[スポンサーリンク]

AngewProfile

Christoph A. Schalley

[スポンサーリンク]

DOI: 10.1002/anie.200901067
私の好きな教科は数学でした、殆ど忘れてしまったけれどね。
18才の時は19才になりたかった。
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第128回―「二核錯体を用いる触媒反応の開発」George St…
  2. 第63回―「生物のコミュニケーションを司る天然物化学」矢島 新 …
  3. 第46回「趣味が高じて化学者に」谷野圭持教授
  4. 第127回―「生物学的に取扱困難な金属イオンを研究する」Ann …
  5. 第15回 有機合成化学者からNature誌編集者へ − Andr…
  6. 第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Rei…
  7. 第105回―「低配位有機金属錯体を用いる触媒化学」Andrew …
  8. 第23回「化学結合の自在切断 ・自在構築を夢見て」侯 召民 教授…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 論文投稿・出版に役立つ! 10の記事
  2. 換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!
  3. 홍 순 혁 Soon Hyeok Hong
  4. 有機合成化学協会誌2021年3月号:水素抽出型化学変換・環骨格一挙構築・新規アルコキシメチル基・π拡張非交互炭化水素・フローマイクロリアクター
  5. 製薬特許売買市場、ネットに創設へ…大商とUFJ信託
  6. 三菱ケミの今期経常益‐1.8%に、石化製品市況弱く
  7. 第38回「材料の励起状態制御に挑む」嘉部量太 准教授
  8. Imaging MS イメージングマス
  9. 第140回―「製薬企業のプロセス化学研究を追究する」Ed Grabowski博士
  10. ルイス酸添加で可視光レドックス触媒の機構をスイッチする

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

【マイクロ波化学(株)医薬分野向けウェビナー】 #ペプチド #核酸 #有機合成 #凍結乾燥 第3のエネルギーがプロセスと製品を変える  マイクロ波適用例とスケールアップ

<内容>本イベントは、医薬分野向けに事業・開発課題のソリューションとして、マイクロ波の適用例や効…

バイオマスからブタジエンを生成する新技術を共同開発

日本ゼオンは、理研、横浜ゴムと共同で設置している「バイオモノマー生産研究チーム」の研究により、バイオ…

【ケムステSlackに訊いてみた②】化学者に数学は必要なのか?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

電子のやり取りでアセンの分子構造を巧みに制御

第308回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院(鈴木研究室)・張本 尚さんにお願い…

第147回―「カリックスアレーンを用いる集合体の創製」Tony Coleman教授

第147回の海外化学者インタビューは、アンソニー・W・コールマン(通称トニー)教授です。フランスのリ…

ノーコードでM5Stack室内環境モニターを作ろう

COVID-19の影響で居室や実験室の換気状況を見直された方は多いと思います。化学系の実験室は定期的…

「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律施行令の一部を改正する政令」が閣議決定されました

4月16日、「化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律施行令の一部を改正する政令」が、閣議決定され…

液相における粒子間水素移動によって加速されるアルカンとベンゼンの脱水素カップリング反応

第307回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 物質理工学院 応用化学系(本倉研究室)・高畠 萌…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP