[スポンサーリンク]

AngewProfile

Christoph A. Schalley

DOI: 10.1002/anie.200901067
私の好きな教科は数学でした、殆ど忘れてしまったけれどね。
18才の時は19才になりたかった。
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第22回 化学の複雑な世界の源を求めてーLee Cronin教授…
  2. 第15回 有機合成化学者からNature誌編集者へ − Andr…
  3. 第一回 福山透教授ー天然物を自由自在につくる
  4. 第九回 タンパク質に新たな付加価値を-Tom Muir教授
  5. 第36回 生体を模倣する化学― Simon Webb教授
  6. 第16回 結晶から結晶への化学変換 – Miguel…
  7. 第13回 次世代につながる新たな「知」を創造するー相田卓三教授
  8. 第三回 ナノレベルのものづくり研究 – James …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. わずか6工程でストリキニーネを全合成!!
  2. 周期表を超えて~超原子の合成~
  3. 周期表の形はこれでいいのか? –その 1: H と He の位置 編–
  4. シクロクラビン cycloclavine
  5. セントラル硝子、工程ノウハウも発明報奨制度対象に
  6. 捏造は研究室の中だけの問題か?
  7. こんな装置見たことない!化学エンジニアリングの発明品
  8. 密着型フィルムのニューフェイス:「ラボピタ」
  9. 研究費・奨学金の獲得とプロポーザルについて学ぼう!
  10. トムソン:2005年ノーベル賞の有力候補者を発表

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その2

Tshozoです。前回の続き、早速参ります。筆者のフォルダが火を噴く動画集 おそらく現存…

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP