[スポンサーリンク]

AngewProfile

Christoph A. Schalley

DOI: 10.1002/anie.200901067
私の好きな教科は数学でした、殆ど忘れてしまったけれどね。
18才の時は19才になりたかった。
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第32回「生きている動物内で生理活性分子を合成して治療する」田中…
  2. 第12回 金属錯体から始まる化学ー伊藤肇教授
  3. 第四回 分子エレクトロニクスへの展開 – AP de…
  4. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus W…
  5. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 2/2
  6. 第一回 人工分子マシンの合成に挑む-David Leigh教授-…
  7. 第八回 自己集合ペプチドシステム開発 -Shuguang Zha…
  8. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 1/2

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 新日石、地下資源開発に3年で2000億円投資
  2. 半導体・センシング材料に応用可能なリン複素環化合物の誘導体化
  3. コープ転位 Cope Rearrangement
  4. 「非晶質ニッケルナノ粒子」のユニークな触媒特性
  5. フォルスター・デッカー アミン合成 Forster-Decker Amine Synthesis
  6. ハロルド・クロトー Harold Walter Kroto
  7. Dead Ends And Detours: Direct Ways To Successful Total Synthesis
  8. ワートン反応 Wharton Reaction
  9. 日本企業クモ糸の量産技術確立:強さと柔らかさあわせもつ究極の素材
  10. 「夢・化学-21」 夏休み子ども化学実験ショー

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多環性芳香族ポリケチド天然物・りん光性デンドリマー・キャビタンド・金属カルベノイド・水素化ジイソブチルアルミニウム

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年1月号がオンライン公開されました。今…

リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている

スマートフォンや電気自動車の普及によって、エネルギー密度が高く充電効率も良いリチウムイオンバッテリー…

学部4年間の教育を振り返る

皆様、いかがお過ごしでしょうか。学部4年生の筆者は院試験も終わり、卒論作成が本格的に始まるまでの束の…

ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

ダイセルといえば「キラルカラムの雄」として知られており、光学活性化合物を分離するキラルカラム「CHI…

台湾当局、半導体技術の対中漏洩でBASFの技術者6人を逮捕

台湾の内政部(内政省)刑事局は7日、半導体製造に使う特殊な化学品の技術を中国企業に漏洩した営業秘密法…

「低分子医薬品とタンパク質の相互作用の研究」Harvard大学 Woo研より

海外留学記第29回目は、Harvard大学のChiristina Woo研に留学されている天児由佳さ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP