[スポンサーリンク]

AngewProfile

Christoph A. Schalley

DOI: 10.1002/anie.200901067
私の好きな教科は数学でした、殆ど忘れてしまったけれどね。
18才の時は19才になりたかった。
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第二回 伊丹健一郎教授ー合成化学はひとつである
  2. 第16回 結晶から結晶への化学変換 – Miguel…
  3. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 …
  4. 第25回 溶媒の要らない固体中の化学変換 – Len…
  5. 第18回 出版業務が天職 – Catherine G…
  6. 第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – P…
  7. 第22回「ベンゼン環の表と裏を利用した有機合成」植村元一教授
  8. 第29回 適応システムの創製を目指したペプチドナノ化学 ― R…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ALSの新薬「ラジカット」試してます
  2. ラリー・オーヴァーマン Larry E. Overman
  3. 2014年ノーベル賞受賞者は誰に?ートムソン・ロイター引用栄誉賞2014発表ー
  4. 第25回「ペプチドを化学ツールとして細胞を操りたい」 二木史朗 教授
  5. イタリアに医薬品販売会社を設立 エーザイ
  6. 私がケムステスタッフになったワケ(3)
  7. 「男性型脱毛症薬が登場」新薬の承認を審議
  8. 元素紀行
  9. 材料費格安、光触媒型の太陽電池 富大教授が開発、シリコン型から脱却
  10. ヘリウム不足いつまで続く?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

電子ノートか紙のノートか

読者の方々の所属する研究室・会社では実験ノートはどのように保管、データ化されていますでしょうか?…

フランシス・アーノルド Frances H. Arnold

フランシス・ハミルトン・アーノルド(Frances Hamilton Arnold、1956年7月2…

アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体

中国科学院 上海有機化学研究所のChaozhong Liらは、アルキルハライドから系中生成させた炭素…

Baird芳香族性、初のエネルギー論

第126回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(相田卓三教授) 博士後期課程1年の…

N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

N末端はタンパク鎖の中で1箇所しか存在しないため、これを標的とする修飾反応は必然的に高い位置・化学選…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP