[スポンサーリンク]

AngewProfile

Christoph A. Schalley

[スポンサーリンク]

DOI: 10.1002/anie.200901067
私の好きな教科は数学でした、殆ど忘れてしまったけれどね。
18才の時は19才になりたかった。
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Gr…
  2. 第61回―「デンドリマーの化学」Donald Tomalia教授…
  3. 第35回 生物への応用を志向した新しいナノマテリアル合成― Ma…
  4. 第69回―「炭素蒸気に存在する化学種の研究」Harold Kro…
  5. 第27回 「有機化学と光化学で人工光合成に挑戦」今堀 博 教授
  6. 第六回 多孔質材料とナノサイエンス Mike Zaworotko…
  7. 第16回 結晶から結晶への化学変換 – Miguel…
  8. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 1/2

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 鄧 青雲 Ching W. Tang
  2. 化学研究ライフハック: Evernoteで論文PDFを一元管理!
  3. 第93回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  4. ベン・クラヴァット Benjamin F. Cravatt III
  5. 第29回光学活性化合物シンポジウム
  6. ナザロフ環化 Nazarov Cyclization
  7. エーザイ、アルツハイマー治療薬でスウェーデン企業と提携
  8. 分子の聖杯カリックスアレーンが生命へとつながる
  9. 秋田の女子高生が「ヒル避け」特許を取得
  10. Purification of Laboratory Chemicals

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP