[スポンサーリンク]

AngewProfile

Christoph A. Schalley

DOI: 10.1002/anie.200901067
私の好きな教科は数学でした、殆ど忘れてしまったけれどね。
18才の時は19才になりたかった。
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第21回「有機化学で生命現象を理解し、生体反応を制御する」深瀬 …
  2. 第六回 多孔質材料とナノサイエンス Mike Zaworotko…
  3. 第33回「セレンディピティを計画的に創出する」合田圭介 教授
  4. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 1/2
  5. 第11回 有機エレクトロニクス、分子からデバイスまで ̵…
  6. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 …
  7. 第26回 有機化学(どうぐばこ)から飛び出す超分子(アプリケーシ…
  8. 第18回 出版業務が天職 – Catherine G…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 米国の博士研究員の最低賃金変更
  2. ユネスコ女性科学賞:小林教授を表彰
  3. ブレデレック ピリミジン合成 Bredereck Pyrimidine Synthesis
  4. 生体共役反応 Bioconjugation
  5. 科研費の審査員を経験して
  6. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification
  7. 「機能性3Dソフトマテリアルの創出」ーライプニッツ研究所・Möller研より
  8. エッシェンモーザーメチレン化 Eschenmoser Methylenation
  9. ジョアン・スタビー JoAnne Stubbe
  10. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― Rein Ulijn教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

チャン転位(Chan Rearrangement)

概要アシロキシエステルに対して塩基を作用させることで、転位を伴い2–ヒドロキシケトエステルを与え…

卓上NMR

卓上NMR (Benchtop NMR)とは、通常のNMRよりも小型で、専用の部屋を必要としないNM…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP