材料の新たな側面を開拓する― Duncan Bru…
  4. 第三回 ナノレベルのものづくり研究 – James …
  5. 第19回「心に残る反応・分子を見つけたい」ー京都大学 依光英樹准…
  6. 第11回 有機エレクトロニクス、分子からデバイスまで ̵…
  7. 第24回 化学の楽しさを伝える教育者 – Darre…
  8. 第16回 教科書が変わる心躍る研究を目指すー野崎京子教授

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 梅干し入れると食中毒を起こしにくい?
  2. 日本化学会第86春季年会(2006)
  3. 超微量紫外可視分光光度計に新型登場:NanoDrop One
  4. 対決!フタロシアニンvsポルフィリン
  5. 有機合成化学協会誌2019年8月号:パラジウム-フェナントロリン触媒系・環状カーボネート・素粒子・分子ジャイロコマ・テトラベンゾフルオレン・海洋マクロリド
  6. パーソナライズド・エナジー構想
  7. ニホニウムグッズをAmazonでゲットだぜ!
  8. 分子素子の働き せっけんで確認
  9. Nitrogen Enriched Gasoline・・・って何だ?
  10. 武田、フリードライヒ失調症薬をスイス社と開発

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

長期海外出張のお役立ちアイテム

ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

有機合成化学協会誌2020年1月号:ドルテグラビルナトリウム・次亜塩素酸ナトリウム5水和物・面性不斉含窒素複素環カルベン配位子・光酸発生分子・海産天然物ageladine A

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年1月号がオンライン公開されました。オ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP